企業ネットワーク最前線

ビデオ会議で自治体の遠隔窓口を「相談上手」に

文◎村上麻里子(編集部) 2020.03.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

人手不足や厳しい財政事情を背景に、地方自治体で進む窓口業務の集約化。最近は、遠隔対応を導入する自治体も増えてきた。OKIの「相談上手」は、住民と職員双方の使いやすさにこだわっている。

 
昨今、生産年齢人口の減少や厳しい地方財政を背景に、全国の政令指定都市や中核都市では、区役所や支所・出張所で行っていた窓口業務を本庁や合同庁舎に集約する動きが見られる。

自治体にとっては業務効率化を実現できる反面、地域住民は利便性の低下が避けられない。そこで、業務効率化と住民サービスの維持・向上の両立を目的として、テレビ電話を活用した窓口業務の遠隔化を検討する自治体が増えている。

しかし、テレビ電話による遠隔相談システムは口頭での説明にとどまり、書類の作成などについては現地の職員がサポートしなければならないため、手続きがかえって煩雑になるという指摘もある。

そうした中でOKIが2019年12月に販売を開始した「相談上手」は、口頭での説明に加えて、住民の手元にある書類の確認や記入支援といった窓口業務を離れた場所からでもスムーズに行える、従来にはない遠隔相談システムとなっている。

 

図表 「相談上手」システム構成イメージ
図表 「相談上手」システム構成イメージ


職員に均等に業務を配分押すだけ、置くだけ、話すだけ――。相談上手は、ITリテラシーに関係なく誰でも簡単に使いこなせる点を特徴とする。

住民は、最寄りの区役所や支所に設置されたディスプレイから相談したい窓口を選びタッチするだけで、本庁の担当職員とテレビ電話による通話を始めることができる。職員との会話はヘッドホンなどを装着する必要がなく、ハンズフリーで行える。

Webカメラやディスプレイ、マイク・スピーカーは、オフィス向けのビデオ会議システムと同じものが使われており、実際に窓口で対面しているような感覚で会話をすることができる。

住民が持参した書類は、ドキュメントスキャナーの所定の位置に置くだけで、職員側のディスプレイに表示される。職員は映像を通じて本人確認書類や必要書類の内容を確認したり、住民が書類に記入している様子を見ながら、その場でアドバイスすることが可能だ。

一般的なドキュメントスキャナーは書画カメラを用いているが、相談上手はネットワークカメラを採用している。「書画カメラは撮影した映像をいったん映像信号に変換してから送信するので遅延が発生する。これに対し、ネットワークカメラはリアルタイムに映像を映し出すため、無駄な時間が発生せず、サービス品質も向上する」とOKI 情報通信事業本部 IoTプラットフォーム事業部 オフィスコミュニケーションSE部 SE第四チームの丸田雄介氏は話す。

OKI 情報通信事業本部 IoTプラットフォーム事業部 オフィスコミュニケーションSE部 SE第四チーム 丸田雄介氏
OKI 情報通信事業本部 IoTプラットフォーム事業部
オフィスコミュニケーションSE部 SE第四チーム 丸田雄介氏



職員の負荷をかけないように様々な工夫がされているのも相談上手の特徴だ。

住民からの着信があるとパトランプやブザーで通知され、職員は対応の準備ができ次第、ディスプレイの「応答」をクリックするとテレビ電話が接続される。

常に待機する必要はなく、着信があったときに対応すればよいため、その他の時間は日常業務にあてることができる。

また、PCに入っている資料を住民に見せたり、ドキュメントスキャナーやプリンターを遠隔操作するといった作業は、ディスプレイ右下のアイコンをマウスでクリックするだけで直感的に行える。

職員の操作画面には操作ボタンも分かりやすく表示されるので、PCに不慣れな職員も直感的な操作を行える(画像提供:OKI)
職員の操作画面には操作ボタンも分かりやすく表示されるので、
PCに不慣れな職員も直感的な操作を行える(画像提供:OKI)



窓口業務では、拠点ごとに相談件数にばらつきが生じたり、特定の職員に業務が偏るといった課題がある。この点についても、相談上手はコールセンターで使われているACD(オートマティック・コール・ディストリビューション:着信呼自動分配装置)の採用により、住民からの着信を職員に均等に自動分配する仕組みを実現している。「空き時間の長い職員から優先的に割り当てられることで、職員の業務負荷が平準化される」と丸田氏は説明する。

自治体の窓口業務は個人情報を扱うだけに、セキュリティの確保も重要になる。相談上手は、遠隔相談の終了時に説明資料が自動的に削除され、住民側のPCにもデータが一切残らない。また、住民と職員をつなぐネットワークには閉域網を用いることで、情報漏えいなどのリスクも低減されるという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

cisco2008
keysight2008
microfocus2008

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカスそのDevOps、個別最適になっていませんか?

全体最適を目指すならマイクロフォーカスの「Enterprise DevOps」

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます