企業ネットワーク最前線

日本企業がグローバルM2M市場で躍進するための要件[第1回]

M2Mは日本ICT産業の“最後の砦”

文◎松岡良和(アーサー・D・リトル) 2012.02.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

国内外を問わず、注目されるM2M。日本のICT産業がこの分野でイニシアティブを発揮していくうえで不可欠な要件とは何か? 第1回は、日本企業にとってM2Mが“譲れない戦いの場”である理由を解説する。

グローバルM2M市場における覇権獲得に向けたポイント

こうした背景から、M2Mは日本のICT産業及び産業界全般にとって、非常に重要な意味を持つとともに、今後の量的/質的飛躍に向けて絶好の機会として捉えられる。しかしながら、サービス、ビジネスモデル、技術開発競争がグローバルレベルで展開されることを勘案すると、日本企業として留意すべき懸念点が2つ存在する。

1つは、標準化に対するスタンスだ。これまでの通信/IT関連技術と同様、M2Mの世界においても関連ビジネスの早期立ち上がりや共通的な便益の確立、効率性の高い秩序の推進に向けて、標準化の可能性がITU-Tをはじめとする様々な標準化団体や私的コンソーシアムで議論されている。

日本のICT産業は歴史的に見て、標準化活動に対して概ね積極的であり、確固たる技術の確立に向けて様々な領域で大きな役割を果たしてきた。

しかし、地上波デジタルや3Gに代表されるように、標準化の側面でイニシアティブを発揮する一方、実際のビジネス面においてはその果実を獲得できないパターンが見受けられる。技術とビジネスの効果的なバランスが図れないのは、日本のICT産業の致命的な弱みと言える。

地上波デジタルにおいて日本方式を受け入れた国はわずかであり、テレビの世界シェアも韓国勢に大きく水をあけられてしまった。3Gにおいても、グローバルスタンダードとはかけ離れた日本固有モデルとなってしまい、日本のネットワークベンダーは日本国内でしか陽の目をみることはなかった。

M2Mで同じ轍を踏むことは許されない。過度な技術志向に陥ることなく、ビジネスとしてのM2Mが醸成されるための土台作りを並行して進めていくことが肝要だ。

2点目は、1点目と密接に関連するが、日本発ベストプラクティスの輸出モデルの確立に対する懸念だ。

日本が誇る各産業界の高品質サービスのさらなる飛躍にM2Mが貢献することで、新たな効果・効用が享受可能な各界固有のサービスが創出されることは間違いない。だが、日本国内でしか受容されないサービスでは期待される新市場としての経済規模は限定的となり、コスト競争力の乏しさに起因して中長期的には海外プレーヤーが提供するグローバルスタンダードサービスに飲み込まれる危険性がある。

ここで重要なのは、日本のICT産業だけでなく、実際にM2Mを導入してサービスやオペレーションの高度化を図る日本の産業界そのものが、自身の国際競争力を高める手立てとしてM2Mを有効に活用/機能させるスタンスの確立だ。産業界自身のグローバル化がM2M分野の競争力向上とリンクするスキームを作り上げることが必要と思われる。

M2Mは、もはやICT産業だけのイニシアティブで高度化/成長するシロモノではなくなってきている。各産業界とICT産業との効果的な連携を抜きに、グローバルコンペティションを戦い抜くことは不可能な状況になっているのだ。

次回は海外の先進M2Mプレーヤーの動向を解説する。

著者プロフィール

松岡良和(まつおか・よしかず)

世界で最初に設立された経営コンサルティングファームのアーサー・D・リトル・ジャパンで、 TIME(Telecommunication/Information Technology/Media/Electronics)プラクティスの日本代表を務める。専門領域は、同分野に対する事業戦略立案、新規事業開発、組織・人事制度改革等。国内最大手システムインテグレーター、会計事務所系コンサルティングファーム、欧州最大手IT・戦略ファームを経て、アーサー・ D・リトルに参画

スペシャルトピックスPR

cisco2008
keysight2008
microfocus2008

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G
    これからどうなる?

●5GMF アプリ委員会委員長 岩浪剛太氏「5Gニーズは3年加速した」
●日本の5Gはこう進化する ●5G網でAPIエコノミー
●コンシューマー市場で劇的な展開はあるか ●米欧中韓は2020年内にSA開始
●SA化で火蓋切る企業活用 ●中国5Gは「地方」が熱い など

◆災害対策で進むIoT活用 ◆5G/IoT時代、地図はどうなる
◆ドコモ口座事件後のフィンテック ◆1円玉サイズのLeafonyが道開く ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

日本シエナコミュニケーションズ光/IP融合で5G超低遅延

光伝送のリーダーであるシエナは、光/IP融合に磨きをかけ、5G URLLCとNWスライシングの効率運用に貢献

パイオリンク <帝京大学>ADCによる負荷分散で
オンライン授業の品質を担保

コロナ対策でオンライン授業に全面切替。パイオリンクのADC導入!

Cisco Webex Calling取り残されてきた「固定電話」
新しい働き方の鍵はクラウドPBX

テレワーク中の会社宛電話をどうするか? 解決策を探ってみよう!

マクセル太陽電池はもう時代遅れ!
リチウム電池で8年以上の持ち

マクセルの「IoT電源システム」は、リチウム電池を用いた従来ない電源

アイ・オー・データ機器リチウム電池で安定的に水位計測

アイ・オー・データの「水位監視用電池式IoT通信システム」ならコンパクトサイズで設置も簡単!

NECネッツエスアイ自然災害の被害をIoTで最小化

LPWAを活用した災害対策サービスを提供するNECネッツエスアイ。最適な通信規格がマルチに選べる!

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカスそのDevOps、個別最適になっていませんか?

全体最適を目指すならマイクロフォーカスの「Enterprise DevOps」

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます