ICT×未来

ICT業界 未来シナリオ2017

PBX業界のデジタル破壊が始まる!UC市場はマイクロソフトの一強時代へ

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.01.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ワークスタイル変革を前面に押し出し、
UC市場の主役に躍り出た
日本マイクロソフトの平野拓也社長(右)

Skype for Businessの市場投入から1年半、マイクロソフトは一気にUC市場の主役に躍り出た。2017年以降もこの構図は変わらない。クラウド化を進める同社の戦略によって、PBXビジネスは大転換期を迎える。

 

2016年のユニファイドコミュニケーション(UC)市場は、マイクロソフトが提供するSkype for Business/Office 365の強さが際立った。

同社は詳細なユーザー数を公表していないが、日経225銘柄の企業でマイクロソフトのクラウドを利用する企業は約80%に及ぶ(同社発表)という事実から、その強さを推し量ることはできる。これはOffice 365、Azure、Dynamics CRM Onlineのいずれかを利用する企業の割合を示したものだが、Office 365はその大部分を占めており、少なく見積っても6~7割の企業がOffice 365を使っていると推測される。

プレゼンス、IM、メール/グループウェア、Web会議、SNS、音声通話とコミュニケーション/コラボレーション基盤を包括的に提供し、かつ、オンプレミスもクラウドも、ハイブリッド型のどの形態にも対応できる幅広さを持ったプレイヤーは、UC市場で唯一の存在だ。競合ベンダーがクラウド化で遅れを取るうち、一気にUC市場の主役に躍り出た格好だ。

単独で対抗し得る競合は今のところ見当たらない。UC市場はマイクロソフトの“一強時代”も予想される状況だ。IDC Japanでリサーチ第2ユニットディレクターを務める眞鍋敬氏が「強い。ここ数年で一気に来た」と話せば、ガートナージャパンのリサーチ部門ネットワーク担当リサーチディレクターを務める池田武史氏も「他のUCベンダーにとっては今が最後のチャンス」とライバルの奮起を期待する。

音声のクラウド化は進むかマイクロソフトの優位が強まることで、大きな影響を受けるのがPBX業界だ。

これまでは、Skype for BusinessとPBXを連携してUC環境を作るのが国内企業の典型例だった(図表1)。

 

図表1 Skype for Business/Office 365による音声システムの構成例(1)
図表 Skype for Business/Office 365による音声システムの構成例
SfB:Skype for Business
V-GW:VoIPゲートウェイ

 

だが、マイクロソフトは今後、Office 365にPBX機能も統合し、音声も含めたUCをクラウドで提供する戦略を進めていく(図表2)。これが成功すれば、Skype for Businessとハード型PBXの共存は難しい。

 


図表2 Skype for Business/Office 365による音声システムの構成例(2)
図表 Skype for Business/Office 365による音声システムの構成例
SfB:Skype for Business
CCE:Skype for Business Cloud Connector Edition
V-GW:VoIPゲートウェイ

 

つまり2017年、いよいよPBXビジネスの「デジタル破壊」が本格化する。Office365のユーザーに限らず、すでに電話以外のツールはクラウド上の機能を複合的に利用する形態が主流になっている。PBXベンダーもクラウドを主軸とした戦略へと転換を迫られることになる。

マイクロソフトが挑む「PBXのクラウド化」は、これまでも多くのクラウド事業者が挑みながら、めぼしい成功を収められなかった分野だ。その大きな要因は、ハード型PBXの価格が下がり、クラウド化してもコスト削減効果が生じ難いことにある。池田氏も「PBXのクラウド化には時間がかかる」というのが基本的な見方だ。

ただ、その様相も変わってきている。

まず、PBX自体の価値が低くなった。今やメールやチャット、スマートフォンがあれば仕事はできる。もともと通話料削減のための仕組みだった内線電話も「携帯電話の通話定額化が進むことで不要になる」(池田氏)。むしろ、内線番号に縛られた働き方によってコミュニケーションの効率性が阻害されたり、運用管理が複雑になるという見方さえできる。

これまでのクラウドPBXの大半は、この内線電話番号と保留転送機能、つまり“いままでの電話”を継承しようとして複雑なソリューションになっていたと池田氏は指摘する。だが、電話機能の継承やPBX単体でのコスト比較ではなく、コミュニケーションの効率化という本質的な議論でUCの価値を検討する企業では、クラウドPBXへの移行が加速する可能性は十分にある。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_b
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます