企業ネットワーク最前線

スシローのAWS活用を支えるネットワークとは?――Direct Connect+KDDI WVSでさらなる進化

文◎太田智晴(編集部) 2015.04.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

AWSの先進ユーザーとしても著名な日本最大級の回転すしチェーン、あきんどスシロー。クラウドのパフォーマンスは、ネットワークの品質にも大きく左右されるが、あきんどスシローが選んだのは、AWS Direct ConnectとKDDI WVSの組み合わせだった。

全国392店舗、年商1200億円以上、アルバイトやパートを含めた従業員数は約3万6500名(2014年9月末現在)。この日本最大級の回転すしチェーン「スシロー」を運営するのが、大阪府吹田市に本社を構えるあきんどスシローだ。

「原価率30%が一般的」といわれる外食産業にあって、スシローの原価率は何と約50%。食材に高い原価をかけているからこそ実現できる、100円回転すし業界屈指のネタと店内調理が、スシローの人気の秘密だ。

 

あきんどスシロー
スシローの店内



スシローは最も有名な回転寿司チェーンと言っていいだろうが、実はITの世界でも同社は名高い。パブリッククラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」の先進ユーザーとしてもよく知られているのだ。

それを物語るエピソードの1つが、昨年11月に米ラスベガスで開催されたAWSのイベント「AWS re:Invent 2014」の基調講演。全世界のIT関係者が注目する米アマゾン・ドットコムのCTOによる基調講演は、あきんどスシローの事例紹介からスタートした。同社のAWS活用が、いかに先進的なのかが分かるだろう。

 

すべてのシステムをAWSへ

あきんどスシローが、AWSを利用し始めたのは2012年7月頃のこと。社内に蓄積された40億件のデータを分析するためだった。

あきんどスシローは、すしの鮮度をICタグで管理していることでも有名だ。すし皿1つひとつに付けられたICタグのデータを活用し、レーンに流してから一定時間が経過したすし皿の自動廃棄を実現。常に鮮度の良いすしを顧客に提供しているほか、どのすし皿がいつ売れたかなども把握可能にしている。

また、顧客の人数とテーブルへの着席時間から、1分後と15分後の需要をシステムが予測。この需要予測をもとに、レーンに流すネタや量を決めるなどのシステム化も行っている。

「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」を企業理念として掲げるあきんどスシロー。

同社 情報システム部長の田中覚氏は「IT投資についても、この理念の達成に貢献するかどうかで経営陣は判断しています」と話すが、さらにうまいすしや充実した顧客サービスを提供するために着目したのが、こうしたシステム化により貯まった40億件のデータだった。

 

 

本社ロビーに掲げられているあきんどスシローの企業理念
本社ロビーに掲げられているあきんどスシローの企業理念。この理念は、同社のIT戦略にも貫徹している



従来、各店舗内だけで活用されてきたデータを集約・分析すれば、全社規模でのパターン分析や店舗間のデータ比較によるオペレーション改善に向けた知見など、「40億件のデータが“宝の山”になるのでは」と考えたのだ。

しかし、40億件もの膨大なデータを分析するには、高速処理が可能なインメモリ型のBIツールを動かせる高価なサーバーが必要となる。本当に“宝の山”かどうかも分からないなか、多額の投資はできない。

そこで田中氏が辿り着いた答えが、必要なときに必要な分だけ利用できるAWSだった。40億件のデータを分析することで、価値ある知見は得られるのか――。その検証にかかった費用はわずか10万円だったそうだ。

 

あきんどスシロー 情報システム部長 田中覚氏
あきんどスシロー 情報システム部長 田中覚氏



検証実験の結果、確かな手応えを得たあきんどスシローは、ICタグから得たデータのAWS上での分析を本格的にスタートさせる。さらに同社は、WebサイトやERPなどのシステムも続々とAWSへ移行。「ほぼすべてのシステムがAWS上で稼働しています」と田中氏は説明する。

スペシャルトピックスPR

1810macnica
1810prtg
1810riverbed

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます