hitoeを活用したドライバー眠気検知システムの実証実験

NTTデータMSEと京都大学、熊本大学、NTTドコモは、ドライバー向け眠気検知システムの実証実験を2016年5月10日から開始したと発表。運送会社による協力のもと、同システムの有効性を検証し、精度向上や商用利用に向けた最適化を図るという。

この眠気検知システムは、着用することで心拍データなどを取得できるhitoeウェアおよび京都大学と熊本大学が新たに開発した眠気検知アルゴリズムを活用したもの。NTTデータMSEは、眠気検知アルゴリズムを実装したスマートフォン向け専用アプリを開発した。

hitoeウェアを着用したドライバーの心拍データは、hitoeウェアで取得した心拍データをスマートフォンに送信できる「hitoeトランスミッター01」経由で、専用アプリをインストールしたスマートフォンに送信する。ドライバーの眠気を検知すると、ドライバーや管理者にアラート通知する。

将来的には、取得した心拍データをクラウド上に蓄積し、過去の心拍データと比較する機能や傾向を把握する機能の追加を目指す。また、車載器などから取得する白線逸脱・車の揺れ情報と心拍変動指標を連携した、統合的なデータを解析するアルゴリズムの開発を進めるという。

各者の役割

実証実験の全体イメージ

眠気検知システム専用アプリの主な機能

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。