企業ネットワーク最前線

NTTコムがeSIMによるIoT向け新サービス――現地と変わらない速度・料金を実現

文◎村上麻里子(編集部) 2019.04.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTコムが4月15日に開始したeSIMを活用したIoT向けサービスは、SIMを差し替えずに約196カ国・地域でデータ通信が利用できる。現地の通信事業者との直接接続による低遅延、料金の最適化も特徴だ。

 
NTTコミュニケーションズ(以下、NTTコム)は4月15日から、eSIM(embedded Subscriber Identity Module)を使い、日本を含む196の国・地域で利用できるIoT向け新サービス「IoT Connect Mobile」の提供を開始した。

従来のIoT向けモバイルサービスは、利用する国ごとに適したSIMを契約しなければならず、別の通信事業者のネットワークを利用する際はSIMを抜き差しする必要があった。これに対し、IoT Connect Mobileは、携帯電話のSIMに記録されている通信プロファイルを遠隔からネットワーク経由で書き換えることができ、NTTコムと契約するだけで、SIMを差し替えずに何カ国でもデータ通信を利用することが可能になる(図表1)。

 

図表1 従来のIoT向けモバイルサービスとの違い
図表1 従来のIoT向けモバイルサービスとの違い


同サービスの主な機能として、①SIMステータス管理、②ポリシー制御の2点がある。

1つめのSIMステータス管理は、「In-Active(休止中)」「Active(利用中)」「Suspended(利用中断)」といったSIMの状態をユーザー企業自らがオンデマンドで変更できる機能だ。SIMは最大1年(12カ月)間無料で保管することも可能で、海外への輸送期間中や未稼働状態は費用がかからない。このため、自社の都合の良いタイミングでIoTビジネスを始められるという。

2つめのポリシー制御は、月間通信容量や、月間通信容量を超過した場合のアクション(通信停止やアラート通知など)について、SIM1枚ごとにカスタマイズできる機能だ。

例えば、A国向けにはIoT用の小容量SIM、B国向けには固定回線の代替用としての大容量SIMというように、利用用途に合わせてオリジナルのSIMを作ることができる(図表2)。

「あらかじめSIMをストックしておけば、エンドユーザーのオーダーを受けてから迅速にプロファイルを作成し、SIMを出荷できる。B2B2Xの“ミドルB”のビジネスモデルにもお勧めしたい」とネットワークサービス部 販売推進部門 MVNO担当の青木貴史氏は話す。
NTTコミュニケーションズ ネットワークサービス部 販売推進部門 MVNO担当 青木貴史氏(左)、同 オープンネットワークサービス部門担当課長 大坪寛氏(右)
NTTコミュニケーションズ ネットワークサービス部 販売推進部門 MVNO担当 青木貴史氏(左)、同 オープンネットワークサービス部門担当課長 大坪寛氏(右)


SIMステータス管理やポリシー制御をはじめ、プロファイルのダウンロードや書き換え、SIMの追加、通信データ量参照などは、NTTコムが提供するポータル/APIから一元的に行うことが可能だ。

 

図表2 ポリシー制御機能のイメージ
図表2 ポリシー制御機能のイメージ


チップ型SIMの提供も準備産業用IoTデバイスは高温や低温、多湿など過酷な環境下で、しかも長期間使い続けることが多い。欧州電気通信標準化機構(ETSI)はM2M通信で求められる動作温度、耐湿度、データ保持期間、最小更新回数の要件を定義しているが、IoT Connect Mobileではこれらに準拠した「インダストリアルグレード」のSIMを提供する。さらに厳しい動作環境が要求される車載機器など向けには、温度耐性や振動耐性をより高め、データ保持期間や書き込み耐性を強化した「オートモーティブグレード」のチップ型SIM(MFF2)を提供する体制も整える予定だ。

IoT Connect Mobileを利用することで、複数の国・地域に製品を出荷している製造業などは、出荷先ごとにSIMを調達・管理する必要がなくなり、ポータルからSIMの在庫を一元管理することが可能になる。多国籍にビジネスを展開するだけでなく、SIerが特定の国に閉じた形でモバイルサービスを提供するような場合も、ポータル/APIですぐにサービスを始められ、ポリシー制御機能を活用したり、最適なプロファイルを選択できるといったメリットがある。また、海外出張の多い企業では、そのつどSIMを調達するよりも通信コストが削減されるという。

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます