企業ネットワーク最前線

「プライベートLTE」が日本で利用可能に――地域BWA空白地域を自営用に解放

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2019.03.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

地域BWAバンドを自営無線で利用できるようにする「自営BWA」の検討が始まった。日本初の本格的なプライベートLTEの実現手段となるものだが、運用には一定の制約も伴いそうだ。

 
安定した高速データ通信が可能なLTEを自営無線として活用する「プライベートLTE」が、日本でも本格的に利用できるようになる。

地域BWA(広帯域移動無線アクセス)に割り当てられている2.5GHz帯20MHz幅の帯域を、BWAの主力システムであるLTE(BWAとしての規格名は「AXGP/WiMAX R2.1 AE」)を用いた自営無線でも利用できるようにする検討が進められているのだ。

「自営BWA」と呼ばれるこの新たな無線システムの制度検討を行っているのは、5Gを自営網として利用できるようにする「ローカル5G」について検討する情報通信審議会(情通審)の「ローカル5G検討作業班」。総務省は、自営BWAをローカル5Gと併せて制度化する考えで、2020年には利用可能になる見込みだ。作業班の中には早期制度化を求める声もあり、ローカル5Gが先行導入される28GHz帯100MHz幅と共に、2019年中に利用できるようになる可能性もある。

ローカル5Gと一体運用総務省ではローカル5G検討作業班で自営BWAの検討を行う理由として、5Gで利用される高い周波数帯、とりわけ28GHz帯は電波の到達距離が短く、単独で面的なエリアを構築することが難しいことを挙げる。より電波が飛びやすい2.5GHz帯のBWA(LTE)とローカル5Gを組み合わせることで、実用的な自営5G網が構築できると考えているのだ。

また、もう1つの大きな目的となっているのが、地域BWA用周波数の有効活用だ。

地方のデジタルデバイド解消などを目的に2007年に導入された地域BWAだが、これまでのところ、それほど普及が進んでいない。

2018年11月1日時点で免許を取得している地域BWA事業者は66社・団体。事業エリアとなっている自治体は12月現在で約200で、全国約1700ある市区町村の10%強にとどまる。

事業化に際して提供エリアの自治体と協定を締結する必要があること、参入できるのは市区町村毎に1社に限定されることなど、事業参入のハードルが高いことも、利用が広がらない要因の1つといわれている。総務省にとって、地域BWAの活性化は喫緊の課題なのだ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

extreme1906
nttcom1906sp
saxa1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます