キーパーソンが語る

NTT東日本 井上社長「“光+Wi-Fi”軸にIoT実現。企業イメージ変革で増収転換」

聞き手◎太田智晴(編集部) 2018.08.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTT東日本 代表取締役社長
井上福造氏

「電話や光回線の会社というイメージから、ICTソリューション企業へ変革させていくのが、私の会社人生の最後の仕事」――。就任会見でこう意気込んだNTT東日本の井上福造新社長。変革のカギを握るのは「IoT」だ。「光+Wi-Fi」を軸に、画像系IoTソリューションに注力するほか、エッジコンピューティングにも積極的に取り組むNTT東日本の新戦略を聞いた。

 
――6期連続の増益、4期連続の過去最高益と好調な業績が続くなか、社長のバトンを引き継ぎました。まずはNTT東日本の現状をどう捉えているのか、教えてください。

井上 一番大きかった構造変革は光コラボです。ケータイが高速化する、スマホが普及する、ビジネスモデルがクラウド化するといった環境変化のなか、3年前にフレッツを卸売モデルに転換した結果、6期連続の増益を達成できました。

光コラボの一番の成果は、光サービスの市場を再び拡大できたことです。営業コストもかなり効率化できました。

しかし現状のままでは、光コラボの市場は飽和してきますし、営業コストの削減効果も小さくなっていきます。これが今の最大の課題です。

増益を維持していくためには、さらなる抜本的な取り組みをやっていかざるを得ません。

――具体的には、何に注力しますか。

井上 まずは光サービスの拡大です。これまでの光コラボには、既存の通信のリプレースという側面が強くありました。そのため、元々あった通信契約をNTTから光コラボ事業者にする「転用」も一定程度あったわけです。

今後はこうした従来型モデル以外の、新しいモデルを作っていく必要があります。私は「コラボネイティブ」と言っているのですが、クラウド/IoT時代の新しいビジネスモデルの中に、「通信」を部品として組み込んでいきます。

――どういうことですか。

井上 先日発表した万引き防止AIサービス「AIガードマン」が、コラボネイティブの代表例です。

AIガードマンは、売場に導入したカメラの映像をクラウドと連携しながらAIで解析し、不審な行動を検知するIoTソリューションです。従来、通信化されていなかった万引き対策に、「通信」を組み込んでパッケージ化して提供しているわけですね。

このコラボネイティブを誰が販売するかですが、光コラボ事業者が光サービスの付加価値として販売することもありますし、当社が直接販売する場合もあります。

地域の中小企業や自治体が抱える課題を解決する、新しいサービスを開発していくことで、光コラボの回線需要やARPUを上げていくというアプローチです。

NTT東日本 代表取締役社長 井上福造氏


IoTが光コラボの新需要――AIガードマンのほか、農業IoTソリューションなどもすでに提供していますが、新サービスの軸はやはりIoTですか。

井上 そうですね。IoTの「Things」のところが光の新しい需要になると考えています。

人が使う電話やPC向けの回線はほぼ普及しています。ADSLやISDNといった旧タイプの回線のマイグレーション需要は出てきますが、それほど増えるとは思えません。

――実際、IoT向けの光需要は広がってきているのですか。

井上 手応えを感じています。やはり、「投資」と受け止めていただけるのが大きいですね。今までの光サービスの導入メリットは結局、回線コストの削減や性能アップでした。しかし、IoTはそうではないマーケットです。「人手不足だから、人の代わりにIoTを入れる」というのは「投資」ですよね。こうした案件がかなり増えてきました。

――IoTの適用領域は非常に広いですが、中小企業や自治体のあらゆるニーズに応えるべく、多様なIoTソリューションをパッケージ化して提供していく考えですか。

井上 そうです。IoTの案件は手離れが悪く、売上的にも中小企業ですとそれほど大きくありません。半年、1年かけて単価が数万円では「やってられない」という企業がほとんどでしょう。

しかし当社は違います。考えてみると、当社が新しいサービスを1つ開発するのには早くて1年かかります。ですから、新サービスの開発と捉えて、IoTの実証実験にも取り組んでおり、それをテンプレートにパッケージ化していきます。

ここで大事なのは、どうやってコストを抑えながら量産化するかです。そのためには当社自身のデジタルトランスフォーメーションも必要です。故障修理の作業者がスマートグラスを装着し、有スキル者がリモートから支援するなどのデジタルトランスフォーメーションの取り組みを今年度から始めています。

当面は「光+Wi-Fi」を軸に、様々なIoTを実現していこうと考えています。実際、農業や町工場、倉庫などで、Wi-Fiの先にカメラやセンサーを付けて、人手不足対策に活用するなどの使い方が始まっています。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

井上福造(いのうえ・ふくぞう)氏

1955年7月生まれ、兵庫県出身。1980年3月東京大学法学部卒業後、同年4月に日本電信電話公社に入社。2009年6月NTT東日本 コンシューマ事業推進本部 ブロードバンドサービス部長、12年6月取締役 経営企画部長、13年7月取締役 ビジネス開発本部長、14年6月常務取締役 ビジネス開発本部長、15年6月代表取締役常務取締役 ビジネス開発本部長、16年6月代表取締役副社長 ビジネス開発本部長を経て、18年6月に代表取締役社長に就任

スペシャルトピックスPR

ribbon1809
sas1808
necaspire

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます