ホワイトペーパーダウンロード

日本ユニシス株式会社

スマートモバイルBYOD実現の現実解 ~MDMやシンクライアントに頼らない新たなBYOD実現方法とは?

スマートモバイルのBYOD活用と言うと、MDMやシンクライアントなどの手段が思い浮かびます。しかし、これらの手段では実利用上の限界があることが見え始めています。”実利用上の限界”とは一体どういうことか? 他にもっと最適な解決策はあるのだろうか? そんな疑問に答える、BYOD実現の現実解をご紹介します。

スマートモバイル端末をBYODで活用する場合に、会社支給端末での運用とは異なり特に意識して検討しなければならないポイントが3つあります。

ポイント1:セキュリティ対策が万全であること(リモートワイプは万全ではない)
ポイント2:個人の私的利用に制限をかけないこと
ポイント3:端末運用が簡便・シンプルであること(会社は私物端末の管理・運用をしない)

これら3つのポイントを実現しようとした場合、私物端末については「MDMで端末を管理する」という手段はそぐわないということが見えてきています。

また、BYODで利用される端末は、タブレット端末よりもスマートフォンが主流になるはずです。すなわち、BYODで利用する場合は、タブレット端末よりもスマートフォンでの利用を意識したユーザビリティが重要ということになります。

このように、BYODの実現には「セキュリティの確保」「端末運用管理の簡便性」「利便性・ユーザビリティの確保」という相反する要望を叶える手段が求められます。

では、これらの要望を叶えるBYOD実現の現実解とは一体どんな手段でしょうか?

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906
  • カテゴリ
  • 企業ナビ

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます