企業ネットワーク最前線

携帯4社の次世代インフラ戦略を読み解く[第4回]

NTTドコモのLTE戦略(前編)――100Mbps化はいつ実現するか?

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2010.05.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

いよいよNTTドコモのLTEサービスが今年12月にスタートするが、2GHz帯をLTEの主力としていること、人口カバー率の低さなど、ドコモのLTE展開シナリオにはいくつか特徴的な点がある。ドコモのLTE戦略を2回にわたって読み解く。

 

2010年12月に日本初となるLTEの商用サービスをスタートさせるNTTドコモは、世界でも最もLTEに意欲的な通信事業者といえる。

その根拠の1つは、LTEが「ドコモ発」の技術であることだ。ドコモは2004年に「スーパー3G」構想を発表、その開発を進めてきたが、このスーパー3Gをベースに3GPPで標準化されたのがLTEである。

スーパー3Gは、現行3Gから4G(ITUで検討中の「IMT-Advanced」)への移行を円滑に進めるための中間的なシステム(3.9G)としてドコモが提唱した通信規格である。IMT-Advancedは、100MHz近い広い搬送波幅の利用を可能にするOFDMAを基盤とし、MIMOなどの技術も駆使することで、1Gbpsクラスのモバイルデータ通信を実現するものだ。スーパー3Gは、こうしたIMT-Advancedの技術要素を用いたうえで、現行の3G帯域にも導入可能なシステムとして考案され、さらにIMT-Advancedと共通運用することが想定されていた。ドコモの次世代インフラ戦略は、このコンセプトを踏まえたものである。

W-CDMA/HSPAを導入している欧州の通信事業者の多くは、HSPA+やDC-HSDPAなど3.5Gの発展システムを経て、LTEへの更新を進める意向である。これに対して、ドコモはそうしたステップを踏まず、直接LTEに置き換えるアグレッシブな展開を計画しているのだ。

ただし、早期の実用化を優先した結果、ドコモ単独でのシステム立ち上げとなり、後日、世界標準とのズレを埋めるための設備改修を余儀なくされたW-CDMAの教訓をLTEでは踏まえている。ドコモは標準化や相互接続性の確保などの活動に力を注いでいるほか、商用化の時期についても欧米の先行グループと歩調を合わせた。

2GHz帯をメインバンドとして選択した2つの理由

ドコモの次世代インフラ戦略の特徴は、2GHz帯をLTEの主力バンドとして想定している点である。2GHz帯は3Gの世界共通バンドで、ドコモはこの帯域を中心にW-CDMA/HSPAのサービスエリアを整備している。

海外では、2GHz帯にHSPAの高度化システムを導入する動きが主流となっており、現時点で2GHz帯でのLTE本格展開を表明しているのは、世界でもドコモだけだ。

ドコモがLTEの主力バンドに2GHz帯を選択した理由には、大きく次の2つが考えられる。

1つはネットワーク容量を確保できること。ドコモは2001年に2GHz帯でW-CDMAによる3Gサービス「FOMA」をスタートしたが、PDCの主力帯域である800MHz帯に比べ2GHz帯は伝搬特性が劣ることから、不感地対策のために都市部を中心に多数の基地局を設置することを迫られた。ドコモの2GHz帯の基地局数4万5000以上は、通話エリアへの評価が高いKDDIの旧800MHz帯基地局数の実に3倍強に相当する。

ドコモはこの高密度の基地局配置をHSPAのデータ通信容量の拡大につなげる戦略を採っており、さらに基地局には一般的な3セクター構成の倍近い容量が得られる6セクター構成を採用している。ドコモはこうして実現した大容量インフラを生かし、KDDIやソフトバンクに先駆けて、映像系サービスやPC向けのデータ通信サービスの本格展開に踏み切っている。この基地局群をLTE化することで、圧倒的な競争力を持つインフラが実現できるのだ。

もう1つは帯域幅である。ドコモが3Gを展開している帯域のうち、新800MHz帯と1.7GHz帯は割当幅が各15MHz幅だが、2GHz帯には唯一20MHzの連続した帯域幅がある。そのため、将来フルスペックの下り173Mbps(端末規格上は150Mbps、以下括弧内の伝送速度は同様)のデータ通信を実現できる可能性があるのだ。LTEのエバンジェリストであるドコモにとってこれは重要なファクターとなる。

W-CDMA/HSPAを現在運用中の2GHz帯にLTEを導入できるのは、LTEの周波数利用効率がHSPAの3~4倍と高いためだ。LTEによる高速化に伴い大幅にトラフィックが増えなければ、ユーザーをLTEに移行させることで同一帯域に数倍のユーザーを収容できる。LTEはW-CDMA/HSPAと同じ5MHz幅にも対応するので、こうした運用が容易に行えるのである。この手法はドコモがスーパー3Gの構想を発表した当初から考えられていたものだ。

その意味では、2009年6月に割り当てられた1.5GHz帯は、ドコモにとって「想定外」の帯域であり、その役割はLTEトラフィックの受け皿として、2GHz帯を補完するものにとどまる。とはいえ、もちろん新帯域の利用によるキャパシティの拡大はドコモのサービスの可能性を広げることになる。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

extreme1910
zscaler1911
paloalto1911

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ローカル5G最前線!
[Part1]ローカル5G免許を取得する [Part2]ローカル5G制度の今後 4.5GHz帯は屋内限定が有力 [Part3]ローカル5GはWi-Fi 6とどう違う? [Part4]ローカル5GのコアNWの導入形態 [Part5]ローカル5Gの無線アクセスの選び方

[インタビュー] 大阪大学教授 三瓶政一氏「ローカル5Gの本質とは? 4Gとは違い、日本に勝つ能力」 [ソリューション特集]Web会議は「3強」時代へ/シングルサインオン&特権ID管理 [IoT/M2M]オートバックスのIoT戦略 [イベントレポート]MWC Los Angeles ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます