ニュース

KDDIとシスコがCisco Spark提供で協業 「会議も電話もフルクラウドに」

文◎坪田弘樹(本誌) 2017.04.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

KDDIとシスコシステムズは2017年4月13日、ビデオ会議等のビジネスコミュニケーションを統合したクラウドサービス「Cisco Spark」の提供について協業を発表した。単なる製品・サービス販売に留まらず、KDDIの音声基盤とCisco Sparkを連携させたクラウドPBXサービスの開発も進める。


KDDIとシスコシステムズが「Cisco Spark」の提供に関して協業すると発表した。

Cisco Sparkは、ビデオ会議、VoIP内線通話、メッセージング等の機能を統合した企業向けのコラボレーションサービスだ。シスコが2015年から提供を始めたもので、PCやスマートフォン/タブレットで音声通話やチャット、ビデオ会議が行えるほか、シスコ製の電話機やテレビ会議端末「Cisco TelePresence」からの接続も可能だ。いわば、ビジネスコミュニケーションのためのプラットフォームと言えるサービスである。

今回の協業では、KDDIが7月からCisco Sparkと、新しいビデオ会議用ハードウェア「Cisco Spark Board」を提供。さらに、Cisco SparkとKDDIの音声基盤を連携させることで、固定電話番号(0AB~J番号)による外線通話と内線通話ができるクラウドPBXサービスの開発も進める。


KDDI取締役・執行役員常務の東海林崇氏(左)と
シスコシステムズ代表執行役社長の鈴木みゆき氏


KDDI取締役・執行役員常務でソリューション事業本部長 兼 グローバル事業本部担当の東海林崇氏は、発表会見で「Cisco SparkとKDDIの音声基盤をつなぐことで、会議も電話も“フルクラウド”で作りたい。これで日本企業の働き方が変わる」と話した。

Spark Boardで、面倒な「会議の事前準備」とはサヨナラ
KDDIとシスコが提供するソリューションにおいて、まず目玉となるのがCisco Spark Boardだ。

ひと言でいえば、タッチ操作で使える“オールインワン”の会議用デバイスである。会議で行われる3つのアクション、(1)資料を投影してプレゼンテーションする、(2)ホワイトボードに書き込みをする、(3)遠隔地とビデオ会議をする、をすべて行える。カメラとマイクがモニターと一体型になっているため余分な配線が不要で、インターネットに接続するためのケーブルを1本つなぐだけで使える簡便さも特徴だ。



Cisco Spark Boardの利用イメージ。資料共有・ビデオ会議、ホワイトボード機能を備える


こう書くと、従来のビデオ会議用端末とは大きな違いがないようにも思えるが、クラウドサービスのCisco Sparkと合わせて使うことで、その違いはより明確になる。会議を始めるまでの準備が格段に簡単になっているのだ。

一般的なビデオ会議では、PCと会議端末をケーブルでつないだり、電話番号やアドレスを入力して他の拠点を呼び出したり、画面に投影したい資料をPCに保存したりなど、様々な準備作業が必要になる。だが、Cisco Spark Boardを使った会議ではそうした面倒な作業が不要だ。

会議でプレゼンを行う人が、Cisco Sparkのアプリを入れたスマートフォンを持ってSpark Boardに近づくと、超音波による無線通信によってそれを認識し、その人のスマホとSpark Boardとでペアリングを行う。これにより、PCからモニターにケーブルをつながなくても、Spark Boardに資料を投影することができる。手元のPCにある資料をインターネット、クラウドを経由してSpark Boardに映すのだ。また、PCを持っていない状態でも、クラウド上に資料が保存されていれば、それをSpark Boardに投影してプレゼンが行える。



発表会見で行われたSpark Boardを使ったプレゼンのデモの様子。
クラウド上に保存されている資料を投影できるため、
PCを持っていない状態でも必要なコンテンツを表示してプレゼンが行える


遠隔地にいるメンバーの呼び出しも簡単だ。上記のペアリングを行った段階で、Spark Boardの画面にはCisco Sparkで普段コミュニケーションしているチームのメンバーが表示される。ここから必要なメンバーをタッチ操作で呼び出して、PCやモバイルから参加してもらうことが可能だ。

遠隔から参加するメンバーとは、ホワイトボードも共有できる。複数のメンバーが同時に書き込みを行うことも可能だ。なお、書き込んだ内容はすべて暗号化される。一筆ごとに異なる暗号化キーを使うため、万一盗聴されても復元はほぼ不可能だ。

そして、ホワイトボードに書き込んだ内容は会議終了後に自動的にクラウドに保存され、チーム間で共有される。次回の会議時に呼び出すことも可能だ。ホワイトボードを写真にとったり、そのデータをメールで参加者に送って共有するといった手間をかける必要はない。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

watchguard1805
scsk1805
jpsecure1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_a
56
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます