ICT×未来

次世代ワイヤレス技術の実用化ロードマップとインパクト[第3回]

通信技術の活用で「ぶつからないクルマ」を実現

文◎坪田弘樹(編集部) 2010.05.18

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

90年代の1万人超をピークに減ってはいるものの、現在もなお大勢の人が交通事故で亡くなっている。しかし間もなく、通信技術の活用により「ぶつからないクルマ」が実現する見込みだ。

安心・安全な「ぶつからないクルマ」を作る――。

ハイブリッド車や電気自動車などとともに、カーエレクトロニクスの分野でホットなテーマの1つとして危険を予知する知能化技術がある。

衝突による被害を防止・軽減するための対策は「衝突安全」と「予防安全」の2つに分けられるが、現在、自動車メーカー各社が特に注力しているのが後者だ。

車両に搭載したカメラやレーダーなどのセンサーを活用し、クルマ自体が周囲の状況を感知して予防対策を講じる「プリクラッシュセーフティ」システムは、すでにトヨタ、日産、ホンダの各メーカーが実用化。センサーとコンピュータが衝突物までの距離等を計測して警告すると同時にブレーキの油圧を高めて止まりやすくするといった仕組みが、事故の予防、被害軽減に効果を上げている。

だが、道路交通の安全性を高めるには、クルマそのものを知能化する自律型システムだけでは十分ではない。交通事故原因の大半を占めるのは、ドライバーの発見・判断・操作の遅れや誤りによるものであり、人間の認知・判断能力を補うさらなる仕組みが必要になる。つまり、「ドライバーから見えない範囲の情報」を無線通信により提供し、注意喚起や警報を行う安全運転支援システムにも、大きな効果が期待されている。

車載機や歩行者が携帯する機器が、道路上に設置されるインフラ設備を介し(路車間通信)、あるいは直接通信し合い(車車間通信・歩車間通信)、位置情報等を交換して出会い頭の衝突、見通しの悪い道路での追突などを防止する――。

そうした「インフラ協調による安全運転支援システム」の実用化は、間近に迫っている。

 

ITS分野で進むプローブ情報の活用
 ITSの分野では、クルマをセンサーに見立て、各車両の位置や速度等のデータをセンターに蓄積した「プローブ情報」の活用も進んでいる。これを元に作成した渋滞情報の配信サービスは、すでに自動車メーカー各社のほか、日立製作所なども提供中。安全運転支援システムと同様、こちらもより多くの情報が蓄積することで有用性が増すだけに、各社のサービスの連携が待たれる

2010年から実配備スタート

総務省・国土交通省・経済産業省などのITS(高度道路交通システム)関連省庁と、自動車関連メーカーとの連携による「路車間通信」「車車間通信」の実用化に向けた取り組みは今年、大詰めを迎えている。

2009年2月、東京都のお台場でITSの公開デモンストレーション「ITS-Safety 2010」が行われた。ITS推進協議会の主催によるこのイベントは、安全運転支援システムの実用化に向け、08年度に官民連携で実施された大規模実証実験の一環として行われたもの。その目的は、これまで複数の省庁で独自に進めてきた取り組みを総合的に検討し、2010年からの実用化を前に各方式の連携も含めて効果的なシステムのあり方について検証することだった。

そこで行われた公道試乗会では、3つの技術による安全運転支援システムが公開された。

路車間通信をベースとするのは、警察庁が進める路車協調システム「DSSS」(Driving Safety Support Systems)と、国土交通省道路局の「スマートウェイ」の2つ。DSSSは光ビーコンを、スマートウェイはETCと同じDSRCを使い、車両に障害物の情報を提供するなどしてドライバーに注意を促す。一方、国土交通省自動車交通局が進める車車間通信システム「ASV」(Advanced Safety Vehicle」は、車両に搭載された車載機同士が通信し合うものだ。

言うまでもなく、安全運転支援システムの推進における最大の課題は、これら複数の方式をいかに連携させるかにある。個々の方式では、カバーできる情報の範囲は自ずと限られる。高速道路や主要一般道など、路側のインフラ設備が充実しているところでは路車協調により情報を取得し、それ以外の場所では車車間通信を使う、といった連携が実現してこそ、システムの効果は増すのだ。

また、これらのサービスを利用するには、対応する機器の搭載が不可欠だ。現時点では、09年4月時点でセットアップ数が2500万台を超えたETC車載機への路車間・車々間通信機能搭載が有力視されているが、いずれにしろ、システムの普及には車載機の交換・導入の促進、路側インフラ設備の敷設が必要になる。車載機の速やかな普及を進めるためには、各システムの強調は欠かせない。

2月の実験では、実際に各システムの連携も実現し、これら3方式の実用化に向けた大きな一歩となった。ITS-Safety 2010は、その名の通り、2010年をターゲットに据えた取り組みの集大成と言えるもの。この検証結果をもとに、いよいよ来年から、安全運転支援システムの配備、実用化がスタートする予定だ。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

古野電気2112
セイコーソリューションズ2112
丸文2112

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク
   未来予想図2022

<Part1>5Gは脱・黎明期? <Part2>5G-Advancedが来る
<Part3>L5G広域利用が前倒しへ <Part4>22年に始まる周波数再編
<Part5>周波数共用が3月に実用化 <Part6>5Gに超セキュア暗号通信

<Part7>IoT PLCで快進撃なるか <Part8>IoTイーサは2022年始動

インタビューアラクサラネットワークス 代表取締役社長兼CEO 保坂岳深氏 【ソリューション特集】「脱VPN」をイチから徹底解説 【ビジネス最前線】HAPSの未来はどうなる ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

O-RANフロントホールのO-RAN移行を
テスト環境構築の面からサポート

従来とは大きく異なるO-RANテスト環境構築のポイントとは?

Juniper Virtual Summit for Japan 2021ネットワークの変革なしにDXは語れない 著名人が語るDXのポイント

東大・デジタル庁、ANA、デンソーらがエンタープライズDXを語る

アイティフォー中小企業こそEDRでの対策が重要
遅れを取らないサイバー攻撃対策法

中小企業が導入しやすいEDRソリューションとは?

ゼットスケーラーゼロトラストの前に必要な「オンプレミス脱却」をゼットスケーラーで!

現実的かつビジネス的なメリットのある移行への道筋を提供する。

Appgate SDPオンプレとクラウドを柔軟に防御
Appgate SDPでゼロトラスト加速

VPNの課題克服し、「ZTNA(ゼロトラストネットワークアクセス)」実現

A10ネットワークス攻撃者の「武器」を理解せよ
A10が語るDDoS対策

第一人者が解説する「今知っておきたいマルウェアとDDoS脅威のトレンド」

アンリツ5G/ローカル5Gの電波干渉回避へ、
高まる時刻同期の重要性

アンリツの計測器「MT1000A」なら大丈夫な4つの理由

Japan Summitジュニパーが「Japan Summit」を
今年もオンライン開催!

テーマは「エンタープライズDX」を支えるネットワーキング

TP-LinkTP-LinkのメッシュWi-Fiルーター「Deco」 ISPも注目する強みとは

TP-LinkのメッシュWi-Fiルーターを採用するISP、オプテージが語る。

原田産業TSN時刻同期にGM200を選ぶ理由

高精度な時刻同期が必要な産業で、大きな支持を集める“高コスパ”なPTPグランドマスタークロックがある!

東陽テクニカ今こそ考える「GNSSに頼らない時刻同期」

5G、金融、産業ロボット…、求められるのがGNSSに頼らない時刻同期だ。

古野電気5Gモバイル通信を支える
“ナノ秒”時刻同期の世界

船舶で培ったGNSS技術を応用!
古野電気の高性能・高信頼受信機

ハイテクインター建設DXに屋外無線LANは必須
高信頼&高コスパWi-Fiを作業現場に

建設現場ならではの難条件も、簡単かつ安価にWi-Fiが導入可能!

セイコーソリューションズPTPもNTPも、通信も放送業界も
時刻同期ニーズに全方位対応

時刻同期ネットワーク構築の際に押さえるべきポイントを解説する。

丸文時刻同期の不安は“よろず相談所”へ

投資対効果に優れた安定的な時刻同期の実現に必要な製品提供から試験・測定まで、丸文がトータル支援

DPU注目の新デバイス「DPU」でデータセンターセキュリティはどう変わる?

NVIDIAなどが提唱するDPU。活用範囲の広さこそが最大の注目点だ。

沖縄ケーブルネットワーク「なんくるないさ、みんなも始めよう」沖縄ケーブルネットワークの挑戦

サードパーティ製光トランシーバーを採用してNWコストを劇的に下げる

DAACATV事業者は“意思決定”を
もう先送りしない

CATVネットワークのトラフィック対策の切り札「DAA」の課題が解消!

A10ネットワークスA10ネットワークスの現在と未来

米本社CEOや日本法人社長らがイベント「A10 CONNECT」で、ビジョンや今後の注力分野などを語った。

Communications Cloud大変革時代の通信事業者クラウド

新たな通信事業者向けシステムを、Salesforceの「Communications Cloud」で実現しよう。

BBB Spectrum100Gbps DCIのコストを半分に!
「光ファイバー波長貸し」という革命

圧倒的な低コストを実現したDCIサービス「BBB Spectrum」

Nuclias Cloudハイブリッドワークで課題が顕在化
今こそ企業NW運用をアップデート

コロナで現地設定は困難。そこで注目したいクラウドからのリモート管理

NetMeister Primeハイブリッドワーク時代が到来!
クラウド管理型NWの準備はいいか

遠隔からNW機器を管理したいが、コストはかけられない。そんな課題を解決

Ruijie NetworksRuijie Networksを
ハイパースケーラーが選ぶ理由

アリババやテンセントなど、「やりたいことを安価に実現」で支持拡大!

丸文データセンターネットワークを「モダン化」するには?

幅広いソリューションを揃える丸文に聞いた。

エヌビディアNVIDIAはネットワークから変える
AI/IoT時代のDCインフラとは?

次世代データセンターに向け、エヌビディアがNWアーキテクチャを刷新

日本ソルテック監視カメラ、施設や学校にも好相性 実運用に堪える無料のクラウド管理

クラウド管理型ネットワーク「Nebulaクラウド」が好評だ!

コムスコープ・ジャパン5G基地局の設置効率化に「ケーブリング改革」が不可欠な理由

超小型軽量の配線システムで、工事時間を従来の半分以下へ削減!

サードパーティ製光トランシーバーのはじめ方サードパーティ製光トランシーバーのはじめ方 

ブロードバンドタワー水落氏がサードパーティオプティクスの要点解説

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012
ローカル5G情報局

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。