ニュース

ワイヤレスジャパン2019/ワイヤレスIoT EXPO 2019

IoT向けWi-Fi規格802.11ah、日本初の実証実験を実施

文◎原田果林(編集部) 2019.05.31

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

802.11ahは920MHz帯の周波数を利用した通信手段の1つ。IoT向けのWi-Fi規格として今注目が集まっている。802.11ah推進協議会のブースでは、日本初となる802.11ahの通信デモンストレーションを実施している。


802.11ahは920MHz帯の周波数を利用した通信手段の1つ。IoT向けのWi-Fi規格として今注目が集まっている。特徴は伝送距離が長く、データ容量が大きい点。他のLPWAと違い、文字情報だけでなく画像や動画も送ることができる。また、従来のWi-Fi同様に導入が簡単にでき、一度設置してしまえばそれ以上料金がかからない点も魅力だ。

ワイヤレスジャパンの802.11ah推進協議会のブースではこの802.11ahの日本初となる通信デモンストレーションを実施している。

 


802.11ahの実証実験
手前のカメラで撮影した動くイノシシの人形の映像を送信する

 


送信された映像

 

 
802.11ahは木更津市の実証実験に利用される予定で、罠にかかった動物の画像を802.11ahを利用して送信する。従来は現場に罠を見に行き、捕まった動物を確認してから自宅に戻り、必要な道具を取って再度現場に戻るなど無駄な往復が発生していたが、802.11ahで送られた画像により捕らえた動物の種類を事前に確認できるようになるという。
 

スペシャルトピックスPR

synology1907
cloudian1907
nec1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます