ニュース

インターネットを端から端まで見える化する ―― サウザンドアイズが国内市場へ本格参入

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.01.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

自社のネットワークのようにインターネットも見える化できたら――。クラウドの普及などを背景に企業でインターネットの利用が増えているが、その監視と品質管理に悩む管理者は少なくない。この課題を解消するための新たなインターネット監視ソリューションを提供する米サウザンドアイズが日本法人を設立。国内市場に本格参入する。


IaaSやSaaSを使うことが当たり前になったことで、企業のIT/ネットワーク管理者には新たな“悩みの種”が生まれている。クラウドサービス/アプリケーションを使って業務を行う上でベースとなる、インターネットの品質をどう担保するのかという問題だ。

企業が従来から使っているWANは、VPNサービス等を提供する通信事業者がその性能を保証し、かつ運用監視も行う形態が一般的だ。対して、ベストエフォートが前提で、かつ経路も複雑なインターネットはそうはいかない。

当然ながら、クラウドを使う場合、そのパフォーマンスはインターネットの通信品質に大きく依存する。だが、従来型のWANとは違って、インターネットの通信品質を監視し、「つながらない」「速度が遅い」といったトラブルが発生した際に迅速に対処するのは難しい。実際には、経路上のどこで問題が発生しているのかを特定するだけでも非常に困難な作業だ。


米サウザンドアイズで製品マーケティング担当バイス・プレジデントを務める
アレックス・ヘンソーン-イワネ氏


この問題を解消する「新しいモニタリング手法」を提供しているのが、米サウザンドアイズである。ユーザーからクラウドサービスまでの経路を見える化し、トラブルを検知・解析するSaaS型サービスを提供している。

同社は2018年1月19日に記者説明会を開催し、日本法人の設立を発表した。製品マーケティング担当バイス・プレジデントのアレックス・ヘンソーン-イワネ氏によれば、「Fortune500のうち、46の企業がサウザンドアイズを採用している」という。

国内でも約1年前から販売を行っており、すでに国内での導入実績もある。サウザンドアイズ・ジャパンの代表に就任した尾方一成氏は「日本法人の設立によって、販売、パートナー開拓、サポートまでより手厚くできる。さらにビジネスを拡大していく」と話した。



日本法人 カントリーマネージャーの尾方一成氏

インターネットとクラウドの性能を見通す“千里眼”
サウザンドアイズのサービスとはどのようなものか。イワネ氏は、「アプリケーションのパフォーマンスを理解でき、かつ、インターネットも含めて(ネットワークの)パスの情報をすべて取得できる」と話す。



サウザンドアイズが行うモニタリングの概要


これを可能にするため、サウザンドアイズは世界の150以上の都市にアプリケーションとネットワークのパフォーマンスを測定する「Cloud Agent」を配置しているという。これが常時、インターネットの状態を監視しているわけだ。

加えて、サウザンドアイズのサービスを利用するユーザーは自社のデータセンターや拠点のサーバー、ルーター等に「Enterprise Agent」を配置することができる。これは、各オフィスからクラウドサービスのパフォーマンスを測る役割を担う。

そのほか、エンドユーザーのPCにインストールしてデバイス単位のユーザーエクスペリエンスを測定する「Endpoint Agent」、ジッタやロス、MOS値等のVoIP品質をモニタリングする「VoIP Monitoring」などのソフトウェアも用意しており、「このようにして収集したデータを高度なアルゴリズムを用いて解析する」(イワネ氏)ことで、アプリケーションのパフォーマンスとネットワークのパスを見える化する。



エンドユーザーからクラウドまでエンドツーエンドでネットワークを見える化する


これにより、ユーザーは自社のLAN/WAN、データセンターからインターネット、そしてクラウドまでをエンドツーエンドですべて可視化できるようになる。例えば、Office 365のようなSaaSを使っている企業で急にレスポンスが低下したような場合、問題の原因が拠点ルーターの負荷なのか、それともISP側にあるのか、すぐに特定して対処できるようになるわけだ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

paloalto1911
yamato1911
1912_webex

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】工場5G
    ローカル5Gで実現するスマートファクトリー
[Part1]工場5Gの理想と現実 [Part2]工場でのローカル5Gの活かし方 [Part3]ドコモが考える工場5G [Part4]5G時代の工場NW進化論

[インタビュー] 慶応義塾大学 教授 手塚悟氏「トラストがSociety5.0の基盤」 [ソリューション特集]IoTで始めるHACCP対策 [技術&トレンド]NW視点で見る3大クラウドの違い/水中高速無線を音波・可視光で ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

アクセスランキング

dwpreport
kaden

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2019 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます