企業ネットワーク最前線

NTT、B2B2Xの世界展開へ試金石――デルと米ラスベガス市でIoTの実証実験

文◎太田智晴(編集部) 2018.08.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTグループが、米ラスベガス市でデルテクノロジーズと公共安全ソリューションの実証実験を始める。B2B2Xモデルのグローバル展開加速に向けた「エポックメイキング」な取り組みだ。

 
澤田純氏の「社長昇格人事」が正式発表される10日前の5月1日、NTTグループはデルテクノロジーズと共同発表を行った。米ラスベガス市で、公共安全ソリューションの共同実証実験を9月から開始するという発表だ。

その意義について澤田氏はこう述べた。「NTTはB2B2Xを提唱しているが、今回は海外で初めてパートナーと組んでやるケース。その意味では、非常にエポックメイキングで、戦略を拡張していくための契機になる」

NTTは2018年3月期までの中期経営戦略で、「利益成長」のための柱を3つ挙げている。1つは設備投資の効率化やコスト削減による「国内ネットワーク事業の効率化・収益力強化」だが、今回の発表との関連が深いのは残り2つの柱、「グローバルビジネスの拡大・利益創出」と「B2B2Xビジネスの拡大」である。

B2B2Xとは、「センターB」と呼ぶサービス提供者の「触媒役」として新たな価値創造をサポートするモデルのこと。今回の取り組みは、そのB2B2Xの世界展開の重要な一歩であり、グローバルビジネスの拡大を目指すNTTグループにとって、大事な試金石となる。

NTT 代表取締役副社長(当時)の澤田純氏
NTT 代表取締役副社長(当時)の澤田純氏(左)と
Dell EMC サービスおよびデジタルIT担当プレジデントのハワード・エライアス氏


事件・事故をAIで予測澤田氏によれば、ラスベガス市で実証する公共安全ソリューションには3つの特徴がある(図表1)。

 

図表1 公共安全ソリューションのコンセプト[画像をクリックで拡大]
図表1 公共安全ソリューションのコンセプト


1つめは「迅速な事件・事故対応(リアクティブ)」である。監視カメラなどのセンサー情報を、監視区域近隣のマイクロデータセンター(エッジ)で分析。事件・事故を迅速に検知し、警官や消防車の派遣、一斉アナウンスなど素早い対応を実現する。

2つめは「予測対応(プロアクティブ)」だ。トレンド分析と様々なソースのセンサー情報を活用し、混雑や逆走、事件性の高い事象などをAIが予測。事件・事故が起こる前の対応を可能にする。

そして、3つめは「迅速で効率的なICTリソースの配備」だ。NTTのオーケストレータ技術とデルテクノロジーズの仮想化技術などを組み合わせた「コグニティブ・ファウンデーション」という仕組みによって、ユーザーの既存のICTリソースも含めて、構築・設定と管理・運用を一元的に行うことができるという(図表2)。「現場の通信システムやお客様のシステムがどんなものであれ、オーバーレイでソリューションをかぶせられる」(澤田氏)

 

図表2 コグニティブ・ファウンデーションの概要


監視区域の近隣に置くマイクロデータセンターにも特徴がある。「トランクくらいのサイズで、イージーセットアップできる。『多くの人が集まるイベントが来週あるから、監視ソリューションが必要』となっても、普通は全然間に合わない。しかし、これは1日、2日でセットアップして持って行くことができる」と澤田氏は説明した。

Dell EMCでサービスおよびデジタルIT担当プレジデントを務めるハワード・エライアス氏が強調したのは、「フルのエンドエンドソリューションを提供できる」という点だ。

Dell、Dell EMC、VMware等を擁するデルテクノロジーズは、ハイパーコンバージドインフラからIoTゲートウェイ、NFV、ストレージなど、IoTに必要な製品をトータルに提供可能だ。その豊富な製品群と、NTT研究所のAI技術やオーケストレータ技術、NTTデータやディメンションデータのインテグレーション力、NTTコミュニケーションズのデータセンターなどが組み合わさる。「『いろんなものをインテグレートして届けられる点を買っている』とラスベガス市のCIOは私たちに話している」(澤田氏)
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

ribbon1809
sas1808
necaspire

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの大冒険! 海、山、体内へ
<海のIoT>ワイヤレスIoTで漁業は成長産業に/光無線で水中高速通信/オールジャパンで船舶IoT <山のIoT>LPWAがキラー技術に <体内のIoT>インプラント型無線センサーで生体IoTに新時代到来

◆[インタビュー] NTT西日本 小林充佳社長「地域に“変化”起こす先駆者へ」 ◆働き方改革とWeb会議 ◆過疎地の固定電話は「無線」で ◆NTTドコモのデータ分析の歴史 ほか 

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます