ニュース

IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動

文◎business network.jp編集部 2019.02.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IoT機器を踏み台にしたサイバー攻撃が深刻化する事態に対処するため、総務省とNICT(情報通信研究機構)は、パスワード設定に不備のあるIoT機器を調査し、利用者への注意喚起を行う取り組み「NOTICE(National Operation Towards IoT Clean Environment)」を2月20日から開始する。それに先立ち、2月13日、総務省でキックオフイベントを開催した。

NOTICE


IoT機器を狙ったサイバー攻撃が約5.7倍に佐藤総務副大臣、徳田NICT理事長、高橋KDDI社長の挨拶のあと、本プロジェクトを所管する、総務省の竹内サイバーセキュリティ統括官が、取り組みの方向性を述べた。

竹内氏は、サイバー攻撃の中心が従来のサーバー、パソコンから明らかにIoT機器に移っており、2017年比では全体で2.8倍なのに、IoT機器は約5.7倍になっているとデータを示し、セキュリティ対策の遅れているIoT機器が重大攻撃の踏み台にされているケースが頻発していると述べた。

そして、パスワード設定などに不備のあるIoT機器の調査を行い、利用者への注意喚起を行う取り組みNOTICEを、電気通信事業者の協力で行うとした。インターネットサービスプロバイダー23社が参加し、NISC、警察庁、経済産業省などと連携し、広く進めていく。来年の東京オリンピック・パラリンピックをはじめ国家的な重要イベントを控え、広く国民にも呼びかけていく。

スペシャルトピックスPR

extreme1906
nttcom1906sp
saxa1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます