企業ネットワーク最前線

日本通信がMVNO事業モデルを転換するワケ――「格安SIM」から「法人向け」へシフト

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2015.11.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本通信 代表取締役社長
福田尚久氏

格安スマホ・格安SIMの草分けである日本通信が企業向けモバイルソリューション事業に軸足を移している。SIer/NIer、CATV事業者、PBXメーカーなど広範な企業との協業で新たな需要の創造を目指す。

 

大手MVNOの日本通信が事業モデルの転換を急いでいる。同社は格安スマートフォン・格安SIMで知られるSIM型MVNOの事業モデルを確立した企業だが、MVNO間の競争激化により、この分野での販売拡大や収益確保が難しくなりつつある。そこで事業の軸足を、①モバイルIP電話(FMCフォン)、②無線専用線、③モバイルセキュリティの3つを柱とするMSP(Mobile Service Platform)事業に移し、成長を維持する方針を打ち出した。

2014年度のMSP事業の売上は14.7億円。今期はこれを2倍の31.7億円とし、68.3億円を見込む総売上の約半分をMSP事業で稼ぎ出す計画だ。

SIM事業は主にコンシューマー向けに展開されているが、MSP事業のメインターゲットは企業だ。基本的には直販ではなく、SIer/NIerをはじめとする多様なパートナーと連携してBtoBtoC、BtoBtoB型でビジネスを展開していくという。

 


図表 日本通信のMSP戦略
図表 日本通信のMSP戦略

中小企業向けFMCフォンもでは、日本通信が注力するMSP事業とはどのようなものなのだろうか――。6月に代表取締役社長に就任した福田尚久氏は、そのコンセプトを「通信事業者のビジネスは端末と回線の提供で、それを使って何をするかは、基本的にはお客様任せ。しかし、これでは企業の需要は広がらない。新たなモバイルの使い方を提案することで市場を創り出していこうとしている」と説明する。

それを実現するために、同社の強みである独自技術を活かし新たなモバイルソリューションを開発、これをベースにパートナーとともに多様な企業ニーズに応えうるサービス・システムを提供していくというのだ。

具体的なソリューションの展開を見ていこう。冒頭で挙げた3分野の中で、すでにビジネスとして立ち上がっているのが①のモバイルIP電話(FMCフォン)。企業がオフィスなどで利用している固定電話番号(0AB~J番号)を用いて、スマホで電話の発着信ができるようにするもので、通常の携帯電話に比べ料金も割安になる。

昨年から本格展開されている「エンタープライズ向け」では、企業のPBXを専用回線(IP-VPNなど)で日本通信の設備に接続、ドコモネットワーク上のスマホを日本通信のIP交換機を介してPBXに収容することで、こうした運用を可能にしている。

特筆されるのが、この仕組みをベースにパートナーが独自の作り込みを行い顧客企業に提供するケースが増えてきていることだ。例えば証券業界ではコンプライアンス対策上、顧客との通話をすべて録音している会社が多いが、携帯電話での通話には対応できないことが問題となっている。

福田社長は「FMCフォンの仕組みを活用すれば既存の設備を変更せずに対応が可能。金融業界に特化したSIerが、当社のパートナーとして展開を始めている」と明かす。それぞれの業界に強い企業と協業することで需要を創り出しているのだ。

さらに日本通信では主に比較的大きな企業がターゲットとなる「エンタープライズ向け」に加え、より汎用的な商材として「中小企業向け」FMCフォンの展開も計画している。通信機メーカーとの協業により、同時に10台程度のスマホが通話できる小型IP-PBXを開発し、既存PBXのリプレースに活用しようというのだ。

これに先駆けて、スマホを1台接続できる「アダプター」を開発し「SOHO・家庭向け」として展開するプランも進んでいるという。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

synology1907
cloudian1907
nec1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます