企業ネットワーク最前線

トヨタの子会社デルフィスに学ぶ「iPad全社員配布」の費用対効果

文◎太田智晴(編集部) 2014.08.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

トヨタ100%出資マーケティング・サービス・カンパニーのデルフィスは、全社員約470名にiPadを配布し、ワークスタイル変革を進めている。なぜデルフィスは全社員にiPadを配ったのか。そして、全社導入から約1年半、一体どのような投資効果が出ているのだろうか。

 

iPadを業務に活用している企業は今や珍しくない。ただ、そのほとんどは、役員や営業員など、一部社員への配布にとどまっているはずだ。

そうしたなか、全社員約470名にiPadを貸与している企業がある。トヨタ100%出資マーケティング・サービス・カンパニーであるデルフィスだ。トヨタ自動車グループの仕事を中心に、マス広告からWeb媒体までのバイイングと制作、データマーケティングからカタログ、イベント、店舗デザインまでをトータルに手がけている。

 

iPadの全社導入を推進

「iPadの全社導入が必要です」――。デルフィス 総務局 情報システム室 室長の植田晃氏が、役員に提案したのは2012年初めのこと。だが、同社のiPad活用の歴史はその約1年前まで遡る。

 

 

デルフィス 総務局 情報システム室 室長 植田晃氏
デルフィス 総務局 情報システム室 室長 植田晃氏



デルフィスがiPadを初めて導入したのは2011年。目的は、「社外でメールの添付ファイルを確認できない」という課題を解決することだった。

同社では以前から会社支給のフィーチャーフォンで、会社のメールを閲覧できるようにしていた。しかし、フィーチャーフォンでは、メールの本文は読めても、添付ファイルまではしっかり確認できない。

「何社もの協力会社をまとめながら、1つのプロジェクトを完成させていくのが我々の仕事です。何かしらの完成品が上がってきたら、『この表現はこう変えてください』などと指示し、また次の完成品を待つ必要があります。しかし、社外では添付ファイルが確認できなかったので、以前は会社にいるしかありませんでした」(植田氏)

このため、「社外では添付ファイルが見られないから、深夜まで会社でメールを待つ」「添付ファイルを確認するためだけに帰社する」というのも、以前は当たり前。「社会はネットワーク化しているのに、我々はオフィスの中でしか仕事ができない。『今のままではもう立ち行かない』とみんなが感じていました」と植田氏は話す。

そこで、白羽の矢を立てたのがiPadだった。社外で業務を行う時間が長い社員や、モバイル表現等を担当する社員を中心に、約170台のiPadを導入し、いつでもどこでも添付ファイルも確認できるようにしたり、モバイルでの広告表現がどのように見えるかを実機で確認できるようにした。

iPadを使用した社員の意見などを集約し、業務の効率化・業務への負担とならないセキュリティのかけ方等を固めていき、全社導入へと踏み切った。

その結果、どんな変化がデルフィスに起こったか。社内アンケートを行ったところ、「思い切って帰れるようになった」「デスク以外で仕事ができるようになった」「遅い時間に会社に戻る必要がなくなった」「出社前の通勤途中にメール対応ができるようになった」といった声が届いているという。

「我々の仕事は、クライアントや様々な制作をお願いしている協力会社の3者間で、いろいろな情報をやりとりする必要があります。つまり、添付ファイルも含めてメールを見られるかどうかは、我々の“生命線”です。例えばクライアントから来たオーダーをすぐに協力会社に展開できたり。iPadを導入したことで、我々のスピード感は相当上がりました」と総務局 経営企画室の土津田教雄氏はその効果を語る。

 

デルフィス 総務局 経営企画室 Senior Administrative Staff 土津田教雄氏
デルフィス 総務局 経営企画室 Senior Administrative Staff 土津田教雄氏



さらにiPadは、打ち合わせ中、イメージに合致するタレントや風景などを直接その場で共有したり、目指す方向性を具体的なイメージで共有したり、ライバル企業の広告をその場で調べたりといった使い方でも効果を上げているという。

 

スペシャルトピックスPR

rsw2010
progress2010
ciena2011

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G
    これからどうなる?

●5GMF アプリ委員会委員長 岩浪剛太氏「5Gニーズは3年加速した」
●日本の5Gはこう進化する ●5G網でAPIエコノミー
●コンシューマー市場で劇的な展開はあるか ●米欧中韓は2020年内にSA開始
●SA化で火蓋切る企業活用 ●中国5Gは「地方」が熱い など

◆災害対策で進むIoT活用 ◆5G/IoT時代、地図はどうなる
◆ドコモ口座事件後のフィンテック ◆1円玉サイズのLeafonyが道開く ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

原田産業なぜ、5Gの「超低遅延」の実現に
高精度な時刻同期が不可欠なのか?

5Gの真骨頂「超低遅延」に欠かせない高精度グランドマスタクロック!

Juniper Virtual Summit for Japanジュニパーがオンラインイベント
AIOps、5G、クラウドの最新情報!

<12月3日開催>加速するクラウド活用とネットワークの変革

スリーダブリュー多彩なローカル5G関連企業と連携

スリーダブリューは、多様なプレイヤーと連携し、ローカル5Gの課題をワンストップで解決できる。

RADWIN4.9GHz帯無線で建機の遠隔操作!

鉄道での実績に加え、昨今は建機や港湾クレーンの遠隔操作を実現する無線インフラとしても注目。

日本シエナコミュニケーションズ光/IP融合で5G超低遅延

光伝送のリーダーであるシエナは、光/IP融合に磨きをかけ、5G URLLCとNWスライシングの効率運用に貢献

パイオリンク <帝京大学>ADCによる負荷分散で
オンライン授業の品質を担保

コロナ対策でオンライン授業に全面切替。パイオリンクのADC導入!

Cisco Webex Calling取り残されてきた「固定電話」
新しい働き方の鍵はクラウドPBX

テレワーク中の会社宛電話をどうするか? 解決策を探ってみよう!

マクセル太陽電池はもう時代遅れ!
リチウム電池で8年以上の持ち

マクセルの「IoT電源システム」は、リチウム電池を用いた従来ない電源

アイ・オー・データ機器リチウム電池で安定的に水位計測

アイ・オー・データの「水位監視用電池式IoT通信システム」ならコンパクトサイズで設置も簡単!

NECネッツエスアイ自然災害の被害をIoTで最小化

LPWAを活用した災害対策サービスを提供するNECネッツエスアイ。最適な通信規格がマルチに選べる!

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカス5G時代の高速アプリ開発!

モバイルアプリなどの開発をさらに高速化するためには、「Enterprise DevOps」への進化が欠かせない。

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

セキュアなファイル転送を簡単かつ迅速に実行するには?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

ホワイトペーパー
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます