ICT×未来

電波開国――ワイヤレス大国 ニッポンの転機[第2回]

【700MHz帯、900MHz帯】グローバルバンド化で携帯端末事情が一変

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2011.03.07

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

早期利用か、海外帯域との協調か――。700/900MHz帯の見直し論議は、利用開始を3年遅らせ、「グローバルバンド」に整合させることで決着した。“脱ガラパゴス”により、一体何が変わるのだろうか。

利用開始が2012年に迫った新たな移動通信向け周波数帯域「700/900MHz帯」――その割当プランを見直すかどうか。「再編アクションプラン」をとりまとめた「周波数検討ワーキンググループ」の議論の中心テーマはまさにここにあった。

700/900MHz帯は、(1)アナログテレビ放送の終了で空き地となる700MHz帯の帯域の一部と(2)NTTドコモとKDDIが利用している800MHz帯の再編で空きができる900MHz帯の帯域を、LTEや3G(第3世代携帯電話)で利用しようとするもの。

LTEや3Gでは、端末から基地局方向の「上り」と基地局から端末方向の「下り」の通信に別の周波数を使い同時送受信を可能にするFDD(周波数分割複信)方式が用いられている。総務省は当初、(1)(2)の帯域でこのFDDの「上り」「下り」のペアバンドを組むプランを策定していた(図表1の総務省原案)。その利点は、800MHz帯再編が完了する2012年時点で、すぐに40MHz×2(FDDの上り下りの帯域をこう表記)というまとまった帯域を利用できることだ。日本が開発を主導してきたLTEを世界に先駆けて普及させ、日本のICT産業の競争力強化につなげることが意図されていた。

3年遅れで海外バンド準拠に

約半年の議論を経て周波数検討WGが導いた結論は、総務省原案の全面見直し。具体的には700MHz帯に最大で35MHz×2、900MHz帯に15MHz×2のペアバンドをそれぞれ設定するというものだ。狙いは、日本独自の700/900MHz帯のバンドプランを海外で広く普及している(もしくは今後普及が見込まれる)プランと整合させることにある。

「再編アクションプラン」では、具体的な帯域の配置は明示されていないが、(1)700MHz帯については、アジア太平洋地区の通信事業者や政府機関が参加する国際組織AWF(APT無線通信フォーラム)で策定中の共通バンドプラン、(2)900MHz帯については、欧州、アジア、中東、アフリカなどで使われている3G向けの周波数帯(UMTS900)と整合したプランの導入が想定されている(図表1)。

 

図表1 700/900MHz帯の再編成 (クリックで拡大)
図表1 700/900MHz帯の再編成


これらの新プランは導入に際して隣接する既存システムの移行を伴うため、両帯域の利用開始は当初予定から3年遅れの2015年になる。なお、900MHz帯のうち5MHz×2はパーソナル無線との調整を行い、2012年から先行利用される。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
netscout1908

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます