ニュース

AWSが解説! 日本でも広がるオンライン診療の現状

文◎坪田弘樹(編集部) 2020.05.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

AWSジャパンが2020年5月21日に記者説明会を開催し、同社のヘルステック領域における取り組みを紹介した。新型コロナウイルス対策のため行われた規制緩和により国内でもオンライン診療サービスの普及が期待されるなか、AWSを基盤としたサービス開発・提供のメリットについて事例を交えて説明した。


日本国内において、ヘルスケア分野におけるAWSの活用は多岐にわたっている。

アマゾンウェブサービスジャパン(AWSジャパン)インダストリー事業開発部 シニア事業開発マネージャーの佐近康隆氏によれば、研究機関・医療機関等の情報インフラとして使われているほか、健康医療機器で用いられるヘルスケアデータの連携基盤として、あるいは病院・調剤薬局の情報共有、遠隔医療支援など様々な用途でAWSサービスが利用されているという。


AWSジャパン インダストリー事業開発部 シニア事業開発マネージャーの佐近康隆氏(右)と、
オンライン診療サービスを提供するMICIN CEO 医師の原聖吾氏


たとえば、遠隔医療支援では、アルムが開発・提供し和歌山県などで利用されている医療従事者向けコミュニケーションアプリ「Join」や、京都プロメドの遠隔画像診断システム「京都ProMed」がある。どちらもAWS上で開発されており、連携して新型コロナウイルス感染症対策支援にも用いられている。



京都ProMedとJoinの連携システム図


そして今後利用が広がりそうな分野が、新型コロナ感染拡大を契機に規制が緩和されたオンライン診療だ。今回の記者説明会では、2016年からAWSを利用してオンライン診療サービス「Curon(クロン)」を提供しているMICINのCEOで医師の原聖吾氏が、その導入状況と、AWSを活用することのメリットを解説した。

Curonは診察の予約から問診、受信、処方箋の受け取りまでをスマートフォンで完結できるサービスで、現在3500を超える医療機関に導入されている。サービス開始時からAWSを利用しており、原氏はそのメリットとして次の3つを挙げた。



スマホで診療予約から処方箋受け取りまで完了できる。
導入施設数は、今回の説明会開催時点で3500まで増えているという


1つは、豊富なマネージドサービスを活用できること。「我々のようなスタートアップでも、エンジニアリソースが限られるなかで必要な機能を容易に実現できる」と強調した。

また、新たなサービスを迅速に立ち上げられることも大きなメリットだという。今回、新型コロナ関連の新機能/サービスを開発するにあたっても、Amazon ECS(Dockerコンテナの実行・管理)やRDS(リレーショナルデータベース)等を用いて、素早くサービスを立ち上げることができたという。

3つめは、スケーラビリティだ。「新型コロナにより短期間にユーザーが増えたが、アーキテクチャを変えることなくスケールできた」(原氏)。



新型コロナウイルス感染拡大の影響で、医療機関からの問い合わせや新規登録数が急増している


今年2月、新型コロナに係る診療報酬の臨時的な取り扱いが認められるなど、オンライン診療に関する規制緩和が行われ、今後、対象疾患の拡大なども予想されている。こうした制度変更により、オンライン診療に対するニーズも大きく高まっているという。原氏によれば、新規患者の登録数は、1月の平均と比べて4月は約10倍に増加。医療機関からの問い合わせも約10倍に急増している。

 

スペシャルトピックスPR

nesic2011
www2011
juniper2011

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G
    これからどうなる?

●5GMF アプリ委員会委員長 岩浪剛太氏「5Gニーズは3年加速した」
●日本の5Gはこう進化する ●5G網でAPIエコノミー
●コンシューマー市場で劇的な展開はあるか ●米欧中韓は2020年内にSA開始
●SA化で火蓋切る企業活用 ●中国5Gは「地方」が熱い など

◆災害対策で進むIoT活用 ◆5G/IoT時代、地図はどうなる
◆ドコモ口座事件後のフィンテック ◆1円玉サイズのLeafonyが道開く ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

原田産業なぜ、5Gの「超低遅延」の実現に
高精度な時刻同期が不可欠なのか?

5Gの真骨頂「超低遅延」に欠かせない高精度グランドマスタクロック!

Juniper Virtual Summit for Japanジュニパーがオンラインイベント
AIOps、5G、クラウドの最新情報!

<12月3日開催>加速するクラウド活用とネットワークの変革

スリーダブリュー多彩なローカル5G関連企業と連携

スリーダブリューは、多様なプレイヤーと連携し、ローカル5Gの課題をワンストップで解決できる。

RADWIN4.9GHz帯無線で建機の遠隔操作!

鉄道での実績に加え、昨今は建機や港湾クレーンの遠隔操作を実現する無線インフラとしても注目。

日本シエナコミュニケーションズ光/IP融合で5G超低遅延

光伝送のリーダーであるシエナは、光/IP融合に磨きをかけ、5G URLLCとNWスライシングの効率運用に貢献

パイオリンク <帝京大学>ADCによる負荷分散で
オンライン授業の品質を担保

コロナ対策でオンライン授業に全面切替。パイオリンクのADC導入!

Cisco Webex Calling取り残されてきた「固定電話」
新しい働き方の鍵はクラウドPBX

テレワーク中の会社宛電話をどうするか? 解決策を探ってみよう!

マクセル太陽電池はもう時代遅れ!
リチウム電池で8年以上の持ち

マクセルの「IoT電源システム」は、リチウム電池を用いた従来ない電源

アイ・オー・データ機器リチウム電池で安定的に水位計測

アイ・オー・データの「水位監視用電池式IoT通信システム」ならコンパクトサイズで設置も簡単!

NECネッツエスアイ自然災害の被害をIoTで最小化

LPWAを活用した災害対策サービスを提供するNECネッツエスアイ。最適な通信規格がマルチに選べる!

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカス5G時代の高速アプリ開発!

モバイルアプリなどの開発をさらに高速化するためには、「Enterprise DevOps」への進化が欠かせない。

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

セキュアなファイル転送を簡単かつ迅速に実行するには?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

ホワイトペーパー
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます