企業ネットワーク最前線

ノキアのエンタープライズ戦略、日本開拓へ5つの指針

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.09.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ノキア グローバルエンタープライズ
シニアバイスプレジデント
クリス・ジョンソン氏

ノキアは2018年9月14日、エンタープライズ向け事業の現状に関する記者説明会を開催した。日本法人では、2018年2月に「エネルギー・運輸・公共事業部」を発足し、この事業の立ち上げに力を注いでいる。

 
説明会ではまず、ノキアでグローバルエンタープライズ担当シニアバイスプレジデントを務めるクリス・ジョンソン氏が世界市場での取り組みを紹介した。

ジョンソン氏はノキアのエンタープライズ向け事業について、「公共、エネルギー、運輸、大企業(金融、ヘルスケア、自動車、小売/物流)、ウェブサービスの5つのセクターに分けて、世界7つのエリアでビジネスを展開している」と説明。そのうえ、なかでも日本は「非常に重要なマーケットだ」と強調した。

営業活動においては「パートナーを第一に考えている」とし、特に産業向けシステムのインテグレーションを手がける企業との関係を重視しているという。

続いて演壇に立ったのは、ノキアの日本法人で執行役員 エネルギー・運輸・公共事業部 事業部長を務める奥田浩一郎氏だ。同氏は、LTEを企業が自営網として利用できるようにした「プライベートLTE」を中心に、ノキアがエンタープライズ分野で手がけてきた事例を紹介した。

ノキアソリューションズ&ネットワークス 執行役員 エネルギー・運輸・公共事業部 事業部長 奥田浩一郎氏
ノキアソリューションズ&ネットワークス 執行役員
エネルギー・運輸・公共事業部 事業部長 奥田浩一郎氏



その1つ、資源メジャーのリオ・ティント(Rio Tinto)のケースはオーストラリアの大規模鉱山にプライベートLTEの設備を構築し、トラックの自動運転や重機の遠隔操作に利用しているもの。これにより作業の安全性向上と同時に大幅な人件費の削減が可能になったという。

遠距離でも安定した大容量通信が行えるLTEの特性を生かした事例で、奥田氏は「日本でも海外で鉱山の権益を持っている会社や、海外に重機を売っているメーカー・商社などから、驚くほど多くの問い合わせが来ている」と明かした。

この他にも、プライベートLTEを活用した事例として、カリフォルニアで多数の風力発電所を展開している電力会社Sempra Energyの電力制御システム、米国FirstNetによる全米へのパブリックセーフティネットワークの構築、パリ市メトロ交通公団(RATP)による監視カメラと運行管理システムなどを統合した新システムなどが紹介された。

奥田氏は、これらに共通する特徴として「有線側にIP/MPLS、無線側にプライベートLTEを用い、制御系と情報系の統合を実現している」点があるとし、こうしたシステムの整備が「グローバル市場でのトレンドの1つになってきている」と説明した。

プライベートLTEは、通信事業者からエリア限定で周波数の権利を譲り受けるなど特別な手立てによって実現されているケースが多かったが、ここにきて3.5GHz帯を一般企業にも開放した米国のCBRSなど、利用しやすい枠組みも整備されてきている。ジョンソン氏によると「ポーランドなど、いくつかの国でプライベートLTEに新たに周波数を割り当てる動きが出てきている」という。奥田氏は「日本でも遠からず利用できるようになるのではないか」と予想する。

プライベートLTE以外には、LTEネットワークで制御や映像の伝送を行い、連続60分、航続距離で80kmの自律飛行を可能にしたドローンソリューション「Nokia Drone Networks」や、今年5月に買収した予防保全ソリューション「Space-Time Insight」などの、新たなソリューションの展開に力を入れているという。

ノキアが企業への展開に力を入れているソリューション
ノキアが企業への展開に力を入れているソリューション[画像をクリックで拡大]



奥田氏は、日本でのエンタープライズ向けソリューションの普及に向け、(1)ベル研などで培った最先端の技術の提供、(2)世界市場での事例の紹介、(3)日本独自の要件への対応、(4)パートナー企業との連携、(5)ユーザーやパートナーの世界展開の支援という5つの指針を打ち出している。

スペシャルトピックスPR

hitachi1901
nttcom1902
sbcloud1902

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gだけじゃない!
ネットワークの未来を変える
次世代テックたち

◆5Gの次、6G現る ◆有線IoTの大本命802.3cg ◆ワイヤレス工場の切り札誕生 ◆次世代IP映像伝送「SRT」 ◆ドローンで空からエリア構築 ◆P4が迫る“聖域”開放

●[インタビュー] Colt カール・グリブナーCEO & 日置健二社長/●地域BWA空白地帯を「プライベートLTE」に解放/
●日中間通信の課題と法規制/●モバイルワークの「コスト」と「安全性」 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

シーディーネットワークス中国でのWeb配信を8.5倍高速化
国内CDN事業者で唯一現地法人

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

アクセスランキング

tcb
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます