キーパーソンが語る

日本通信 三田社長インタビュー「格安SIMが変えたMVNO市場。次は3キャリアと相互接続で新サービス」

聞き手◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長) 2014.05.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本通信 代表取締役社長
三田聖二氏

携帯電話事業が大手3 社に集約されるなか、モバイル市場拡大の牽引車としてMVNO への期待感が高まっている。日本のMVNOの草分け、日本通信が進めている加入者管理設備HLR/HSSの自社保有は、次の時代のMVNOサービスの基盤となるものだ。三田社長に狙いを聞いた。


――「格安SIM」のヒットでMVNO(Mobile Virtual Network Operator)が改めて注目されています。通信料金の高止まりや行き過ぎたキャッシュバック競争などで携帯電話3社に非難が集まるなか、低価格でスマートフォンが利用できることからMVNOがクローズアップされているわけですが、この製品を2010年に初めて市場投入したのが日本通信でした。


三田 ネットワークが開放されていることを理解してもらうために、それまで携帯電話の中に隠れていたSIMを売り始めました。「SIMって何?」から始まり、パッケージをデザインし、どのような仕組みで、どのように販売するか、ゼロからのスタートでした。

そして、我々に追随する形で各社が参入し、SIM市場は急速に拡大しています。新しいこと、これから形成されることを言葉で信じてもらうのは難しい。まずやってみせる、というのが僕の長年のやりかたです。

――日本通信のSIMは大手スーパーのイオンが力を入れて売っています。

三田 今までも直販サイトや販売代理店を通じて家電量販店でも売られていたのですが、SIM製品は大手流通企業と直接組んで展開するようにしたのです。イオンはその第一弾で、現在は家電量販のヨドバシカメラ、EコマースのAmazonにもイオンと同様に特別仕様の製品を提供しています。これらの会社にとっても魅力的な商材になっているのだと思います。イオンでは4月からLG製の端末とSIMを組み合わせた「イオンのスマートフォン」の展開も始まりました。

レイヤ2接続で格安SIMが実現

――格安SIMを展開しようと考えたのはなぜですか。

三田 動機はいくつかあるのですが、1つは携帯電話事業者がやらない、MVNOでなければできないサービスを実現したかったということです。それともう1つ、これをMVNO業界発展の起爆剤にできるのではないかという思いもありました。

当社は2006年にNTTドコモに対して相互接続による回線提供を求め、2007年に総務大臣の裁定を得て、2008年にドコモの3G網とレイヤ3(IPレベル)での接続を実現しました。並行して総務省とお話しをさせていただき、2007年の「改訂MVNO事業化ガイドライン」にMVNOが通信事業者と相互接続できることが明記されました。

――「卸売」だけでなく、相互接続が可能になったのは画期的なことでした。

三田 そうです。相互接続は通信事業者間の公正競争条件を担保するために作られた制度で、ドコモのように一定以上のシェアや設備を持つ通信事業者(第2種指定電気通信設備設置事業者)には、他の事業者からネットワークの接続を求められた場合に接続義務が課されています。接続料金にも「原価+適正利潤」という縛りがかかります。もちろんサービス内容について事前に接続先の事業者の了承を得る必要はありません。

これに対し、MVNOへの回線提供形態で一般的だった卸売では、料金決定権は事実上キャリアにあります。携帯電話事業者が事前にMVNOからサービス内容を聴取して、自社と競合する恐れがあると考えたら回線提供を拒否することもできます。これではMVNOが多様なサービスを提供するのは困難です。

MVNOが相互接続で回線を調達すればこの状況は一変します。しかし、ガイドラインができても相互接続でドコモと接続するMVNOは当社以外には出てきませんでした。

――ドコモがMVNOを「卸売」に誘導するような施策を進めたと。

三田 そうです。同時にMVNO側にもドコモと事を構えたくないという意識が強かったのではないでしょうか。でも、これではMVNOは本来の役割を果たすことはできません。

そこで「モバイルネットワークは完全にオープンになっている。それを活用すれば有望な事業が展開できる」ことを日本通信が示すことで、状況が変えられないかと思ったのです。

格安SIMはネットワーク側の制御で通信速度を数百kbps程度に抑えることで帯域を多くのお客様に使っていただき、月1000円といった安価な料金を実現したものです。携帯電話事業者にとっては月6000円のLTE回線が売れなくなりますから、やりたくないと思いますが、お客様には非常に喜ばれています。

これを実現するにはIPより下位の「レイヤ2」で接続する必要があるのですが、相互接続でないとこれは認められません。当社は2009年にドコモとレイヤ2接続を行い、翌年SIM事業をスタートさせました。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

三田聖二(さんだ・せいじ)氏

1949年生まれ。73年カナダ国鉄入社。コンレイル鉄道を経て、82年ロングアイランド鉄道の副社長に就任。84年シティバンク エヌ・エイ副社長、87年メリルリンチ証券プロダクトオペレーション担当副社長。89年モトローラに入社し、本社副社長兼日本法人常務取締役。94年アップルコンピュータに入社し、本社副社長兼日本法人社長。96年に日本通信を設立し、代表取締役社長に就任。78年デトロイト大学電気工学科で工学博士課程修了。84年ハーバード大学経営大学院の上級マネージメントプログラム(A.M.P)修了

スペシャルトピックスPR

comarch1806
bmtech1806
iijglobal1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_a
ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます