企業ネットワーク最前線

THK、ドコモ、シスコが製造業向け予兆検知サービス「OMNI edge」

文◎松本一郎(編集部) 2018.10.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

THK、NTTドコモ、シスコシステムズの3社が製造業向けに予兆検知サービス「OMNI edge」の無償トライアルを開始する。中堅企業が主なターゲットで、ITエンジニアがいなくとも簡単にIoTの導入・運用ができるという。

 
THK、NTTドコモ、シスコシステムズは2018年10月18日、製造業向け予兆検知アプリケーション「OMNI edge」の無償トライアルを開始し、2019年1月末までに参加企業を50社募ると発表した。2019年春の商用化を目指す。

OMNI edgeの中核をなすのは、THKが開発した「THK SENSING SYSTEM」だ。これは生産設備の部品にセンサーを付け、部品レベルで損傷状態をデータとして取得して可視化できる技術。従来、熟練技術者が自身の経験をもとに行ってきた生産設備の異常診断を自動化できるという。

OMNI edgeでは、THK SENSING SYSTEMで取得したデータを、シスコのエッジコンピューティングルーター、もしくはスマートフォンに集約し、ドコモが提供する閉域網を介してクラウドにアップロード。そして予知検知ソフト「THKシステム」で監視する。

OMNI edgeの仕組み。簡単かつ安全に、グローバルでも活用できることを目指す
OMNI edgeの仕組み。簡単かつ安全に、グローバルでも活用できることを目指す



第1弾として提供するのは、「LMガイド」の予兆検知アプリケーションだ。LMガイドは機械の直線運動部をガイドする部品のことで、THKの主力製品の1つ。製造現場で機械の高精度化、高剛性化、省力化などの目的で使われている。

「THK SENSING SYSTEM」イメージ図。画像内左側の部品がLMガイドのイメージ図
「THK SENSING SYSTEM」イメージ図。画像内左側の部品がLMガイドのイメージ図



 
OMNI edgeの特徴は「簡単設定」「安全な運用」「グローバル展開」の3つだというが、なかでも3社が強調したのが簡単設定だ。

THK 取締役専務執行役員の寺町崇史氏は、OMNI edgeを提供する背景について、「工場のIoT化は①つなぐ、②集める、③分析・予測、④アクションの順番で行われるが、①、②のネットワークの問題で躓いてしまうケースが多い」と説明。

NTTドコモ 取締役常務執行役員の古川浩司氏も「IT側に製造業に対する知見と人員、質と量の両面で不足している」と語ったうえで、「IoTはネットワークやセキュリティの対応が難しく、踏み出せない工場が多い」と解説した。すなわち、「IoT成功のカギは、ITの要素をいかになくしていくかだ」(シスコシステムズ 執行役員 CTO/CSOの濱田義之氏)。

IoT化による効果が生まれる③、④までたどり着けないケースが多い
IoT化による効果が生まれる③、④までたどり着けないケースが多い

 


OMNI edgeではIoT化に必要なデータ収集・蓄積・分析といった設計・構築作業を自動化し、ITエンジニアがいない製造現場でも導入・運用を可能にすることを目指す。寺町氏は「家電製品と同じように、コンセントをつないで電源が取れたら、データセンターまでセキュアな状態でデータが伝送される」状態が目標だと語った。

例えば、ネットワーク部分の自動化については、「SDNやプラグアンドプレイなどの技術を活用して、SIMを挿して回線がつながれば、自動的に設定が同期される。特に今回のミソは、ドコモと協業することでエンドツーエンドのゼロタッチプロビジョニングを実現できる点」と濱田氏は話した。

シスコのエッジコンピューティングルーター「IR829」。IoT専用SIM(右)を挿して利用する
シスコのエッジコンピューティングルーター「IR829」。IoT専用SIM(右)を挿して利用する



2つめの特徴である安全な運用については、ドコモが提供する閉域網とシスコのVPN技術を活用することで、セキュアに運用できるという。3つめのグローバル展開に関しては、「ドコモは200以上の海外通信事業者と連携しているため、国をまたいでも十分連携できる。まずは日本で提供するが、少なくとも東南アジアであれば問題ないはずだ」と古川氏は語った。トラブルがあった際はドコモがサポート対応を行う。

OMNI edgeの想定顧客について寺町氏は、「産業機械などを実際に利用しているエンドユーザーで、規模としては中堅企業」と述べた。今後、「他要素部品診断アプリ」などを順次展開していく予定。トライアルに参加する50社の選定方法は「先着順ではなく、個別に相談して決める」という。具体的な利用料金はトライアルを通じて決定するが、初期費用不要の月額制を予定している。

(左から)NTTドコモ 取締役常務執行役員の古川浩司氏、THK取締役専務執行役員の寺町崇史氏、シスコシステムズ 執行役員 CTO/CSOの濱田義之氏
(左から)NTTドコモ 取締役常務執行役員の古川浩司氏、THK 取締役専務執行役員の寺町崇史氏、
シスコシステムズ 執行役員 CTO/CSOの濱田義之氏

スペシャルトピックスPR

necaspire
1810yamaha
1810watchguard

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます