企業ネットワーク最前線

NTT東日本が通信ビルを公開!インターネットを支えるトンネルの内部は?

文◎松本一郎(編集部) 2018.11.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTT東日本は2018年11月21日、記者向けに通信ビル設備見学会を開催し、インターネット接続や電話サービスなどを支える設備の一部を公開した。

まず案内されたのは「とう道」だ。聞きなれない言葉だが、一言で表すと通信ケーブルが通るトンネルのことである。各家庭やビルなどから伸びている光ケーブルやメタルケーブルは電柱などを通り、地下に張り巡らされたとう道を通ってNTTの通信ビルに集められる。

通信ケーブルが張り巡らされたトンネル、とう道の様子。正確な定義は「ケーブル収容空間と保守作業空間の確保を目的として構造された大規模地中構造物」
通信ケーブルが張り巡らされたトンネル、とう道の様子。
正確な定義は「ケーブル収容空間と保守作業空間の確保を目的として構造された大規模地中構造物」

 


NTT東日本はこのとう道を、ICTを駆使して24時間体制で厳格に管理している。まず、IDカードと静脈認証による入退場管理をクリアしないと、とう道には入退場できない。

内部には火災、酸欠ガス、可燃性ガスなどのセンサーによるガス対策や、排水用のポンプが設置され、トンネル全体も耐震設計になっている。実際、阪神淡路大震災の時もNTT系列が管理するとう道は崩落しなかったという。

とう道に設置されている各種設備
とう道に設置されている各種設備

 

このとう道に引き込まれたメタルケーブルと光ケーブルはそれぞれMDF(Main Distributing Frame)とFTM(Fiber Termination Module)という配線盤に束ねられる。MDFはISDNなどメタルケーブルを使ったサービスの加入者減少を受けて、縮小工事を行っているという。

ISDN、ADSL、加入電話などサービスを支えているMDF
ISDN、ADSL、加入電話などサービスを支えているMDF


 
MDFで束ねられたメタルケーブルはさらに加入者交換機/中継交換機に集約され、最終的に電話の相手まで1本のケーブルでつながって提供される。

光ケーブルの場合はFTMからOLT(Optical Line Terminal)で各ケーブルを収束。OLTでは電気信号から光信号への変換も行われ、最終的にプロパイダーのバックボーン回線に接続してインターネットへ接続される。

光ケーブル、メタルケーブルを集約する装置
光ケーブル、メタルケーブルを集約する装置

 
最後に、局舎内外に用意された非常用電源設備についても一部公開された。霞ヶ関ビルでは合計3次ものバックアップが用意されている。

電源設備のバックアップは3段階用意されている
電源設備のバックアップは3段階用意されている

 

1次バックアップは据え置き型の蓄電池で行われ、霞ヶ関ビルの場合は最大約3時間ほど電力を供給できる。

ただし、蓄電池はあくまで”つなぎ”だ。実際には1~2分ほどでディーゼルエンジン/ガスタービンエンジンを搭載した計3台の発電機による、2次バックアップ体制に切り替わる。これにより、約72時間の給電が可能になる。

発電機の概要
発電機の概要



さらに、それでも電力が復旧しない場合は3次バックアップの移動電源車も活用する。こちらはトラックの大きさによって給電可能時間が変わるが、その間に軽油を2次バックアップの発電機に補給することで、絶え間ない給電が可能になる。

3次バックアップの移動電源車。東日本大震災では数台が出動したという
3次バックアップの移動電源車。東日本大震災では数台が出動したという

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
netscout1908

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます