新製品&新サービス

KDDI、カテゴリー1対応のIoT向け通信モジュール「SKM32」

文◎business network.jp編集部 2017.08.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

KDDIは2017年8月30日、LTEカテゴリー1に対応したIoT向け通信モジュール「SKM32」(セイコーソリューションズ製)の提供を開始した。

カテゴリー1は、最大通信速度は下り10Mbps/上り5Mbpsと低速ながら、消費電力が低く、デバイスコストも安価なLTEデバイスの技術仕様。

SKM32は、KDDI独自の低消費電流機能「RTCアラーム」も採用しており、1週間ごとに1度、1KBのデータを送信という条件の場合、単三電池2本分の電源で10年以上の駆動が可能だという。

また、従来の3G通信モジュール「WM-M320」と同じ形状のため、従来製品からの移行がしやすいのも特徴。「WM-M300」とも、SKM32に「モジュールブラケット01」を組み合わせることで、同形状になる。なお、移行利用には、別途ソフトウェアの更新などが必要だ。

SKM32


組込み機器のさらなる小型化も可能になった。これまでのLTE通信モジュールはアンテナが2本必要だったが、SKM32はアンテナ1本で利用可能なため。

SKM32のサイズは30×27×4.5mm、重量は約6g。モジュールブラケット01と組み合わせた場合は37×50×5.3mm、約10gとなる。動作保証温度は、-30℃~+70℃だ。価格はオープン。

スペシャルトピックスPR

netscout1908
synology1907
cloudian1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます