企業ネットワーク最前線

ネットワン「サブスク拡大」の理由――オンプレとクラウドの中間で新ビジネスモデル

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.07.02

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

定額型のサブスクリプションサービスが様々な領域に広がっている。企業のICTインフラも例外ではない。ネットワンが、期間支払型でICT基盤を利用できる“サブスク”型の新モデルで実績を積み上げている。

 
NIer大手のネットワンシステムズが2年前に始めたサブスクリプション型ビジネスが好調だ。

同社は2017年に、サーバーやネットワーク機器、ソフトウェア等で構成されるICT基盤をサービスとして提供する「NetOne“all in”Platform」(以下「all in」)を開始した。ユーザーは構成機器・ソフトを購入する必要がなく、初期投資不要、月次・年次等の期間支払い型で利用できる。現在、この売上高は、全売上の1割近くまで増えているという。

従来の売り切り型ビジネスからの転換を進めるため、3年前に新設されたキャピタルサービス部の部長を務める石橋和明氏は、「お客様に広く受け入れていただき、初年度から倍々で伸び続けている」と話す。

all inは、顧客企業が必要とする「機能」をサービスとして提供するのがコンセプトだ(図表1)。機器/ソフトはネットワンが保有するかたちで、ユーザーが求める機能を実現するためのICT基盤を構築。ユーザーは、保守運用サービスも合わせて利用できる。

対象範囲は「ネットワンが行うビジネスすべて」(石橋氏)。サーバーシステムからネットワーク/セキュリティまで、企業ICT全般にわたって“サブスク化”が可能だ。

 

図表1 NetOne“all in” Platformの提供イメージ
図表1 NetOne“all in” Platformの提供イメージ


クラウドの不満・不便を解消「所有」より「利用」のニーズは年々増しており、Office 365やAWS等のクラウドサービスがその受け皿として普及してきた。一方、オンプレミスシステムの構築を担ってきたSIer/NIerの多くは、依然として旧来のビジネスモデルから抜け出せていない。

ネットワーク機器メーカーも最近では、クラウドWi-FiやSD-WANサービスのように月額課金型で利用できるサービスを手がけてはいるものの、導入時には機器の購入が必要なものが多く、ユーザーの要望を満たしきれていないのが現状だ。

そうしたなか、all inが支持を得た理由は、オンプレミスとクラウドの中間を狙った点にあると石橋氏は語る。

all inのユーザーは機器/ソフトの構成から保守・運用サービスの組み合わせ、支払形態(月次・年次・不均等支払い等)、契約期間まで自由に設計できる。予め決められたメニューから機能や支払方法等を選択しなければならない一般的なクラウドとは異なり、「テーラーメイドで作る」(石橋氏)かたちだ。ユーザーは、クラウドを利用する場合の不満や不便が解消される。キャピタルサービス部 営業統括チーム シニアマネージャーの田崎博之氏は、「オンプレミスと同じイメージでシステムを構築しつつ、クラウドのように支払える」とメリットを語る。

なお、定型的なメニューも用意しているが、顧客の大半が大手企業なため、フルカスタマイズ可能という点が大きな強みになっているという。

 

図表2 オンプレミス/クラウドとNetOne“all in” Platformの比較
図表2 オンプレミス/クラウドとNetOne“all in” Platformの比較

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます