キーパーソンが語る

ワイヤレスジャパン 2019/ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2019 基調講演レポート

ケータイ3社が語った「5G商用化」への課題と対策

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2019.05.30

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

ワイヤレスジャパン 2019/ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2019の共同基調講演「5G到来!ワイヤレスによるデジタル革新へ」で、KDDI、NTTドコモ、ソフトバンクのケータイ3社の技術担当者が、来春に迫った5G商用展開に向けた取り組みを語った。エリア構築やサービス提供ための技術、コストなど、実用化に向けた課題や対策も見えてきているという。

ソフトバンク湧川氏「成層圏基地局の活用でどこでも使える5Gが可能に」ソフトバンク 先端技術開発本部 本部長の湧川隆次氏は、5Gが4G/3Gと異なる点として、「サービスを提供するためのネットワーク」であることを挙げた。「5G時代には回線を売るのではなく、サービスを買っていただき、その裏に5Gがあるという世界が来ると考えている」と湧川氏は述べた。

ソフトバンク 技術戦略統括 先端技術開発本部 本部長 湧川隆次氏
ソフトバンク 技術戦略統括 先端技術開発本部 本部長 湧川隆次氏



ソフトバンクは、2018年から5Gの実証実験に取り組んでおり、現在は2019年のプレサービスに向けて準備を進めているという。商用サービスの開始は2020年3月の予定だ。「最初は都市部などに5Gの基地局を打っていく。5G端末が普及しないとインフラだけ整備しても意味がないので、端末の浸透率とサービスの登場を見据えて高度化を進めていく」とのこと。

ソフトバンクの5G展開計画
ソフトバンクの5G展開計画


 
湧川氏は、ソフトバンクの5Gの取り組みを、同社が力を注いでいる超低遅延通信のトライアルを中心に説明した。

その1つが、日野自動車と行っている隊列走行の取り組みだ。将来的には新東名高速道路などを使って、運転手が先頭の車両だけに乗務して、無人の車両が追随して走行する隊列走行を実現することを目指している。

隊列走行の実現に向けトライアルが行われている5Gによる車車間通信
隊列走行の実現に向けトライアルが行われている5Gによる車車間通信


 
これを実現するには、映像や操縦指示などを車両間で直接やりとりする車車間通信が必要となるが、ソフトバンクでは車両間通信で遅延時間片側1m秒を実現しているという。

実用化には、ビームフォーミングで絞り込んだ電波の方向がカーブなどで外れてしまう問題への対応が必要となるが、ソフトバンクでは、方向によって電波の強さが変化しにくいヌルフィル化アンテナを開発することで、この問題をクリアしたという。

5G基地局のエリア外で、車車間通信を実現するのは技術的にハードルが高いが、すでにこの問題もクリアしているとのこと。

HAPSMobileのコンセプト
HAPSMobileのコンセプト



湧川氏は、講演の後半で「MONET」と「HAPSMobile」を紹介した。「これらは5Gと密接な関係がある」という。

MONETは、ソフトバンクがトヨタと展開するMaaS(Mobility as a Service)で、自動運転車のe-Paletteにより、多様なサービスの展開が計画されている。これには前述の車車間通信などの技術がフルに活用されることになる。

HAPSMobileは成層圏に無人機を飛ばし、これを基地局とした移動通信サービスの提供を目指している。1機のカバーエリアは半径200km、日本全土を40局でカバーできるという。

湧川氏は、日本では面積で40%程度、携帯電話が使えないエリアが残っており、HAPSMobileと組み合わせることで、どこでも使える5Gが実現できるとした。

ただし、緯度の関係で日本では太陽電池で十分な電力が得られないため、ソフトバンクでは、HAPSMobileを当面海外で事業化する計画。国内での展開はやや先になりそうだ。
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。