企業ネットワーク最前線

【ジュエリー☆GSTV】18時間の生放送と戦う現場でiPhoneとクラウドPBXはどう活躍しているのか?

文◎太田智晴(編集部) 2014.01.31

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

ジュエリー業界に急成長している企業がある。宝石専門のテレビ通販チャンネル「ジュエリー☆GSTV」を提供するイマックビーシーだ。GSTVでは毎日18時間の生放送を放映しているが、臨機応変な対応力が不可欠な同社の業務に欠かせなくなっているのがiPhoneとクラウドPBXサービスである。


宝石専門のテレビ通販チャンネル「ジュエリー☆GSTV(ジー・エス・ティー・ビー)」は、朝8時から深夜26時まで、毎日18時間の生放送を行っている。

コールセンターへの入電状況などを踏まえて、東京・新宿の本社オフィスと有明スタジオの間を活発に飛び交う相談や指示――。生放送を支える現場では、いかにスピーディかつ緊密にコミュニケーションできるかが大変重要だが、今や不可欠となったツールがある。昨年6月に導入したiPhoneだ。


GSTV
宝石専門チャンネル「ジュエリー☆GSTV」のWebサイト(http://www.gstv.jp/)。GSTVは、スカパー!やCATVなど約1000万世帯で視聴が可能。また、Webサイトでも番組のストリーミング放送を行っている

製販一体の“一気通貫モデル”への転換で急成長

GSTVの運営会社であるイマックビーシーは、もともとはジュエリーの製造・卸だけを行うメーカーだった。それがテレビ通販の世界にも進出したのは約3年前のこと。宝石専門のテレビ通販会社、ジェムスロンドンに共同出資し、昨年には同社を吸収合併した。

イマックビーシーが製造から販売までを一気通貫で手がけるビジネスモデルに転換した理由について、取締役 経営管理統括の松田憲明氏は「できるだけお求め安い価格でジュエリーをお届けするためです」と説明する。

「ジュエリーの流通過程には、たくさんの中間業者が介在します。ですから通常、皆様のお手元に届くときには、価格が2~3倍にもなっていました。そこで当社は、原石の買付から加工、製造までを自社で行うことで低価格を実現しましたが、一気通貫モデルを完成させるにはもう1つ、“出口”となる販売チャネルが必要です。それでテレビ通販会社を買収したのです」

製販一体のビジネスモデルへの革新によって、2011年度に31億円だった売上は現在では100億円規模に拡大。イマックビーシーは急成長を遂げているが、さらなる成長を支えるツールとして活躍し始めたのがiPhoneである。


イマックビーシー 松田憲明氏
イマックビーシー 取締役 経営管理統括 松田憲明氏。左後ろに見えるポスターに写るのは、GSTVのイメージキャラクターである浅野温子さん


iPhone導入の直接的なきっかけとなったのは、昨年6月のオフィス拡張だった。新宿の本社オフィスのフロア増床に合わせて、iPhone 5を約40台導入した。国内に約200名いる従業員のうち、課長以上に1台ずつ貸与しているほか、課ごとに共有のiPhoneを配布している。


GSTV GSTV
新宿にある本社オフィスには、修理などを行う工房(写真左)や実際に商品を手に取れるショールーム(写真右)もある


携帯キャリアはKDDI(au)を選択した。イマックビーシーの本社は、新宿の高層ビル街という日本有数のトラフィック過密エリアにあるが、その通信品質や後述する法人向けサービスの充実度などが決め手になったという。

 

 

iPhone導入によりPCと同等の仕事環境が“いつでもどこでも”

生放送を提供している同社の場合、緊急性の高いコミュニケーションの割合が非常に多い。その一方で、新宿本社と有明スタジオ間の頻繁な行き来、中国・インド・タイにある現地法人への出張など、移動も多いのも特徴だ。そこに、iPhoneは何をもたらしたのか――。

松田氏がまず強調するのは、iPhoneなら、いつでもどこでもPCと同じように仕事が行えるという点だ。「いわゆるガラケーですと、電話しかできません。しかし、iPhoneがあれば、どこにいてもOutlookのメールや売上データが見られますし、GSTVの生放送もインターネット上のストリーミング配信でチェックできます」。問題は、「24時間いつでも仕事ができるようになってしまったことだけ」と松田氏は笑う。

電話やメールだけでなく、マイクロソフトのユニファイドコミュニケーションサービス「Lync Online」や社内SNS「Yammer」なども同社では活用している。例えば、同僚間のカジュアルな連絡ならLyncのテキストチャット、現場からの提言や悩み相談にはYammerといったように、柔軟に使い分けているそうだ。このように目的に応じた最適な手段でコミュニケーションがどこでも1台で行えるのも、iPhoneを導入したからである。

なお、Lync Onlineは、中国など海外現地法人とのWeb会議にも活躍しているのこと。また、紛失・盗難時の情報漏えい防止など、iPhoneのセキュリティ対策に関しては、KDDIの提供するMDMサービスで利用している。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。