米HP、Palmを12億ドルで買収

米ヒューレット・パッカード(HP)は2010年4月28日(米国時間)、スマートフォンメーカーの米Palm社を12億ドルで買収すると発表した。買収は7月末までに完了する予定だという。

PDA「Palm」でかつて一世を風靡したこともあるPalm社だが、BlackBerryやiPhone、Androidといった強力なライバルがひしめくなか、スマートフォンの時代にあっては存在感は薄まる一方だった。そうしたなか起死回生を狙って2009年に市場投入したのが「Palm webOS」と同OS搭載のスマートフォン「Palm Pre」「Pakm Pixi」だったが期待ほどは振るわず、直近の四半期決算(2009年12月~2010年2月期)では2205万ドルの赤字を計上していた。

一方、HPは以前からスマートフォン「iPAQ」シリーズを提供していたものの、シェアは長らく低迷しており、今回の買収によりスマートフォン事業を一気に強化する狙いがある。

なお、HPは最近、ネットワーク機器ベンダー、3COM社の買収手続きを完了したばかり。ルーター、スイッチなどの企業向けネットワーク製品群に続いて、エンタープライズ市場においても重要性が今後ますます高まるスマートフォン製品群の増強にもメドをつけた格好になる。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。