企業ネットワーク最前線

NTT東日本が通信ビルを公開!インターネットを支えるトンネルの内部は?

文◎松本一郎(編集部) 2018.11.22

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

NTT東日本は2018年11月21日、記者向けに通信ビル設備見学会を開催し、インターネット接続や電話サービスなどを支える設備の一部を公開した。

まず案内されたのは「とう道」だ。聞きなれない言葉だが、一言で表すと通信ケーブルが通るトンネルのことである。各家庭やビルなどから伸びている光ケーブルやメタルケーブルは電柱などを通り、地下に張り巡らされたとう道を通ってNTTの通信ビルに集められる。

通信ケーブルが張り巡らされたトンネル、とう道の様子。正確な定義は「ケーブル収容空間と保守作業空間の確保を目的として構造された大規模地中構造物」
通信ケーブルが張り巡らされたトンネル、とう道の様子。
正確な定義は「ケーブル収容空間と保守作業空間の確保を目的として構造された大規模地中構造物」

 


NTT東日本はこのとう道を、ICTを駆使して24時間体制で厳格に管理している。まず、IDカードと静脈認証による入退場管理をクリアしないと、とう道には入退場できない。

内部には火災、酸欠ガス、可燃性ガスなどのセンサーによるガス対策や、排水用のポンプが設置され、トンネル全体も耐震設計になっている。実際、阪神淡路大震災の時もNTT系列が管理するとう道は崩落しなかったという。

とう道に設置されている各種設備
とう道に設置されている各種設備

 

このとう道に引き込まれたメタルケーブルと光ケーブルはそれぞれMDF(Main Distributing Frame)とFTM(Fiber Termination Module)という配線盤に束ねられる。MDFはISDNなどメタルケーブルを使ったサービスの加入者減少を受けて、縮小工事を行っているという。

ISDN、ADSL、加入電話などサービスを支えているMDF
ISDN、ADSL、加入電話などサービスを支えているMDF


 
MDFで束ねられたメタルケーブルはさらに加入者交換機/中継交換機に集約され、最終的に電話の相手まで1本のケーブルでつながって提供される。

光ケーブルの場合はFTMからOLT(Optical Line Terminal)で各ケーブルを収束。OLTでは電気信号から光信号への変換も行われ、最終的にプロパイダーのバックボーン回線に接続してインターネットへ接続される。

光ケーブル、メタルケーブルを集約する装置
光ケーブル、メタルケーブルを集約する装置

 
最後に、局舎内外に用意された非常用電源設備についても一部公開された。霞ヶ関ビルでは合計3次ものバックアップが用意されている。

電源設備のバックアップは3段階用意されている
電源設備のバックアップは3段階用意されている

 

1次バックアップは据え置き型の蓄電池で行われ、霞ヶ関ビルの場合は最大約3時間ほど電力を供給できる。

ただし、蓄電池はあくまで”つなぎ”だ。実際には1~2分ほどでディーゼルエンジン/ガスタービンエンジンを搭載した計3台の発電機による、2次バックアップ体制に切り替わる。これにより、約72時間の給電が可能になる。

発電機の概要
発電機の概要



さらに、それでも電力が復旧しない場合は3次バックアップの移動電源車も活用する。こちらはトラックの大きさによって給電可能時間が変わるが、その間に軽油を2次バックアップの発電機に補給することで、絶え間ない給電が可能になる。

3次バックアップの移動電源車。東日本大震災では数台が出動したという
3次バックアップの移動電源車。東日本大震災では数台が出動したという

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。