ビジネス・企業

通信キャリアに無い“強み”を持つColtのネットワーク――広帯域サービスに大規模投資

文◎唐島明子(編集部) 2016.10.25

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Coltテクノロジーサービスは2016年10月25日、大規模な投資を行って国内のネットワーク基盤を刷新・増強し、広帯域サービスを拡充すると発表した。「広帯域」と世界中に張り巡らされた「自前のネットワーク」を差別化要素として、顧客数の倍増を狙う。


「『広帯域のColt』というブランドネームを確立したい」――。こう述べるのは、Coltテクノロジーサービス 代表取締役社長の日置健二氏だ。

同社は国内のネットワーク基盤を刷新・増強する。Colt CEO カール・グリブナー氏は、「これから8~9カ月かけて大規模な投資を行い、広帯域ネットワークを敷設する」と明らかにした。

(左から)Colt最高経営責任者のカール・グリブナー氏、Coltテクノロジーサービス代表取締役社長の日置健二氏、同社執行役員アジアプロダクトマネジメント本部長の星野真人氏

投資金額は非公表だそうだが大きな決断をした様子で、日置氏は「金額を公表したいくらい」と言う。

東京・大阪間は日本で最もビジーな回線大規模投資で強化されるのは、①東京や大阪のサービスエリア拡張と容量拡大、②東京・大阪間のバックボーン強化、③海底中継所の接続追加など。

まず①は、これから6~8カ月かけて、東京と大阪のサービスエリアを1.5倍に拡大し、それらのエリアにおける通信容量を10倍にするという。

都市部のキャパシティは10倍に増強する

次に②東京・大阪間のバックボーンにおいては、既設の海側のルートは容量を2倍に増強するほか、山側のルートを新設するという。「東京と大阪を繋ぐバックボーン回線は、日本の中で一番トラフィックが多いところ。そこを太くして、最もビジーなネットワークの需要を取り込んでいく戦略」と日置氏は説明する。


山ルートを新設し、海ルートの通信容量は2倍に拡張

さらに③海底線中継所は、従来からある志摩、豊橋、千倉に、新しく丸山海底線中継所を加え、合計4カ所にするという。「今まで千倉は、シングルのバックボーンで繋げていた。しかし千倉に近いロケーションの丸山が加わることで、ネットワークをリング化してプロテクションできるようになる」と、Coltテクノロジーサービスの星野真人氏は述べる。

新設する丸山海底線中継所は、今年の年末年始にかけて、アメリカやアジアとつながる海底ケーブルができる予定だという
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

synology1907
cloudian1907
nec1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます