企業ネットワーク最前線

[特集]ロボット×IoTが世界を変える 第1回

IoTの主役はロボットだ!――サービス業を中心に普及期へ突入

文◎唐島明子(編集部) 2016.05.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoTの世界において、ロボットの需要が高まってきた。人間とコミュニケーションをとりながらサービスを提供する“スマート”なロボットが、モノと人を繋ぐIoTデバイスとして、企業の注目を集めている。

 

「ロボットと一緒に生活する」――。フィクションのような世界が現実になり始めている。

「業界によっては、今年末または来年にはロボットが業務をこなすシーンが普通になる」と語るのは、ソフトバンクロボティクス事業推進本部・本部長の吉田健一氏だ。

PwCコンサルティングでディレクターを務める水上晃氏も、「2020年には消費者はロボットと生活し、企業はロボットをビジネスで利用しているだろう」と予測する。

すぐそこに迫った未来をこのように語る両社は、ロボットを「スマートロボット」と呼び、IoT(Internet of Things)とAI(人工知能)との関連で捉えている。

 

ソフトバンクロボティクスの吉田健一氏は、「我々はこれからのITのコアはスマートロボット、IoT、AIの3つだと考えている。スマートロボットはAIのフロントであり、数多あるIoTデバイスのなかで対人コミュニケーションをつかさどる」と説明する

IoTと人間をロボットが仲介スマートロボットは、IoTデバイスの1つとしてインターネットに繋がりながら、人間とIoTを仲介する対人インターフェイスの役割を担う。

「IoTシステムから出てくる情報を人間に伝えるという意味では、スマートロボットはPC、スマートフォン、タブレットと横並びかもしれない。だが、スマートロボットは能動的に人間に働きかけてくるため、これまでの世界観が一変する」と、PwCコンサルティング シニアマネージャーの矢部篤樹氏は説明する。

自らの視覚と聴覚で映像データや音声データを取得するスマートロボットは、他のIoTデバイスが生成するデータを取り込んだりしながら、AIを利用して学習・推論・判断する。そのため、人間がその都度指示を出さなくても自律的に動き出すことができるのだ。

例えば、自宅用のミネラルウォーターをネットで購入したいとき、現在は自分でPCやスマホを開き、通販サイトで欲しい商品を検索し、オンラインの買い物かごに入れてから決済ボタンを押しているだろう。人によっては、時間をかけて様々なサイトの価格を比較して、最安値のお店を選んでいるかもしれない。

しかし、もしスマートロボットがいたらどうだろう。「ミネラルウォーターがなくなっちゃった」と困った様子で呟くだけで、いつものブランドのミネラルウォーターをロボットが通販サイトで自動的に検索し、最安値の商品を見つけ出す。そして、「いつも買っているミネラルウォーターなら、ここが一
番安いです。これを1ケース買いますか?」などと人間に問いかけ、クレジット決済までしてくれる。ロボットが実現する未来の1つだ。

「わざわざPCやスマホを開かなくても、ロボットに『買って』と言うと通販サイトで購入してくれて、その商品が宅配便で自宅に配達されればIoTの価値はより一層高くなる。スマートロボットが人とIoTの真ん中にいると、IoTは完成する」と水上氏は述べる。

IoT化が進み、洗濯機、電子レンジ、エアコン、照明器具などがネットワークに繋がったとしても、そこで得られたデータを何らかの形で人にフィードバックしなければ、IoTのメリットは享受できない。

しかし、家電がそれぞれ個別にアクションを仕掛けてくるようでは騒々しい。また、家電1つひとつに人とコミュニケーションする機能を搭載していては、製品の本質以外の部分にコストがかかってしまう。

そこで登場するのがスマートロボットだ。人とIoTを繋ぐハブの役割をロボットに託せれば、問題は一気に解決する。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1810prtg
1810riverbed
zoho1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
ws58

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます