企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

ジュニパーが今年も「Japan Summit」をオンラインで開催! テーマは「エンタープライズDX」

提供◎ジュニパーネットワークス株式会社 2021.11.25

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

ジュニパーネットワークスは今年も同社主催のオンラインイベント「Juniper Virtual Summit for Japan(以下、Japan Summit)」を開催する。本イベントのテーマは「エンタープライズDX」を支えるネットワーキング。DX推進に取り組んでいる企業にとって、役に立つヒント満載の、見逃せないイベントとなりそうだ。


エクスペリエンスファーストネットワーキング(体感を最優先したネットワークの構築・運用)のビジョンのもと、クラウド・AI・5G時代のネットワークとセキュリティソリューションを提供するリーディングカンパニー、ジュニパーネットワークスは12月14日(火)13時より「Japan Summit」を開催する。今回のテーマは、「エンタープライズDXを支えるネットワーキングのあるべき姿-セキュリティからクラウド、AIOpsまで」。

現在、多くの企業が業務プロセスの改善や競争力の強化、コスト削減などを目指しデジタル変革(DX)に取り組んでいる。その実現のための重要な要素の1つが「ネットワーク(DXインフラ)」である。ではDX実現をするためにはどんなネットワークが求められるのか。ポイントとなるのが、「つながる」ことはもちろんだが、「使いやすさ(体感、構築・運用のしやすさ)」である。

使いやすいネットワークを実現するため、ジュニパーでは「AIを活用したネットワーク構築・運用」「ワイヤレス・ファースト」「運用の自動化・オープン化」という3つのキーワードを掲げ、企業のDX実現を支援するネットワークソリューションの開発・提供に取り組んでいる。

今回のイベントでは、そんなジュニパーが考えるDX実現のために「必要とされるネットワーク」のあるべき姿および技術動向に加え、企業が目指すべきデジタル化の方向性、さらには経営課題からみたDXの必要性など、DXを推進する企業、DX時代を生きるネットワーク技術者にとって興味深い講演・セッションが多数、予定されている。

基調講演/特別講演にはDXの第一人者3名が登壇注目の基調講演は2本。最初に登壇するのは、デジタル庁シニアネットワークエンジニアも務める、東京大学情報理工学系研究科の関谷勇司教授。「上辺だけのDXに潜む罠」というタイトルで、IT基盤やセキュリティ対策など、DX推進において忘れがちなポイントを解説する。2本目の基調講演には全日本空輸(ANA) デジタル変革室 イノベーション推進部長の野村泰一氏が登壇し、「ニューノーマル時代のDX」というタイトルで、ANAにおけるDXの取り組み事例を紹介する。

続いて特別講演では、デンソー 執行幹部 モビリティシステム事業グループ DX推進担当兼クラウドサービス開発部長の成迫剛志氏が登場。「デジタルを前提に現状を再構築する」というタイトルで、経営課題から見たDXの必要性、およびDXやソフトウェアファースト、アジャイルなど、目的化しがちな取り組みについて、その本質と推進のための体制に関する話をするという。

このように今回のイベントはDXの第一人者3名の話を、会場に足を運ぶことなく聴講できる、またとない機会だ。

 

日本のエンタープライズDXを推進する第一人者が揃う

日本のエンタープライズDXを推進する第一人者が揃う(画像クリックで拡大)

 

AIOps、ゼロトラスト、SASE…注目キーワード目白押しのブレークアウトセッション見どころは基調講演や特別講演だけではない。15時から一斉配信されるブレークアウトセッションも見逃せない。ブレークアウトセッションは「アフターコロナの企業IT」、「次世代の運用DX」、「セキュリティ」という3つのテーマ別に、3本ずつセッションを用意。

例えば「セキュリティ10大脅威に対する効果的なアプローチ」では、情報通信研究機構 サイバーセキュリティ研究所 サイバーセキュリティ研究室 主任研究技術員の遠峰隆史氏が登壇。年々巧妙化するサイバーセキュリティの脅威への対応策について話をする。また「ゼロトラスト セキュリティの作り方」、「クラウド時代のセキュリティ」のセッションでは、SASE(Secure Access Service Edge)とクラウド/データセンターセキュリティについて最新情報が届けられる。

もちろん、アフターコロナの企業ITトラックでも、「AIOps」や「ワイヤレス・ファースト」「SD-WAN」、次世代の運用DXでは「標準技術によるオープンアーキテクチャ」「自動運転データセンター」など、今注目のキーワードに関するセッションが予定されている。

ブレークアウトセッションは時間になると一斉に開始されるので、興味のあるセッションから好きな順番で見ることができる。1本は20分ほど。時間があれば1時間30分で全部聴講できる。

いずれのセッションも最新の情報が語られる。ネットワーク関係者はもちろん、DX推進を担当している方、何か1つでも気になるキーワードがある技術者の方は、登録は無料なのでぜひ参加してほしい。きっと有益な時間が過ごせるはずだ。

<Juniper Virtual Summit for Japan>
日程:12月14日(火) 13:00開催
詳細・申込はこちら
https://juniper-jvs2021-md-2.splashthat.com/

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

ntt002
ntt001
viavi2204

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gと未来

<Part1> 6G最新動向 <Part2> 6Gと知財・標準化
<Part3> 6Gとエネルギー問題 <Part4> 通信事業者のメタバース
<Part5> 6G時代のサイバー攻撃


インタビュー国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 未来ICT研究所長 和田尚也氏「量子ICTやバイオICTなど従来と全く違う発想で未来拓く」 【ソリューション特集】ミリ波の弱点を克服/5G時代を支える光ソリューション ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。