ニュース

レッドハットがOpenShift Service Meshを発表、k8sアプリ間通信の運用をシンプル化

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.09.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

レッドハットは2019年9月26日に東京都内で説明会を開催し、8月22日に米Red Hatが提供を開始したKubernetesプラットフォーム「Red Hat OpenShift 4」の新機能である「Open Shift Service Mesh」について説明した。ハイブリッドクラウド全体にわたってKubernetes(k8s)プラットフォーム上のサービス間通信をシンプル化する。


Red Hat OpenShiftとは、Red Hatが提供するエンタープライズ対応のKubernetesコンテナプラットフォームだ。コンテナ化アプリケーションのクラウド開発、ホスティング、スケーリング、デプロイメントを支援するプラットフォームであり、最新版の「Red Hat OpenShift 4」では、ハイブリッドクラウドやマルチクラウド環境におけるデプロイメントを管理するための自動運用機能を実装した。


OpenShift 4の概要


クラウドプラットフォームビジネスユニットで製品担当バイスプレジデントを務めるジョー・フェルナンデス氏は、「異なるインフラを介して、アプリケーションを走らせることができる」とその特徴について説明。「様々なクラウド、データセンターでコンテナ化アプリ、マイクロサービスを展開し運用できるため、お客様はあらゆる場所でクラウドのような体験を経験することができる」ことを、OpenShiftが選ばれる理由の1つに挙げた。

実際、OpenShiftは多くの業界のリーディング企業で活用されている。例えば金融業ではドイツ銀行やシンガポールのDBS、英BARCLAYSが、自動車業界ではダイムラーやボルボ、BMWが採用。そのほか、小売業ではIKEA、Best Buy、物流のDHL等もユーザーとして名を連ねている。



BMWはコネクテッドカー向けサービス「Connected Drive」のサービス基盤としてOpenShift 4を採用している


8月に新たに提供が始まった「Red Hat OpenShift Service Mesh」とは、OpenShift 4上でKubernetesアプリケーションのサービス間通信を制御する「サービスメッシュ」を実現するものだ。



マイクロサービス間通信の制御を効率的に行う「Open Shift Service Mesh」


サービスメッシュとは、マイクロサービス化に伴って生じるサービス間通信の複雑化を解消するために開発されたもので、トラフィック管理やポリシー適用、セキュリティ等を、専用インフラストラクチャ層としてアプリケーションに直接組み込む。これにより、マイクロサービス間で行われる通信の監視や最適化を効率的に行うことができる。

このサービスメッシュを実現するテクノロジーとしては、IBM、Googole、Lyftが開発したオープンソースのIstioがあるが、OpenShift Service MeshではそのIstioの機能をさらに拡張することで、サービス間通信の制御をシンプル化、容易化している。具体的には、Istioによって行うサービスメッシュの作成・管理に加えて、可視化やトレーシング(サービス間のリクエストの追跡)、計測、トポロジー表示等の機能を追加。フェルナンデス氏は、「これにより、Istioをコアとしながら効果的なソリューションとしてサービスメッシュが使えるようになる」と説明した。



レッドハット クラウドプラットフォームビジネスユニット
製品担当バイスプレジデントのジョー・フェルナンデス氏(左)と、製品担当のマリア・ブラッチョ氏


また、今回の説明会では、米Red Hatが9月16日に提供を開始したクラウドIaaSソリューションの最新版「Red Hat OpenStack Platform 15」についても紹介した。

クラウドプラットフォームビジネスユニットで製品担当を務めるマリア・ブラッチョ氏によれば、ネットワーク機能仮想化(NFV)やエッジ・コンピューティング、さらにAIや機械学習、HPC(ハイパフォーマンス・コンピューティング)など様々な用途にOpenStackのユースケースが広がっているという。

こうした要望に応えるため、OpenStack Platform 15では、パフォーマンスやクラウドセキュリティの強化、サポート対象ハードウェアの拡張等を実施したという。

特に、最近需要が高まっているエッジ・コンピューティングにおいては、多様なロケーションと環境においてコンピューティングリソースの展開と運用が行われるが、OpenStack Platform 15では「どのようなエッジの環境でも同じように展開し、運用できる」とそのメリットを強調した。

スペシャルトピックスPR

empirix2009
ctc2008
cisco2008

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます