企業ネットワーク最前線

クラウドもIoTも統合監視、「monitor everything」を目指すDatadog

文◎松本一郎(編集部) 2018.08.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Datadog
シニアセールスエンジニア
服部政洋氏

クラウドへの移行が進展するなか、SaaS型のモニタリングサービス「Datadog」を採用する企業が増加中だ。「monitor everything」を目指す同社の視野には、IoTの統合モニタリングも入っている。

 
SaaS型運用監視ツール「Datadog」を導入する企業が増えている。同社によれば、2017年末に約6000社だった顧客数は、2018年6月時点で約8000社まで拡大。AT&T、Twitter、サムスンなど著名企業も少なくない。日本でもすでに1000社以上が利用している。

「AWSの有力パートナーであるcloudpack(アイレット)は数多くのAWS事例を持っているが、彼らの運用保守サービスはすべてDatadogを使って提供されている。また、cloudpackのお客さまを除いても、すでに数百社の日本企業に使われている」と同社の服部政洋氏は説明する。DatadogのWebサイトの導入実績のページには、サイバーエージェント、サイボウズ、ニコンなどの日本企業のロゴが並ぶ。

Datadogの大きな特徴の1つは、従来、別々のツールだったインフラ監視、APM(アプリケーション性能監視)、ログ管理の機能を統合的に備え、単一のダッシュボード画面で管理できることだ。「セキュリティ以外のほぼすべてのシステム情報をモニターできる」と服部氏は話す。

デジタル変革が進展するなか、DevOpsなど、開発運用体制の変革も進んでいる。そこで伸びているのが、従来の縦割りではなく、サーバーからストレージ、アプリケーションまでシステム全体を統合的・横断的に可視化できるDatadogというわけだ。

キオスクやPOS端末の監視も「クラウドも既存のオンプレミス環境も、分け隔てなくモニタリングできる」のも特徴だ。「オンプレミスについてはエージェントをインストールすることでデータを収集するが、AWSやAzureなどのクラウドに関してはAPI連携でほぼすべてのデータを持ってこられる」。

マルチクラウド時代の今、複数の環境にまたがって1つのサービスは実現される。にもかかわらず、環境毎に異なるツールで監視を行うのは非効率だ。Datadogは、前出のAWSやAzureのほか、GCP、VMware、OpenStackなど、250以上の環境やツールとのAPI連携が可能になっており、Datadogのダッシュボード画面上で統合的にモニタリングできる。

 

図表 Datadogのサービス概要
図表 Datadogのサービス概要


Datadogが興味深いのは、さらにIoTまで統合的にモニタリング可能にしようと取り組んでいることだ。すでに事例もある。米国のある企業は、街中のデジタルサイネージ用のキオスク端末にDatadogのエージェントをインストールし、様々なデータを収集・可視化している。単にデバイスの情報を取るだけではなく、「気象や広告のデータなど、ビジネス側のデータも取得して分析を行っている」という。また、POS端末にDatadogのエージェントを入れ、販売データの分析に活用している大手小売企業もある。

服部氏によれば、DatadogのCEOやCTOは「monitor everything」という言葉をよく使うそうだ。ツールの壁、環境の壁、システムとビジネスの壁など、様々な壁を壊しながら、IoT時代にますますデジタル化していくビジネス全体を可視化していこうというのが、Datadogのビジョンのようだ。

スペシャルトピックスPR

singtel1904
sonybiz1904
silverpeak1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】
ローカル5G徹底ガイド
<Part 1>ローカル5Gがやってくる――5G/LTEを自営できる新制度
<Part 2>ローカル5Gの「使い途」――多様な業種に広がるユースケース
<Part 3>ローカル5Gを導入する――ベンダー各社から製品・サービスが登場

●[インタビュー] 総務省 サイバーセキュリティ統括官  竹内芳明氏「IoTセキュリティに新技術基準」/●DX時代を支える光伝送システム/●サイバー保険は日本企業にピッタリ/●ドローン「目視外飛行」の早期実現へ/●中小企業のセキュリティ5か条
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904B

スペシャルトピックス

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

アクセスランキング

tc1904
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます