キーパーソンが語る

Palo Alto Networks Day 2019 基調講演レポート

米パロアルト社長、日本航空のセキュリティ担当者が語った「増大するサイバー脅威への対処法」

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2019.09.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

増大・悪質化するサイバー脅威にどう対処すべきなのか――。パロアルトネットワークスのプライベートイベント「Palo Alto Networks Day 2019」で米本社社長のアミット・シン氏は「個別に提供されているセキュリティプロダクトの統合・連携が不可欠」と強調。日本航空の福島雅哉氏は「ITだけでの対処は困難」と指摘し、セキュリティグランドデザインの重要性を説いた。


グーグルでクラウド事業の立ち上げに携わり、昨年11月にパロアルトの社長に転じたアミット・シン氏は、「なぜ、私がパロアルトネットワークスに入ったのか」という言葉で講演を説き起こした。

シン氏は、その理由の1つに「多くの企業がサーバーセキュリティの脅威にさらされており、真剣に対策を迫られている」ことがあるとした上で、米国で発生した金融機関やメディア企業、自治体へのサイバー攻撃による深刻な被害事例を紹介した。ランサムウェアの攻撃を受けたアメリカのボルチモア市では、市の機能が何週間も麻痺してしまったという。

こうした状況が生じている理由を、シン氏は「デジタルトランスフォーメーションが、サイバーセキュリティの状況を変えているからだ」と説明する。

企業システムのクラウドへの移行、モバイルデバイスの活用進展、さまざまな分野でのIoTの普及――こうした変化により「攻撃領域、すなわち守らなければならない領域が、劇的に大きくなってしまった」というのだ。しかも、この戦いは「攻撃者は1回成功すればいいが、守る側は100%成功しなければならない」、分の悪いものなのだ。

 

ソリューションの統合・自動化で増大する脅威に対抗こうしたサイバー脅威の増大に伴って、セキュリティソリューション業界は3000社以上が競う大きな市場となった。だが、「セキュリティが以前に比べ強化されたわけではない」(シン氏)。

理由の1つとして挙げるのが「ソリューション間の連携がうまく取れていない」点だ。「企業には導入された多くのセキュリティ製品から得られる膨大な情報、システムが個別に発するアラートに、セキュリティ担当者が対応しきれなくなってきている」というのである。さらに、「専門的なトレーニングを受けた技術者が世界的に不足している」ことも、セキュリティの強化が進まない理由だという。

こうした状況の中で、機械学習や自動化、インテリジェンスを駆使した攻撃が、企業に仕掛けられている。脅威に対処するには、「より統合化されたアプローチ、プロダクトが連携できる環境によって、攻撃に今まで以上にスピーディに対応することが求められる」とシン氏は強調した。

米国政府の調査によると、攻撃者が企業などのネットワークに入り込んでから情報を盗み出すまでに18分46秒しかかからないとのことだ。

 


Palo Alto Networks, Inc. 社長 アミット・シン氏

 

3つの戦略で「前日よりもセキュアな世界を実現」

シン氏は、冒頭で述べたパロアルトに入社した最大の理由を、「前の日よりもセキュアな世界を実現したいというビジョンに共鳴した」と語った。

このビジョンを具体化するために、パロアルトは以下の3つの戦略を進めている。

1つは、企業の拠点やデータセンターなどを攻撃から守る「Secure the Enterprise」。主力の「次世代ファイアウォール(NGFW)」やエンドポイントセキュリティの「Trap」などによって実現されるものだ。

2つめが、クラウドのワークロードを適切な形で行えるようにする「Secure the Cloud」。Prismaブランドの製品群がこれを担う。

最後が、アナリティクス・AI・機械学習の活用などによりセキュリティ対策の高度化、自動化を図る「Secure the Future」。Cortex XDRをはじめとするCortexブランドの製品によって実現される。後述のDemisto の製品もその有力なツールになるという。



パロアルトが掲げる3つの戦略


この3つの戦略を推進するために、パロアルトはM&Aによる製品ポートフォリオの拡大に力を入れている。

2018年から19年にかけ、①クラウドセキュリティのソリューションのRedLock、②コンテナセキュリティを手掛けるTwistlock、③サーバーレスセキュリティのPureSec、④セキュリティオーケストレーションのDemisto、⑤IoTセキュリティソリューションを展開するZingboxの、5つのセキュリティ関連企業を買収した。

シン氏は「これらの会社の製品を我々のポートフォリオに統合していく」という。既存の製品群と新たなソリューションを連携・統合することで、あらゆる脅威に対処できる体制を整備しようというのだ。

基調講演の冒頭で挨拶した日本法人社長のアリイ・ヒロシ氏によると、昨年パロアルトは企業買収などに10億ドルを投じたという。



最近、パロアルトが買収した主な企業

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

Gigamon2009
netscout2009
microfocus2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます