企業ネットワーク最前線

Wi-Fi Meshに注力するクアルコム――米市場で家庭向けネットワーク機器が急伸

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.02.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

クアルコムテクノロジーズ
ラフール・パテル氏

マイナーな存在であったWi-Fi Meshのマーケットが急速に立ち上がってきている。トリガーとなったのはクアルコムが開発した「Wi-Fi SON(自己組織化ネットワーク)」技術。米国ではホームWi-Fi機器の4割がMesh対応製品となっており、その9割以上にクアルコムのチップが採用されている。日本でもバッファローが製品化に乗り出した。


クアルコムは2018年1月31日、コネクティビティ、ネットワークビジネスを担当するシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのラフール・パテル氏の来日を機に、Wi-Fiを中心としたコネクティビティ事業戦略についての記者説明会を都内で開催した。

プレゼンテーションの冒頭でパテル氏は、クアルコムのコネクティビティビジネスの全体像について説明。ライセンスバンド向けの4G/5G、アンライセンスバンドで運用されるWi-Fi、Bluetooth、NFCなどの両分野で無線技術の革新に力を注いでおり、これらをセキュリティやコンピューティング分野の技術と組み合わせてプラットフォームとして提供するために必要な技術すべてを持っていることが、クアルコムのビジネスの大きな強みとなっていると述べた。

クアルコムのコネクティビティプラットフォームを構成する技術要素
クアルコムのコネクティビティプラットフォームを構成する技術要素


アンライセンスバンド向けの無線技術においては、クアルコムはWi-Fiに強く、チップの出荷数量、金額、対応できる製品分野のいずれにおいてもトップの位置にあるという。主力のモバイル向けSoCの多くにWi-Fiが登載されていることがその大きな要因だが、もう1つパテル氏が強調したのが、昨年初めからクアルコムが展開しているホームネットワーク向けのWi-Fi Mesh対応製品が大きな伸びを見せていることだ。パテル氏は「2017年初頭に5%程度だった家庭向けのWi-FiネットワークにおけるWi-Fi Mesh対応機器の割合は現在40%強となっており、その90%以上にクアルコムのチップが採用されている」と説明した。

クアルコムのWi-Fi Meshプラットフォームの特徴
クアルコムのWi-Fi Meshプラットフォームの特徴



Wi-Fiを用いたMeshネットワークは、設定に手間がかかる、通信速度に制約が生じるなどの理由からあまり普及してこなかった。突破口となったのが、クアルコムが開発したWi-Fi SON技術だ。これによりアクセスポイントとルータを配置するだけで最適な経路や利用周波数帯が自動的に設定され、広範なエリアで安定したセキュアな通信が可能になるという。IEEE802.11acの登場で通信速度の制約も解消されてきた。

クアルコムのチップを用いてWi-Fi Mesh対応製品を展開しているベンダー
クアルコムのチップを用いてWi-Fi Mesh対応製品を展開しているベンダー



日本でもすでに海外メーカーのWi-Fi Mesh対応製品の展開が始まっているが、国内勢ではバッファローが製品開発を進めている。クアルコムでは「米国ほど広い家が多くない日本では、ホームネットワーク以外のIoT分野から普及が進む可能性もある」と見る。

パテル氏は、Wi-Fi Meshの大きな特徴の1つに通信事業者の利用に耐え得る高い信頼性を実現している点があるとした上で、「すでにアメリカのコムキャスト、カナダのベル・カナダがWi-Fi Meshを利用したサービスを提供している。日本でも同様の展開が進むことを期待している」と語った。

クアルコムのWi-Fi Meshと他社のプラットフォームを連携させたソリューションも登場してきている。1月初旬にラスベガスで開かれたCES2018では、ASUSがマイクロソフトのデジタルアシスタントCortanaとクアルコムのWi-Fi Meshを利用した初の音声対応メッシュネットワークシステム「Lyra Voice」を発表。さらにWi-Fiを用いた動態検出技術を持つオリジンワイヤレスやコグニティブシステムズ、IoTインフラ管理のルネラがWi-Fi Meshを活用するプランを明らかにしている。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_a
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます