企業ネットワーク最前線

変わる!公衆無線LANビジネス(前編)――スマートフォンは「神風」

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2012.01.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

スマートフォンの普及と新規格Hotspot2.0の登場を契機に、公衆無線LANサービスが変わり始めた。数十万規模に広がることが期待されるAP群は新たなビジネス展開の舞台にもなりそうだ。

人の集まる駅や空港、カフェなどで、ノートPCなどのWi-Fi対応機器にインターネットアクセスを提供する公衆無線LANサービス――。ニッチなビジネスとみられていたこのマーケットが活気づいている。牽引するのは、昨年来急速に利用者を増やし、2011年度は1500万台を超える販売が見込まれるスマートフォンだ。

従来の携帯電話の10~20倍のデータをやりとりするスマートフォンの本格普及に伴って、爆発的なトラフィック増加への対応は携帯キャリアのまさに喫緊の課題となっている。その対策の1つとして各社が力を入れているのが公衆無線LANへの「トラフィックオフロード」である。スマートフォンに搭載されている無線LAN機能に目を付け、トラフィックが集中する地域でアクセスポイント(AP)を拡充、より快適な通信が可能な無線LANにユーザーを誘導することで、携帯電話網の混雑を緩和しようというわけだ。

すでにソフトバンクモバイルとKDDIは定額データプランのユーザーを対象にスマートフォンで公衆無線LANが利用できるサービスを無料で提供している(ソフトバンクはキャンペーン扱い)。両社とも年度内に10万カ所のAPが利用できる環境を整える計画を打ち出している。

無線LANへのトラフィックオフロードに慎重な姿勢を見せていたNTTドコモも、2011年4月に携帯電話ユーザーを対象に月額315円で公衆無線LANが利用できるサービスを開始、10月には2012年3月までの「キャンペーン」としてその無料提供に踏み切った。現在6800カ所にとどまっているAPも2012年度上期をめどに3万カ所程度に、将来的には10万カ所程度までに拡充する計画だ。

オフロードが設備環境を底上げ

こうした携帯キャリアによるAPの整備が公衆無線LAN事業者を巻き込む形で進められ、結果として公衆無線LANサービスの設備環境の底上げにつながっている。

NTTグループの無線LAN設備の構築を担っているNTTブロードバンドプラットフォーム(NTT-BP)は、現在全国に1万弱のAPを設置・運用しており、NTT東西、ドコモ、NTTコミュニケーションズがこのうち必要なAPを借り受ける形で公衆無線LANサービスを展開している。

NTT-BPのAPは駅・空港、カフェ、ホテル、ビジネスビルなどを広くカバーしていることから、NTTグループ以外の公衆無線LAN事業者の多くもその一部を利用する形でサービスを行っている。

NTT-BPは前述したドコモのサービス拡充計画に対応するため、2002年の会社設立以来10年をかけて整備してきた現行の1万APを、1年で3万規模まで拡大する計画を進めている。NTT-BP代表取締役社長の小林忠男氏は「スマートフォンのトラフィックオフロードの動きが“神風”となって、事業規模が当初の想定よりかなり拡大することになりそうだ」と話す。増設されるAPは、ドコモ以外の事業者にも利用されるので、公衆無線LANサービス全体の利便性が大きく向上することが期待される。この動きは、NTTグループに限った話ではない。


NTTブロードバンドプラットフォーム 代表取締役社長 小林忠男氏
NTTブロードバンドプラットフォーム 代表取締役社長 小林忠男氏


KDDIグループの公衆無線LAN事業者、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は、2011年4月にKDDIが開始したスマートフォン向け公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」に、Wi2が運用するAPを提供しており、現在もKDDIのニーズに応える形で新たなAP拡充に取り組んでいる。同社CTOの小松直人氏はKDDIへのAPの提供は同社にとって「かなり大きい、安定的な財務基盤になっている」という。


ワイヤ・アンド・ワイヤレス CTO 小松直人氏
ワイヤ・アンド・ワイヤレス CTO 小松直人氏


同時に、Wi2はKDDIが新たに整備したAPの提供も受ける形で、同社の公衆無線LANサービス「Wi2 300」で利用できるAP数を10月末に従来の1万3000以上から3万以上に拡大した。このように、スマートフォンの通信料金がトラフィックオフロードを通じて公衆無線LAN事業者に環流し、インフラの拡充が進むという流れが広がっているのだ。

さらに最近では、電力系の通信事業者やCATVにも公衆無線LANのインフラ整備に乗り出す動きが出てきている。こうした動きが本格化すれば公衆無線LANの利用環境は格段に向上することになるはずだ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1912_has
1912_thales
necpf2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2020
[Part1]3段階で進化する5G [Part2]ローカル5G急発進の可能性 [Part3]Wi-Fi 6の普及はハイペース [Part4]「飛び過ぎない」Li-Fiで通信 [Part5]LPWAは大規模導入期に [Part6]ドローンの携帯電波利用が解禁 [Part7]高まる有線IoTの存在感 [Part8]量子時代は暗号通信も進化

[インタビュー] NTT 取締役 研究企画部門長 川添雄彦氏「インターネットを超えるIOWN」 [ソリューション特集]学校ネットワーク/クラウド閉域接続 [ビジネス最前線]NTTコム、ローカル5G参入の狙い ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2019 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます