企業ネットワーク最前線

クラウドもIoTも統合監視、「monitor everything」を目指すDatadog

文◎松本一郎(編集部) 2018.08.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Datadog
シニアセールスエンジニア
服部政洋氏

クラウドへの移行が進展するなか、SaaS型のモニタリングサービス「Datadog」を採用する企業が増加中だ。「monitor everything」を目指す同社の視野には、IoTの統合モニタリングも入っている。

 
SaaS型運用監視ツール「Datadog」を導入する企業が増えている。同社によれば、2017年末に約6000社だった顧客数は、2018年6月時点で約8000社まで拡大。AT&T、Twitter、サムスンなど著名企業も少なくない。日本でもすでに1000社以上が利用している。

「AWSの有力パートナーであるcloudpack(アイレット)は数多くのAWS事例を持っているが、彼らの運用保守サービスはすべてDatadogを使って提供されている。また、cloudpackのお客さまを除いても、すでに数百社の日本企業に使われている」と同社の服部政洋氏は説明する。DatadogのWebサイトの導入実績のページには、サイバーエージェント、サイボウズ、ニコンなどの日本企業のロゴが並ぶ。

Datadogの大きな特徴の1つは、従来、別々のツールだったインフラ監視、APM(アプリケーション性能監視)、ログ管理の機能を統合的に備え、単一のダッシュボード画面で管理できることだ。「セキュリティ以外のほぼすべてのシステム情報をモニターできる」と服部氏は話す。

デジタル変革が進展するなか、DevOpsなど、開発運用体制の変革も進んでいる。そこで伸びているのが、従来の縦割りではなく、サーバーからストレージ、アプリケーションまでシステム全体を統合的・横断的に可視化できるDatadogというわけだ。

キオスクやPOS端末の監視も「クラウドも既存のオンプレミス環境も、分け隔てなくモニタリングできる」のも特徴だ。「オンプレミスについてはエージェントをインストールすることでデータを収集するが、AWSやAzureなどのクラウドに関してはAPI連携でほぼすべてのデータを持ってこられる」。

マルチクラウド時代の今、複数の環境にまたがって1つのサービスは実現される。にもかかわらず、環境毎に異なるツールで監視を行うのは非効率だ。Datadogは、前出のAWSやAzureのほか、GCP、VMware、OpenStackなど、250以上の環境やツールとのAPI連携が可能になっており、Datadogのダッシュボード画面上で統合的にモニタリングできる。

 

図表 Datadogのサービス概要
図表 Datadogのサービス概要


Datadogが興味深いのは、さらにIoTまで統合的にモニタリング可能にしようと取り組んでいることだ。すでに事例もある。米国のある企業は、街中のデジタルサイネージ用のキオスク端末にDatadogのエージェントをインストールし、様々なデータを収集・可視化している。単にデバイスの情報を取るだけではなく、「気象や広告のデータなど、ビジネス側のデータも取得して分析を行っている」という。また、POS端末にDatadogのエージェントを入れ、販売データの分析に活用している大手小売企業もある。

服部氏によれば、DatadogのCEOやCTOは「monitor everything」という言葉をよく使うそうだ。ツールの壁、環境の壁、システムとビジネスの壁など、様々な壁を壊しながら、IoT時代にますますデジタル化していくビジネス全体を可視化していこうというのが、Datadogのビジョンのようだ。

スペシャルトピックスPR

ribbon1809
sas1808
necaspire

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます