キーパーソンが語る

Dell EMCの「オープン戦略」はネットワーク業界を変革するか?

構成◎坪田弘樹(編集部) 2017.04.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ネットワーク業界において、ハードとソフトの分離モデルが浸透し始めている。「オープンネットワーキング」を掲げてこれを推進するDell EMCのアジアパシフィックジャパン担当ディレクターのラグパシー ナラヤナスワミー氏に戦略を聞いた。

 
――Dell EMCのオープンネットワーキング戦略が何を目指しているのか教えてください。

ナラヤナスワミー データセンター(DC)のお客様に、ソフトウェアデファインドなアーキテクチャを展開する能力を持っていただくことが我々の目的です。大切なのは、お客様が既存のインフラを使い続けながら、新しいSDN(Software-Defined Networking)技術も活用できるようにすることです。そのために、オープンシステムによるアプローチを進めています。

要点は3つあります。1つは、オープンスタンダードなハードウェアを提供すること。2つめは、お客様がソフトウェアを自由に選べること。そして最終的に、どのような要件にも応じられる柔軟性を持ったインフラを築いていただくことです。
Dell EMC APJ オープンネットワーキング/SDNソリューションズ担当ディレクターのラグパシー ナラヤナスワミー氏
Dell EMC APJ オープンネットワーキング/SDNソリューションズ担当ディレクターのラグパシー ナラヤナスワミー氏。2014年のデル入社以前は、シスコシステムズやディメンションデータで21年間にわたりネットワーキングソリューション、マネージドサービスに携わった

5種のネットワークOSを選択・載せ替え
――具体的に、どのような製品によって実現するのですか。

ナラヤナスワミー 従来のネットワークは用途ごとに専用のハードとソフト、コントローラで構成されていました。

我々はそこにオープンなエコシステムを実現します(図表1)。お客様は、Dell EMCが提供するオープンな標準ハードにサードパーティ製のOSを載せて稼働させることができます。また、各種のSDNコントローラや、オーケストレーション・自動化ツールとも連携できます。こうすることで、お客様はアーキテクチャを自由に選択してインフラを構築できるようになります。

我々は20年前からコンピューティングの世界でこれを実践してきましたが、それをネットワークでも行っているのです。


図表1 Dell EMCのネットワーキングに対するビジョン:オープン化

図表1 Dell EMCのネットワーキングに対するビジョン:オープン化


――搭載するOSを選択できるホワイトボックススイッチを提供する動きは、他ベンダーにも広がっています。

ナラヤナスワミー その通りです。しかし、Dell EMCほど選択の幅が広いものはありません。

我々のスイッチでは、5つの異なるOSが稼働します。Big Switch Networks、Cumulus Networks、Pluribus Networks、IP Infusion、そしてDell EMC自身のOSが選択できます。我々は、スイッチのプラットフォームまでパートナーに公開することで、この柔軟性を実現しています。

お客様は、用途に合わせてOSを使い分けることで多様なユースケースに対応できるようになります。また、一旦稼働した後も、OSを載せ替えれば同じハードを異なる用途に使えます。

例えばファブリックを構成する場合にも、SDNコントローラからスパイン/リーフスイッチを制御する形態や分散型ファブリック、あるいはオーバーレイ型のファブリックのどの構成も可能です。我々のこの“SDNファブリック”は、OpenStackやVMwareのITオーケストレーションツールとも連携できます。また、AnsibleやPuppet、CFEngineといった主要な自動化ツールとのインテグレーションも可能です。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1810riverbed
ribbon1809
sas1808

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
iot24

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます