ニュース

IIJ America、「Cato Cloud」を「SASEプラットフォームサービス タイプC」として北米市場に提供開始

文◎business network.jp編集部 2021.04.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

インターネットイニシアティブ(IIJ)の100%子会社であるIIJ Americaは2021年4月19日、Cato Networks社と提携し、同社のSASEプラットフォーム「Cato Cloud(ケイトクラウド)」のマネージドサービスを「SASEプラットフォームサービス タイプC」として提供開始すると発表した。

同サービスは、Cato Cloudの導入、設定から運用までをワンストップでサポートするフルマネージドサービスで、IIJ Americaは日系企業を含め、北南米に拠点を持つ企業を対象に販売する。


 提供イメージ

米国においても新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けてテレワークを余儀なくされる状況にあり、快適かつセキュアなリモートアクセス環境を導入したいという要望が増えている。一方、従来型リモートアクセスサービスの導入には、ある程度の導入期間と計画が必要で、特にIT専任者がいない企業では短期間での導入が難しいのが現状だ。さらに、アクセス速度とセキュリティの両立も求められることから、IIJ Americaではこれらの要望に対応できるCato Cloudをフルマネージドサービスとして提供することにしたという。

企業は同サービスを利用することで、セキュアなリモートアクセス環境を容易に構築でき、遠隔拠点にある端末の一元管理も可能になる。IIJ Americaの専任エンジニアが、企業の要件に合わせて端末のレンタル、セキュリティポリシーの設定など導入から運用まで一連の作業を代行するため、企業は短期間でSASEプラットフォームを導入することが可能だ。

モバイル端末は世界65カ所以上に設置された接続ポイント(PoP)から最寄りのPoPを自動選択し、SASEプラットフォームに接続する。SASEプラットフォームが稼働するCato Cloudのグローバルプライベートバックボーン内で最適経路が適用されるので、世界中のどこからでも快適に社内データやクラウドサービスにアクセスできる。モバイル端末とPoP間の接続は2要素認証、シングルサインオン、暗号化等のセキュリティで保護される。また、拠点に専用エッジ端末(Cato Socket)を設置することで、容易に拠点全体をSASEプラットフォームに接続することができる。

企業は、つなぎたい拠点・ユーザーをSASEプラットフォームに接続するだけでサービスを利用可能で、接続された全拠点をリモートで一括管理を行える。拠点に設置したエッジ端末とすべてのモバイルユーザーの接続ポリシーやセキュリティポリシーを一元的に設定することが可能で、企業は専用の管理画面からネットワークの利用状況や運用状況をリアルタイムで確認できる。企業の要件に合わせて、初期設定や運用中の設定変更もIIJ Americaのエンジニアがリモートで行うため、インフラ運用の負荷とコストが軽減される。

料金は、初期費用が1440ドル~、月額費用が430ドル~。なお、IIJ Americaは、Cato Networks社から「Cato Distinguished Support Provider」認定を受けており、SASEプラットフォームの管理、分析、障害対応の専門スキルを有しているという。

スペシャルトピックスPR

vmware21052
hitachi2103
nttcom2103

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】シン・ネットワーク
    コンバージェンス

<Part1>5G FMCは2023年始動へ <Part2>IP・光融合に好機到来 <Part3>ホームNWと企業は融合する <Part4>DXへ企業・キャリア融合 <Part5>5GCをコアにスマート工場

インタビュージュニパーネットワークス 古屋知弘社長「5G時代はマルチベンダー AI自動運用をレベル4以上へ」 【ソリューション特集】通信で変わる未来の建設現場 【技術&トレンド】オープン化でSONiCが選ばれる理由 【ビジネス最前線】JTOWERの「本気度」 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

マクニカ先進4社はネットワークのオープン化で何を得たか?

IIJ、ヤフー、KADOKAWA、ブロードバンドタワーに学ぶ理由と成果

アライドテレシスNWの中心はLANからWANへ
学校に見る、次世代WANの作り方

次世代WANの在り方について学校を例にアライドテレシスが解説する。

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

GlobalMeetウェブキャストウェビナーツールの新・選択肢!

セミナーや決算発表も今やオンライン! ソフトバンクならウェビナー初心者から経験者まで満足できる。

日本シエナコミュニケーションズ OTTで始まったDCI次世代トレンド 鍵は「身近になったROADM」

今、データセンター間接続(DCI)の最前線で何が起こっているのか。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareのネットワークビジョン「Virtual Cloud Network」

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

アライドテレシスニューノーマル時代のWANとは?
インテントNWをアライドが実現

テレワークの拡大に伴って、企業WANに変化が訪れている。

ヤマハヤマハネットワークに溶け込むUTM
メーカー直通のサポート窓口も

中堅・中小市場で大きなシェアを誇るヤマハが新たにUTMをリリース!

NTTコムオンライン対面業務のオンライン化を実現する
B2C向けスマホビデオ通話サービス

サポートセンターなど一般消費者との接点のオンライン化も進めよう!

東京エレクトロンデバイスMicrosoft 365の負荷を最小限に
Citrix VDIに“最高”のSD-WAN

ファーストパケットからブレイクアウト可能なSD-WANだから違う!

日商エレクトロニクスコロナ後への備え Cisco SD-WANが企業WANを次のステージへ

新しい働き方を実現する要にCisco SD-WANはなる!

NVIDIANVIDIAが一大イベント「GTC」
テレコムの最前線がここに!

通信業界に少しでも関わる人なら見逃せないセッションが目白押しだ。

日立国際電気ローカル5Gに無線・映像のDNA!
エッジで映像処理するAIカメラ

日立国際電気がローカル5Gの構築から保守運用までサポート!

NTTコミュニケーションズ高品質ローカル5GでDXを強力支援
運用、データ活用もワンストップ!

NTTコミュニケーションズのローカル5Gソリューションの特徴とは?

OKIローカル5GとAIエッジがDXに導く
OKIの技術力/パートナーをフル活用

ローカル5Gの導入から運用、マイグレーションまで全方位で支援する。

ローカル5Gを牽引する純国産検証機
スマート工場に特化し低価格を実現

エイビットのSA構成を採用した日本初の4.7GHz帯ローカル5G検証機

マイクロフォーカスキャリアの運用現場を知り尽くした
マイクロフォーカスが語る現状と未来

5G時代、大きな変化を迫られる通信事業者。課題をどう解決すべきか?

VMware SASE脱プロキシもVMware SASEで簡単

クラウドから1画面でネットワークとセキュリティ管理、そしてゼロトラスト実現へ

アンリツローカル5Gのサービス品質を支えるアンリツの測定器

シミュレータやエリアスキャナをコアにローカル5Gに必要な製品を用意

SerivceNow5G/IoT時代、通信キャリアに必要な新たなサービス提供とは?

新たなサービス創出に必要なモデルとは何だろうか。

ヴイエムウェアVMwareの次世代脅威対策とは?
データセンター内もゼロトラスト

ハイパーバイザーにFWやIDS/IPSを分散配置し、East-West通信も防御

パロアルトネットワークステレワーク時代に注目を集める“SASE”とは

ログを一元管理! 脱プロキシも実現。パロアルトの「Prisma Access」でセキュリティの課題解決。

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます