企業ネットワーク最前線

“ヤマハ流”SD-WANは日本企業目線

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.09.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

クラウドからネットワーク機器をリモート管理できる「Yamaha Network Organizer(YNO)」がSD-WANへと進化を始めた。保守運用を行うエンジニア目線で地道に機能を拡充している。

 
SD-WANへの企業の注目が高まったことで、“めったに変えない”のが常識だったWANの考え方に変化が生まれた。いま何が起こっているのかを簡単に把握し、かつ拠点の新規開設や業務アプリケーションの変更といったビジネス状況の変化に即応して「動くネットワーク」─。企業は、そんな可視性と即時性を持つWANを必要とし始めている。

とはいえ、日本国内におけるSD-WANの普及には思いのほか時間がかかっている。特に高いハードルとなっているのが、専用のCPE(宅内通信装置)導入が必要なことだ。既存のルーター等からの置き換えが容易でないことが導入の足枷になっている。

そんな国内のSD-WAN事情にインパクトをもたらしそうな動きがある。中堅中小企業向けルーター市場で大きなシェアを持つヤマハの動きだ。

慣れ親しんだ機器でSD-WANヤマハは約2年前の2016年6月に、同社製ネットワーク機器をクラウドから統合管理するサービス「Yamaha Network Organizer(YNO)」を開始した。機器の情報をクラウドに集約し、ネットワークの状態を一元管理できるものだ。ヤマハはYNOの機能強化によって、ユーザー企業やそのネットワーク保守運用を行うSIer/NIerが、慣れ親しんだ機器で“SD-WAN的”な機能を使えるようにしようと狙っている。音響事業本部 事業統括部 SN事業推進部 ネットワークマーケティンググループ主事の小島務氏は次のように話す。

「顧客と話しながら、足りない機能をYNOに加えてきている。最近は『SD-WAN的だね』と言ってくださる顧客が増えてきた」

ヤマハのネットワーク機器は、例えば飲食店のように、高度スキルを持つエンジニアを派遣して現地作業を行うのが難しい現場でも大量に使われている。「ヤマハ流SD-WAN」が実現すれば、そうした日本企業のネットワークを、大掛かりな変更を伴わずにSD-WAN化できるわけだ。

ヤマハ 音響事業本部 事業統括部 SN事業推進部 ネットワークマーケティンググループ主事の小島務氏(左)と、国内営業グループの金丸大海氏
ヤマハ 音響事業本部 事業統括部 SN事業推進部
ネットワークマーケティンググループ主事の小島務氏(左)と、
国内営業グループの金丸大海氏



実際にYNOで何ができるのか。

一般的にSD-WANには複数拠点・回線の一元管理、ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)、DPIによるトラフィック識別・制御などの機能がある。現状でYNOがそれらを網羅しているわけではない。「現場作業をいかに軽減するかという目線で、1つひとつ機能を実装している」と小島氏は話す。

重要なステップとなったのが、2018年春に「RTX1210」ルーターで初めて対応した「GUI Forwarder」だ(図表1)。ネットワーク全体を管理するYNOの画面から、拠点側のルーターのWeb GUIを呼び出す機能である。ヤマハのルーターには従来から、配下のスイッチや無線LANアクセスポイント等を可視化する「LANマップ」機能が搭載されている。それに、YNOからシームレスにアクセスできるようにした。

 

図表1 GUI Forwarder
図表1 GUI Forwarder


「これまではリモートから拠点側のルーターにVPN接続して利用していたものが、クリック1つで簡単にアクセスできるようになり、さらに、ブラウザ画面で拠点内のLANまで管理できる。『SD-LAN』的な要素も組み合わさることで、価値を見出していただけるようになった」と小島氏。SIer/NIerの反応は良好で、保守作業の負荷軽減への期待も高いという。

「LANマップ」の画面イメージ
「LANマップ」の画面イメージ

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます