ニュース

KDDIら、IoTで森林管理を効率化する実証実験

文◎business network.jp編集部 2019.08.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

KDDI総合研究所、KDDI、常葉大学、国土緑化推進機構は2019年8月21日、IoTを活用した森林管理効率化に関する実証実験を開始すると発表した。

実証実験では、静岡県内の植林地域に広範囲に設置された防鹿柵を、IoTにより低コストで遠隔監視する手法の確立を目指す。実験は8月から開始する。

近年、日本での鳥獣による森林の被害面積は全国で年間約6000haに及ぶと言われ、林業に深刻な影響を与えている。静岡県内の植林地域では、特にシカによる植林の食害被害が増えており、防鹿柵による侵入防止などの対策が講じられているが、防鹿柵が破損していないか、その定期的な見回りが負担となっていたという。

そこで、植林地域を囲う防鹿柵に振動検知センサーを一定間隔で設置。振動原因をAIにより推定する手法を検証する。また、今回、実証実験を行う植林地域は、モバイル通信のエリア外であることから、BLEとWi-Fiによるセンサーネットワークを構築している。

振動検知センサーデバイスは省電力回路を採用しボタン電池で、センサーネットワークを構成する装置はソーラー発電で動作するため、商用電源のない場所でも常時監視できるという。

システム構成図
システム構成図

スペシャルトピックスPR

cloudian1907
nec1907
netscout1908

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます