企業ネットワーク最前線

スマートホーム市場の行方 家の中までデジタル化

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.01.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

音声AIによる家電操作や、スマートロック/カメラによるホームセキュリティ等が注目されるスマートホームが、さらなる進化を始めた。“デジタル化”は我々の生活の基盤である家の中も大きく変える。

 
IoTとAI技術を背景に今後の成長が期待される「スマートホーム」市場。2017年に経営コンサルティングファームのA.T.カーニーが発表した調査レポート「スマートホーム・ビジネス戦略構築の必須条件」によれば、世界のスマートホーム市場規模は2025年に2630億ドル、2030年には4000億ドルを超えると見込まれている(図表)。全家電製品市場の40%以上に達するという予測だ。

スマートホームとは、家電や住宅設備がインターネットに接続し、スマートフォン等から統合的に制御したりすることで快適な暮らしを実現するものだ。図表でも市場をいくつかのカテゴリーに分けているように、多様なアプリケーションで構成される。なかでも、日本市場で成長の軸になりそうなのが「利便性と快適性」「セキュリティ」の2つだ。

 

図表 アプリケーション・カテゴリー別によるスマートホームの市場規模
図表 アプリケーション・カテゴリー別によるスマートホームの市場規模


スマートホーム市場の当面の成長を引っ張る2軸利便性と快適性とは、スマートフォン/タブレット端末やスマートスピーカーから家電・住宅設備を操作したり、温度/人感センサー等と連動して空調を自動制御したりするアプリケーションのことだ。こうした機器・設備制御のオートメーションをベースに、生活をより便利・快適にするサービスが市場の中核を成すと考えられる。

一方、ホームセキュリティの需要も顕在化している。防犯カメラやドア・窓の開閉センサー、スマートフォンから鍵を開閉でき、電子化した鍵の受け渡しも行えるスマートロックのニーズが高まってきている。

イッツ・コミュニケーションズ「インテリジェントホーム」のアプリ画面)。家電の動作、センサーの検知情報が一覧でき、操作やルール設定等が行える
イッツ・コミュニケーションズ「インテリジェントホーム」のアプリ画面。
家電の動作、センサーの検知情報が一覧でき、操作やルール設定等が行える



2015年から国内でいち早くスマートホームサービス「インテリジェントホーム」の提供を始めたCATV事業者のイッツ・コミュニケーションズ(以下、イッツコム)で執行役員 IoT推進プロジェクト担当を務める武田浩治氏は、「ニーズが高いのはセキュリティ。賃貸物件、新規分譲住宅の両方でスマートロックが浸透してきている」と話す。鍵を持ち歩かなくてもスマホさえあれば鍵の開閉を行えるほか、一定時間が過ぎたら施錠するオートロック機能等が安価に使えることから「デベロッパーや集合住宅オーナーが差別化のために欲しがる」状況だ。

イッツ・コミュニケーションズ 執行役員 IoT推進プロジェクト担当の武田浩治氏(左)と、IoT推進プロジェクト スペシャリストの林田丈裕氏
イッツ・コミュニケーションズ 執行役員 IoT推進プロジェクト担当の武田浩治氏(左)と、
IoT推進プロジェクト スペシャリストの林田丈裕氏

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

extreme1906
nttcom1906sp
saxa1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます