企業ネットワーク最前線

ノキアのエンタープライズ戦略、日本開拓へ5つの指針

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.09.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ノキア グローバルエンタープライズ
シニアバイスプレジデント
クリス・ジョンソン氏

ノキアは2018年9月14日、エンタープライズ向け事業の現状に関する記者説明会を開催した。日本法人では、2018年2月に「エネルギー・運輸・公共事業部」を発足し、この事業の立ち上げに力を注いでいる。

 
説明会ではまず、ノキアでグローバルエンタープライズ担当シニアバイスプレジデントを務めるクリス・ジョンソン氏が世界市場での取り組みを紹介した。

ジョンソン氏はノキアのエンタープライズ向け事業について、「公共、エネルギー、運輸、大企業(金融、ヘルスケア、自動車、小売/物流)、ウェブサービスの5つのセクターに分けて、世界7つのエリアでビジネスを展開している」と説明。そのうえ、なかでも日本は「非常に重要なマーケットだ」と強調した。

営業活動においては「パートナーを第一に考えている」とし、特に産業向けシステムのインテグレーションを手がける企業との関係を重視しているという。

続いて演壇に立ったのは、ノキアの日本法人で執行役員 エネルギー・運輸・公共事業部 事業部長を務める奥田浩一郎氏だ。同氏は、LTEを企業が自営網として利用できるようにした「プライベートLTE」を中心に、ノキアがエンタープライズ分野で手がけてきた事例を紹介した。

ノキアソリューションズ&ネットワークス 執行役員 エネルギー・運輸・公共事業部 事業部長 奥田浩一郎氏
ノキアソリューションズ&ネットワークス 執行役員
エネルギー・運輸・公共事業部 事業部長 奥田浩一郎氏



その1つ、資源メジャーのリオ・ティント(Rio Tinto)のケースはオーストラリアの大規模鉱山にプライベートLTEの設備を構築し、トラックの自動運転や重機の遠隔操作に利用しているもの。これにより作業の安全性向上と同時に大幅な人件費の削減が可能になったという。

遠距離でも安定した大容量通信が行えるLTEの特性を生かした事例で、奥田氏は「日本でも海外で鉱山の権益を持っている会社や、海外に重機を売っているメーカー・商社などから、驚くほど多くの問い合わせが来ている」と明かした。

この他にも、プライベートLTEを活用した事例として、カリフォルニアで多数の風力発電所を展開している電力会社Sempra Energyの電力制御システム、米国FirstNetによる全米へのパブリックセーフティネットワークの構築、パリ市メトロ交通公団(RATP)による監視カメラと運行管理システムなどを統合した新システムなどが紹介された。

奥田氏は、これらに共通する特徴として「有線側にIP/MPLS、無線側にプライベートLTEを用い、制御系と情報系の統合を実現している」点があるとし、こうしたシステムの整備が「グローバル市場でのトレンドの1つになってきている」と説明した。

プライベートLTEは、通信事業者からエリア限定で周波数の権利を譲り受けるなど特別な手立てによって実現されているケースが多かったが、ここにきて3.5GHz帯を一般企業にも開放した米国のCBRSなど、利用しやすい枠組みも整備されてきている。ジョンソン氏によると「ポーランドなど、いくつかの国でプライベートLTEに新たに周波数を割り当てる動きが出てきている」という。奥田氏は「日本でも遠からず利用できるようになるのではないか」と予想する。

プライベートLTE以外には、LTEネットワークで制御や映像の伝送を行い、連続60分、航続距離で80kmの自律飛行を可能にしたドローンソリューション「Nokia Drone Networks」や、今年5月に買収した予防保全ソリューション「Space-Time Insight」などの、新たなソリューションの展開に力を入れているという。

ノキアが企業への展開に力を入れているソリューション
ノキアが企業への展開に力を入れているソリューション[画像をクリックで拡大]



奥田氏は、日本でのエンタープライズ向けソリューションの普及に向け、(1)ベル研などで培った最先端の技術の提供、(2)世界市場での事例の紹介、(3)日本独自の要件への対応、(4)パートナー企業との連携、(5)ユーザーやパートナーの世界展開の支援という5つの指針を打ち出している。

スペシャルトピックスPR

1810prtg
1810riverbed
ribbon1809

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
iot24

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます