キーパーソンが語る

富士通 大谷常務が語る携帯電話戦略「ドコモとauでトップ取り国内1位へ」

聞き手◎土谷宜弘(月刊テレコミュニケーション編集長) 2011.01.31

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

富士通 執行役員常務
ユビキタスプロダクトビジネスグループ長
大谷信雄氏

2010年に携帯電話事業を統合した富士通と東芝。富士通本体はNTTドコモ、新会社はauとソフトバンクモバイルと3キャリアに対応する。執行役員常務で新会社の代表取締役社長も務める大谷氏は、出遅れたスマートフォンを強化するとともに、au向けの台数を増やして国内シェア1位を目指したいと意気込みを見せる。

――2010年10月、富士通と東芝の携帯電話事業が統合し、富士通東芝モバイルコミュニケーションズが発足しました。代表取締役社長の立場から、統合の成果をどのように見ていますか。

大谷 富士通はもともとNTTドコモ向けの携帯電話だけですが、東芝はauを中心にソフトバンクモバイル向けにも端末を作ってきました。昨年からは、Windows Mobileのスマートフォンをグローバルも含めて展開しています。技術面では、富士通はセキュリティやセンサーに力を入れており、東芝は液晶テレビ「REGZA」に代表されるように映像系に強みがあります。

このように、ざっと見渡してもお互いにかぶっている部分がありません。その一方で、富士通はドコモとSymbian、東芝はauのKCP+と、プラットフォームを開発している点が共通しています。また、販売代理店の取り扱い上位3社が同じで、代理店関係者には非常に喜んでいただいています。まじめな社風も似ており、いい相手と一緒になったという印象を深めています。

――現場での統合は順調に進んでいますか。


大谷 富士通の携帯電話事業のメンバーは、PCやワープロ、プリンターなど他の事業から集まってきた“寄せ集め”です。新たに東芝からメンバーが来ても何の違和感もありませんし、受け入れる土壌ができています。今のところは非常にいい具合に動いています。

――NECは携帯電話事業を分社化してカシオ日立モバイルコミュニケーションズと統合しました。富士通は携帯電話事業を本体に残し、東芝の携帯事業を傘下に置いた形ですが、どのように事業のすみ分けを図るのですか。

大谷 富士通の携帯電話事業はそのままで、引き続きドコモ向けに携帯電話を供給します。従来、東芝がドコモ向けに納めていた機種は富士通の名前で出します。新会社ではauとソフトバンク向けにビジネスを行います。富士通はドコモ向けでシェアトップです。東芝もかつてはau向けでシェアトップだったので、その水準まで回復すれば、国内の出荷台数で1位になることも不可能ではないはずです。

“四重苦”を乗り越える

――東芝の防水機能を搭載したスマートフォンがドコモとauから発売されます。富士通の技術力を活かしたスマートフォンを期待して待っているユーザーも多いのではありませんか。

大谷 富士通がやや遅れを取っているスマートフォン事業をリカバリーさせることも、東芝を買収した目的の1つです。スマートフォン事業の統合により開発者が一気に100人ほど増えるので、スマートフォン開発を加速させたいと考えています。2011年夏には「Fブランド」のスマートフォンを発売できると思います。

――国内の端末メーカーはスマートフォンへの対応で遅れを取ってしまいましたが、何が原因だったのですか。

大谷 スマートフォンは、我々の予想を上回る速さで普及が進んでいます。国内メーカーは油断したわけではないのでしょうが、やや後手を踏みました。当社も含めてPC事業を手がけているメーカーは、「AndroidやWindowsはやる気になればできる」と高をくくっていたところがあります。我々にとっては、フィーチャーフォンの方がよっぽど開発にパワーが必要だからです。とはいえ、今後はスマートフォンにも本腰を入れて取り組んでいきます。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

大谷信雄 (おおたに・のぶお)氏

1975年4月富士通入社。2000年12月モバイルフォン事業本部統括営業部長。05年7月モバイルフォン事業本部長代理。07年6月常務理事モバイルフォン事業本部副本部長。09年6月常務理事モバイルフォン事業本部長。同年10月執行役員(兼)モバイルフォン事業本部長(兼)ユビキタスプロダクトビジネスグループユビキタスビジネス戦略室長。2010年4月執行役員常務(兼)ユビキタスプロダクトビジネスグループ長(兼)ユビキタスビジネス戦略室長。同年10月執行役員常務(兼)ユビキタスプロダクトビジネスグループ長、現在に至る

スペシャルトピックスPR

attokyo2001
yamaha2001
soltec2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2020
[Part1]3段階で進化する5G [Part2]ローカル5G急発進の可能性 [Part3]Wi-Fi 6の普及はハイペース [Part4]「飛び過ぎない」Li-Fiで通信 [Part5]LPWAは大規模導入期に [Part6]ドローンの携帯電波利用が解禁 [Part7]高まる有線IoTの存在感 [Part8]量子時代は暗号通信も進化

[インタビュー] NTT 取締役 研究企画部門長 川添雄彦氏「インターネットを超えるIOWN」 [ソリューション特集]学校ネットワーク/クラウド閉域接続 [ビジネス最前線]NTTコム、ローカル5G参入の狙い ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2019 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます