キーパーソンが語る

NTT西日本 大竹社長インタビュー「好調フレッツの先の“光離れ”に危機感」

聞き手◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長) 2011.08.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTT西日本 代表取締役社長
大竹伸一氏

「フレッツ光」の好調により2009年度以降、2期連続増益のNTT西日本。ここにきて、「家デジ」「光×Wi-Fi」「クラウド」と新機軸を打ち出している。電力系事業者など競合他社と激しい競争を繰り広げているなか、今年6月には環境分野にも参入した。大竹伸一社長は「事業の柱を増やしたい」と新事業の開拓に意欲を見せる。


――2011年3月期の決算は、「フレッツ光」などIP系サービスの好調により、大幅な増益となりました。


大竹 確かに昨年度は好決算でしたが、未来もバラ色かというと決してそうではなく、私はむしろ今後の経営に危機感を持っています。

フレッツ光の加入者は5月末時点で約670万で、今年度は80万増えると見込んでいます。しかし、このまま普及率が上がっても、若年層は携帯電話に流れて固定離れが進むと、加入者は900万~1000万程度で頭打ちになってしまいます。その頃には電力系事業者やKDDI、ソフトバンクなど競合他社との間で、既存の加入者を取り合うゼロサムゲームになると見ています。

「家まるごとデジタル化」で周辺事業拡大

――IP系サービスが営業収益の3分の1を占めるまでに拡大していますが、新たな収入源が必要になるということですか。

大竹 私は収益構造について、「A×B+C」という言い方をしています。Aは加入者数、Bは1人あたりの加入者がサービスに対してお支払いいただく金額つまりARPUのことであり、CはARPU以外の事業収入を意味します。

従来は定額制のIPサービスの加入者を増やすことで収益を伸ばすビジネスモデルで、実際、現状ではIP系サービスが主な収入源です。しかし、ある程度まで普及が進んだ段階からは、BのARPUを伸ばすとともにCに該当する周辺事業を広げていかなければなりません。地域会社として今後どのように収入を増やしていくかが最大の課題で、2~3年後を見据えて今からいろいろ仕込んでいます。

そうした取り組みの1つが、昨年から提唱している「家デジ」です。これは「家まるごとデジタル化」の略称で、ネットワークですべての機器、すべての人をつなぎ、「デジタル技術の進歩が、すべての人に役立つ社会」の実現を目指すサービスです。お客様のニーズや生活スタイルに合わせ、「エンターテインメント」「コミュニケーション」「セキュリティ」「ヘルスケア」など6つのコンセプトにより展開します。離れて暮らす親の安全を見守ったり、別々の場所にいる3者間で通話ができるといったサービスを提供することで、ARPU向上も期待できます。

お客様の価値観が多様化し、何か1つの商品が爆発的にヒットする時代ではなくなっているので、これからもどんどんメニューを増やしていく予定です。

――固定電話離れが進んでいますが、家庭向けに新たなサービスを打ち出すことで、再び御社の存在感が高まるのではありませんか。

大竹 その通りです。まさに、家庭がキーワードになると思います。というのも、当社はお客様の近くに拠点があり、そこに技術者も置いている地域密着型が特徴です。なかでも当社のように、西日本の津々浦々まで拠点を持っている会社は他にはありません。

また、数年前までは、ITリテラシーの高い方が自分で設定して家庭内でデジタル機器を利用していましたが、今は「使いたいけれど、設定はお任せしたい」という方が増えています。その意味で、家デジはポテンシャルが高いと思っています。昨年度の売上高は約100億円でしたが、今年度はメニューが揃ったので倍増を見込んでいます。さらに2015年までには1000億円規模に成長させたいと考えています。

――同じくコンシューマー向けでは、フレッツ光とWi-Fiを組み合わせた「光Wi-Fi戦略」を展開していますね。

大竹 スマートフォンやタブレット端末は非常に便利で、もはや生活に欠かせなくなっています。これらWi-Fiに対応したモバイル端末による通信を家の中ではフレッツ光に取り込み、外出先では公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」を利用してもらおうという狙いがあります。

今年4月からは無線LANカード等のレンタル料金と無線LAN対応ホームゲートウェイ設置工事費を値下げし、利用しやすい環境を作っています。また、フレッツ・スポットの月額利用料は840円からですが、もう少し安く接続できるようにすることも検討しています。

LTEをはじめ無線でも高速化が進んでいますが、電子書籍のコンテンツを自宅でフレッツ光でダウンロードし、外出先で読むなどWi-Fi対応機器を固定網で利用する方法を提案していくことで、“光離れ”を防がなければなりません。

 

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

大竹伸一(おおたけ・しんいち)氏

1971年3月京都大学工学部電気工学科卒業。同年4月日本電信電話公社入社。2000年8月日本電信電話株式会社理事第二部門長。02年6月エヌ・ティ・ティエムイー東京代表取締役社長。04年6月西日本電信電話常務取締役ソリューション営業本部長。06年6月同代表取締役常務取締役ソリューション営業本部長。同年7月同代表取締役常務取締役戦略プロジェクト推進本部長ソリューション営業本部長兼務。07年6月同代表取締役副社長戦略プロジェクト推進本部長。08年6月同代表取締役社長、現在に至る

スペシャルトピックスPR

soltec2001
zscaler1911
paloalto1911

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2020
[Part1]3段階で進化する5G [Part2]ローカル5G急発進の可能性 [Part3]Wi-Fi 6の普及はハイペース [Part4]「飛び過ぎない」Li-Fiで通信 [Part5]LPWAは大規模導入期に [Part6]ドローンの携帯電波利用が解禁 [Part7]高まる有線IoTの存在感 [Part8]量子時代は暗号通信も進化

[インタビュー] NTT 取締役 研究企画部門長 川添雄彦氏「インターネットを超えるIOWN」 [ソリューション特集]学校ネットワーク/クラウド閉域接続 [ビジネス最前線]NTTコム、ローカル5G参入の狙い ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2019 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます