企業ネットワーク最前線

企業向けSDN市場の勝者は誰か?![第2回]――NECのSDN戦略「2019年には5割がSDN化」

文◎坪田弘樹(編集部) 2015.07.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NEC
ソリューションプラットフォーム統括本部
スマートネットワーク事業部長
北風二郎氏

企業ネットワーク向けSDN市場が本格的に立ち上がろうとしている。これまでの勢力図を大きく変える可能性があるSDNは、企業ネットワーク市場に長年君臨するシスコに一矢報いたいネットワークベンダーにとっては好機ともいえるが、具体的にSDNにどう取り組んでいるのか。第2回はNECのSDNへの取り組みを紹介する。

NECは企業向けSDNに最も早く取り組んだベンダーだ。データセンターも含むが、NECのSDNは企業や官公庁・団体ですでに200システム以上が稼働しているという。

同社は昨年8月、企業向けのSDN製品を拡充した。従来、OpenFlowスイッチ/コントローラで構成される「UNIVERGE PFシリーズ」を提供してきたが、これに加え、企業向けルーター/LANスイッチ製品「UNIVERGE IXシリーズ」「同QXシリーズ」にもSDN機能を搭載し、「SDN Ready製品」として販売を始めたのだ。

SDN Ready製品とは、導入当初は従来通りのルーター/スイッチとして使いながら、必要になった段階でSDN機能を有効にし、SDNコントローラを追加導入すれば、機器の入れ替えなくSDN 環境に移行できるというもの。段階的なSDNへの移行を可能にすることで、企業向け市場の開拓を進めようという狙いだ。

「立ち上がりは非常に良い。SDN関連のパイプライン(見込顧客)も、それ以前と比べて3倍程度に増えており、売上ベースでも、昨年度比3倍から4倍になってきた」と、スマートネットワーク事業部長の北風二郎氏は話す。

 

「専門家でなくても」が価値

ユーザーはSDNにどのような価値を見出しているのか。北風氏は「運用の効率化・省力化だ」と話す。より細かく見ると、(1)運用管理の属人化を解消したい、(2)複数のネットワークが乱立している状態を解消して運用をシンプル化したい、(3)仮想ネットワークを素早く用意できるようにして新サービスを迅速に開始したい、といったニーズが多いという。

こうした課題は、従来のネットワーク製品でも解消できるものばかりだ。だが、ベンダー毎に異なる仕様・機能を使いこなせる技術者、管理者は限られる。これが、共通の言語・仕様で制御できる仕組みを提供できることが、OpenFlow/SDNの価値だ。

例えば、(3)の仮想ネットワークも、単に論理分割をするだけならVLANでできる。これを、ネットワーク専門のSEでなくとも柔軟に構成・変更し、かつ信頼性高く運用できるようにするという点が、SDNの訴求ポイントと言えるだろう。

例えば、沖縄県西原町は新庁舎移転を機にPFシリーズで新ネットワークを構築したが、その目的は複数の物理ネットワークが乱立していた状況を解消してシンプルなネットワークを構築すること、そして、用途ごとに仮想ネットワークを作り低負荷に運用することだった。

同町では、ネットワークの専門家ではない情報システム担当者がトレーニングを受け、短期間で仮想ネットワークを運用することが可能になったという。規模的にも中堅中小企業レベルの導入事例であり、さまざまな企業・団体へ展開可能なモデルと言える。

ネットワーク運用の複雑さ、負荷の大きさは、特に中堅中小規模の企業ほど課題となる。「体力のある大企業は運用をアウトソースしてしまうので課題に気づかれていないケースも多い。だが、中堅中小企業のお客様は手放せない。そこに非常にフィットする」と北風氏は話す。

SDN対応したIXルーターを使って「WANのSDN化」を検討するケースも増えてきているという。図表のように、データセンターと拠点間の接続を冗長化している場合に、2系統のうち1本をバックアップとして寝かせておくのではなく、2本の回線それぞれに特定のアプリケーションを割り当てて、両方をアクティブに用いるというものだ。アプリの利用状況によって片方の帯域に大きな余裕が生じたら、ダイナミックに設定を変更してもう一方のトラフィックを空いた回線に回して平準化する。

 

図表 SDN対応UNIVERGE IXシリーズの適用イメージ
SDN対応UNIVERGE IXシリーズの適用イメージ



拠点や工場の多い製造業から、このWANのSDN化の要望が特に多いという。従来環境で同じことをやろうとしても、その度に各拠点のルーターに設定変更コマンドを打ち込まなくてはならず、現実的ではなかったが、SDNなら振り分けルールさえ規定しておけばよい。これも、多拠点展開の流通業など、他業種に展開できる可能性が高い。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

zeta1903
sonet1903
rakus1903

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】常識を覆す「新しいワークスタイル」の出現
働き方改革のNEW POWER

◆「ABW」という新しい働き方 ◆IoTで働き方を見守る ◆旅先で働くワーケーション ◆MaaSで働き方改革 ◆NTT東が分身ロボを使う理由

●[インタビュー] HPE Aruba 田中泰光氏「IoT時代へインフラの抜本改革」/●自営5G向け28GHz帯の「割当方針案」/
●ビジネスメール詐欺を防ぐには?/●多数の5G基地局を光ファイバー1本で収容 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺など、メールセキュリティを送受信の双方で強化

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

シーディーネットワークス中国でのWeb配信を8.5倍高速化
国内CDN事業者で唯一現地法人

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

アクセスランキング

tcb
iot26

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます