ニュース

NTTがドコモを完全子会社化 NTTコム、コムウェアとの連携強化も

文◎原田果林(編集部) 2020.09.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTは2020年9月29日、NTTドコモを完全子会社化すると発表した。これにより、NTTコムやコムウェアなどとグループ各社と連携し、法人営業やサービス創出、コスト競争、研究開発を強化するという。


NTTは2020年9月29日、NTTドコモ(以下、ドコモ)の完全子会社化について記者会見を開催した。

会見の冒頭、NTT 代表取締役社長 澤田純氏は「情報通信市場では固定通信、移動通信の垣根が無くなっている。それとともにグローバルプレイヤーを含め、通信レイヤーを超えた多面的かつ多層的な市場競争が展開されつつある。また新型コロナウイルス感染症拡大を受け、アフターコロナの社会を展望するとリモートワールド、分散型社会が基本となる社会が見えている。さらにグローバリズムが変質し、ニューグローカリズムが台頭する社会になるなど大きな変化が想定される。NTTグループとしてはこうした世界的に大規模な経営環境の変化に対応する必要がある」と情報通信市場の背景を説明。

 

 


NTT 代表取締役社長 澤田純氏(左)、NTTドコモ 代表取締役社長 吉澤和弘氏


そうした環境下でNTTグループが成長、発展していくためには「グループ横断でのリソース・アセットの戦略的活用と意思決定の迅速化が不可欠」とし、今回のドコモ完全子会社化を決定したという。

 

 


NTTの中長期的な成長・発展に向けた方向性これらの実現のためには
グループ横断でのリソース・アセットの戦略的活用と意思決定の迅速化が不可欠」という

 


「完全子会社にすることを決定した目的はドコモの競争力強化と成長。ドコモはNTTコミュニケーションズ(以下、コム)やNTTコムウェア(以下、コムウェア)などのグループ会社の能力を活用し、新たなサービス・ソリューション、6Gを見据えた通信基盤を移動・固定融合型で推進し、上位レイヤービジネスまでを含めた相互ICT企業への進化を目指してほしい。ドコモの成長によってNTTグループ全体の成長を目指す」(澤田氏)

また、「コムとコムウェアについては、NTTドコモグループへ移管することも検討している。しかしどのような形で組織を整理するかはこれから議論するところ。吸収合併するか否かについてはまだ検討していない」とした。

 


ドコモ完全子会社化の目的

 

 


ドコモの完全子会社化による主な取り組み研究開発においては
「6G時代のコアネットワークやIOWN構想、O-RAN、VRANに係る研究開発の推進」を掲げる


NTTグループとの連携で3つの取り組みを強化

NTTドコモ 代表取締役社長 吉澤和弘氏は、今回の変革によってドコモが目指す姿として「より便利で使いやすいサービスをいち早く創出し、お客様の期待に応えること。社会や産業のデジタル化、スマート化の実現を通じて社会課題実現に貢献すること。そして6GやIOWNなど次世代ネットワークの早期実現によって、日本のICT産業の更なる発展、国際競争力の向上に貢献していく。これらが2020年代、2030年代のドコモの果たすべきことだ」と話した。


さらに今回の完全子会社化によって、「ドコモはNTTグループの中核を担い、全てのお客様のフロントとしてトータルサービスを提供する存在となる。コンシューマー、法人を問わず、またモバイルネットワークだけでなくソリューション、アプリケーションまで含めてお客様のニーズにトータルで対応できる会社に自らを変革していく。そのためにサービス創出力、提供力を徹底的に強化するとともに、通信ネットワークの競争力をさらに高める必要がある。NTTグループの中核としてNTTグループ各社、例えばコムやコムウェアが持つアセットやリソースを活用し、ドコモが持つ事業基盤を強化することが最短かつ最も確実な方法だと判断した」という。

NTTグループとの連携強化については、具体的には大きく3つの分野での取り組みを考えている。

1つ目は「通信事業において、ネットワークの高度化、効率化によりコスト競争力を強化する」こと。グループ各社のネットワークの連携強化によりモバイル・固定・Wi-Fiを融合したネットワークやサービスを提供していく。また、各社の通信設備の活用やオペレーション、設備などと協調することでより安定的でコスト競争力のある高いネットワークを実現する。これにより、「多様な顧客のニーズに応えられる新たなコミュニケーションサービスや、低廉で使いやすい料金の提供を実現する」という。

 


通信事業の競争力強化

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

kddi2008
Gigamon2009
netscout2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカスそのDevOps、個別最適になっていませんか?

全体最適を目指すならマイクロフォーカスの「Enterprise DevOps」

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます