企業ネットワーク最前線

NTTコムがeSIMによるIoT向け新サービス――現地と変わらない速度・料金を実現

文◎村上麻里子(編集部) 2019.04.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTコムが4月15日に開始したeSIMを活用したIoT向けサービスは、SIMを差し替えずに約196カ国・地域でデータ通信が利用できる。現地の通信事業者との直接接続による低遅延、料金の最適化も特徴だ。

 
NTTコミュニケーションズ(以下、NTTコム)は4月15日から、eSIM(embedded Subscriber Identity Module)を使い、日本を含む196の国・地域で利用できるIoT向け新サービス「IoT Connect Mobile」の提供を開始した。

従来のIoT向けモバイルサービスは、利用する国ごとに適したSIMを契約しなければならず、別の通信事業者のネットワークを利用する際はSIMを抜き差しする必要があった。これに対し、IoT Connect Mobileは、携帯電話のSIMに記録されている通信プロファイルを遠隔からネットワーク経由で書き換えることができ、NTTコムと契約するだけで、SIMを差し替えずに何カ国でもデータ通信を利用することが可能になる(図表1)。

 

図表1 従来のIoT向けモバイルサービスとの違い
図表1 従来のIoT向けモバイルサービスとの違い


同サービスの主な機能として、①SIMステータス管理、②ポリシー制御の2点がある。

1つめのSIMステータス管理は、「In-Active(休止中)」「Active(利用中)」「Suspended(利用中断)」といったSIMの状態をユーザー企業自らがオンデマンドで変更できる機能だ。SIMは最大1年(12カ月)間無料で保管することも可能で、海外への輸送期間中や未稼働状態は費用がかからない。このため、自社の都合の良いタイミングでIoTビジネスを始められるという。

2つめのポリシー制御は、月間通信容量や、月間通信容量を超過した場合のアクション(通信停止やアラート通知など)について、SIM1枚ごとにカスタマイズできる機能だ。

例えば、A国向けにはIoT用の小容量SIM、B国向けには固定回線の代替用としての大容量SIMというように、利用用途に合わせてオリジナルのSIMを作ることができる(図表2)。

「あらかじめSIMをストックしておけば、エンドユーザーのオーダーを受けてから迅速にプロファイルを作成し、SIMを出荷できる。B2B2Xの“ミドルB”のビジネスモデルにもお勧めしたい」とネットワークサービス部 販売推進部門 MVNO担当の青木貴史氏は話す。
NTTコミュニケーションズ ネットワークサービス部 販売推進部門 MVNO担当 青木貴史氏(左)、同 オープンネットワークサービス部門担当課長 大坪寛氏(右)
NTTコミュニケーションズ ネットワークサービス部 販売推進部門 MVNO担当 青木貴史氏(左)、同 オープンネットワークサービス部門担当課長 大坪寛氏(右)


SIMステータス管理やポリシー制御をはじめ、プロファイルのダウンロードや書き換え、SIMの追加、通信データ量参照などは、NTTコムが提供するポータル/APIから一元的に行うことが可能だ。

 

図表2 ポリシー制御機能のイメージ
図表2 ポリシー制御機能のイメージ


チップ型SIMの提供も準備産業用IoTデバイスは高温や低温、多湿など過酷な環境下で、しかも長期間使い続けることが多い。欧州電気通信標準化機構(ETSI)はM2M通信で求められる動作温度、耐湿度、データ保持期間、最小更新回数の要件を定義しているが、IoT Connect Mobileではこれらに準拠した「インダストリアルグレード」のSIMを提供する。さらに厳しい動作環境が要求される車載機器など向けには、温度耐性や振動耐性をより高め、データ保持期間や書き込み耐性を強化した「オートモーティブグレード」のチップ型SIM(MFF2)を提供する体制も整える予定だ。

IoT Connect Mobileを利用することで、複数の国・地域に製品を出荷している製造業などは、出荷先ごとにSIMを調達・管理する必要がなくなり、ポータルからSIMの在庫を一元管理することが可能になる。多国籍にビジネスを展開するだけでなく、SIerが特定の国に閉じた形でモバイルサービスを提供するような場合も、ポータル/APIですぐにサービスを始められ、ポリシー制御機能を活用したり、最適なプロファイルを選択できるといったメリットがある。また、海外出張の多い企業では、そのつどSIMを調達するよりも通信コストが削減されるという。

スペシャルトピックスPR

zeta1903
sonet1903
rakus1903

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904A

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークス「ワイヤレスジャパン」に出展!
Wi-FiとIoTをAIが自動で管理

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

アクセスランキング

tc1904
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます