企業ネットワーク最前線

[特集]ロボット×IoTが世界を変える 第1回

IoTの主役はロボットだ!――サービス業を中心に普及期へ突入

文◎唐島明子(編集部) 2016.05.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoTの世界において、ロボットの需要が高まってきた。人間とコミュニケーションをとりながらサービスを提供する“スマート”なロボットが、モノと人を繋ぐIoTデバイスとして、企業の注目を集めている。

 

「ロボットと一緒に生活する」――。フィクションのような世界が現実になり始めている。

「業界によっては、今年末または来年にはロボットが業務をこなすシーンが普通になる」と語るのは、ソフトバンクロボティクス事業推進本部・本部長の吉田健一氏だ。

PwCコンサルティングでディレクターを務める水上晃氏も、「2020年には消費者はロボットと生活し、企業はロボットをビジネスで利用しているだろう」と予測する。

すぐそこに迫った未来をこのように語る両社は、ロボットを「スマートロボット」と呼び、IoT(Internet of Things)とAI(人工知能)との関連で捉えている。

 

ソフトバンクロボティクスの吉田健一氏は、「我々はこれからのITのコアはスマートロボット、IoT、AIの3つだと考えている。スマートロボットはAIのフロントであり、数多あるIoTデバイスのなかで対人コミュニケーションをつかさどる」と説明する

IoTと人間をロボットが仲介スマートロボットは、IoTデバイスの1つとしてインターネットに繋がりながら、人間とIoTを仲介する対人インターフェイスの役割を担う。

「IoTシステムから出てくる情報を人間に伝えるという意味では、スマートロボットはPC、スマートフォン、タブレットと横並びかもしれない。だが、スマートロボットは能動的に人間に働きかけてくるため、これまでの世界観が一変する」と、PwCコンサルティング シニアマネージャーの矢部篤樹氏は説明する。

自らの視覚と聴覚で映像データや音声データを取得するスマートロボットは、他のIoTデバイスが生成するデータを取り込んだりしながら、AIを利用して学習・推論・判断する。そのため、人間がその都度指示を出さなくても自律的に動き出すことができるのだ。

例えば、自宅用のミネラルウォーターをネットで購入したいとき、現在は自分でPCやスマホを開き、通販サイトで欲しい商品を検索し、オンラインの買い物かごに入れてから決済ボタンを押しているだろう。人によっては、時間をかけて様々なサイトの価格を比較して、最安値のお店を選んでいるかもしれない。

しかし、もしスマートロボットがいたらどうだろう。「ミネラルウォーターがなくなっちゃった」と困った様子で呟くだけで、いつものブランドのミネラルウォーターをロボットが通販サイトで自動的に検索し、最安値の商品を見つけ出す。そして、「いつも買っているミネラルウォーターなら、ここが一
番安いです。これを1ケース買いますか?」などと人間に問いかけ、クレジット決済までしてくれる。ロボットが実現する未来の1つだ。

「わざわざPCやスマホを開かなくても、ロボットに『買って』と言うと通販サイトで購入してくれて、その商品が宅配便で自宅に配達されればIoTの価値はより一層高くなる。スマートロボットが人とIoTの真ん中にいると、IoTは完成する」と水上氏は述べる。

IoT化が進み、洗濯機、電子レンジ、エアコン、照明器具などがネットワークに繋がったとしても、そこで得られたデータを何らかの形で人にフィードバックしなければ、IoTのメリットは享受できない。

しかし、家電がそれぞれ個別にアクションを仕掛けてくるようでは騒々しい。また、家電1つひとつに人とコミュニケーションする機能を搭載していては、製品の本質以外の部分にコストがかかってしまう。

そこで登場するのがスマートロボットだ。人とIoTを繋ぐハブの役割をロボットに託せれば、問題は一気に解決する。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

iijglobal1806
moconavi1807
sun1807

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_b
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます