キーパーソンが語る

ワイヤレスジャパン 2019/ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2019 基調講演レポート

「エッジクラウドが5Gの収益化を支える」 インテル ガディヤー氏

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2019.06.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

5Gの本格展開に不可欠となるネットワークの進化――。インテルによる基調講演では、その基盤となるNFVと、5Gの収益化の鍵となるエッジコンピューティングの進化が語られた。インテルは5G時代に向け、クラウドネイティブなアプリケーションの開発環境の整備、ネットワークの運用自動化、そしてエッジコンピューティングのアプリケーション開発の簡便化に力を注いでいく。

ネットワーク変革に向けた3つの課題ネットワークの変革を推進する上ではもちろん課題もある。インテルでは、大きく3つの課題があると考えているという。

ネットワーク変革に向けた3つの課題
ネットワーク変革に向けた3つの課題



1つめが、クラウドネイティブなアプリケーションの開発環境の整備だ。クラウドコンピューティングモデルの利点をフル活用して、多くの開発者がアプリケーションを開発できる環境を、通信事業者のネットワークにおいても整備する必要があるという。

その手立ての1つとして、インテルが取り組むのが、ネットワークを構成するデバイスの抽象化である。ハードウェアとの依存関係をなくし、クラウド間でアプリケーションを簡単に移動できるようにする。

これにより、Linuxカーネルをバイパスしてパケット処理を高速化するオープンソースライブラリ「DPDK」とデバイスとの連携を容易にすることを狙っているという。

さらに、「DPDKの機能を取り入れ、Linuxカーネルのパケットの高速処理仕様であるAF_XDPを改善する取り組みも行っている」そうだ。

これが実現すれば、「Linuxカーネルをそのまま使っても、DPDKの70~80%のパフォーマンスが得られるようになる」。

クラウドネイティブな開発環境整備でのインテルの取り組み
クラウドネイティブな開発環境整備でのインテルの取り組み


 
2つめの課題は、ネットワークの自動化である。

すでにインテルは、NFVの運用自動化を可能にするソリューション「NFVクローズドループ・オートメーション」を展開している。

これは、(1)テレメトリを用いてデバイス情報を収集して状況を把握、(2)テレメトリで収集した情報を機械学習して障害発生や需要を予測、(3)その予測に基づいてオーケストレーターが自動的に措置を講じるというものだ。

NFVの運用を自動化するクローズドループ・オートメーション
NFVの運用を自動化するクローズドループ・オートメーション



そして3つめの課題が、エッジにおけるサービス開発環境の整備だ。エッジサービスを本格展開するためには、ネットワークとITの双方にまたがるMEC(Multi-access Edge Computing)の技術を習得せずとも、開発者がAPIを介してアプリケーションを容易に作れる環境が必要になる。

分散環境に実装される膨大な数のエッジアプリケーションを効率的に検索して利用できるようにすることも課題だ。

インテルは、2月に開催された「MWC Barcelona 2019」で、これらの要件を満たすエッジ・サービス・ソフトウェア「OpenNESS」を発表した。

エッジ・サービス・ソフトウェア「OpenNESS」のコンセプト
エッジ・サービス・ソフトウェア「OpenNESS」のコンセプト


最後にガディヤー氏は、インテルが4月に発表した第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー(Code name: Cascade Lake†)を紹介。「5Gのためのパフォーマンス最適化が行われている」と説明した。インテルは、ソフトウェアプラットフォームと汎用プロセッサーを両輪に、ネットワークの変革を推進していく。

第2世代インテルXeonスケーラブル・プロセッサーは5Gで求められる要件をクリアしている
第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは5Gで求められる要件をクリアしている


† 開発コード名
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside ロゴ、Xeon、Intel Agilex、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

スペシャルトピックスPR

extreme1906
nttcom1906sp
saxa1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます