ビジネス・企業

シスコが宇宙ビジネスの共創拠点「イノベーションハブ」を日本橋に開設

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.04.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコシステムズは2019年4月18日、宇宙ベンチャーや異業種企業との交流を目的としたオープンイノベーション拠点として「Cisco Innovation Hub」を開設した。場所は、JAXAや、Space BD等の宇宙ベンチャーも入居する、東京・日本橋の宇宙ビジネス拠点「X-NIHONBASHI」。さくらインターネットやVAIO、三井不動産といった企業とエコシステムを構築し、新たな宇宙産業の創出を目指す。


「業種を超えたコラボレーションを実現しながら、新しいビジネスをクリエーションしていこう」

シスコシステムズ代表執行役員会長の鈴木和洋氏は、Cisco Innovation Hub(イノベーションハブ)の開設に当たり、そう抱負を述べた。この拠点の目的は、新事業の共創とエコシステムの構築、そして、未来の宇宙ビジネスを担う人材育成にあるという。「宇宙ビジネスは、現在においては1つの可能性に過ぎないかもしれないが、パートナーとともに新しいテクノロジの開発、新しい人材の育成に取り組んでいきたい。シスコにとっても大変重要な位置づけになる」と話した。


当初はJAXA、Space BD、さくらインターネット、VAIO、三井不動産などで活動を始める


今回開設したイノベーションハブは、シスコが東京をはじめ世界で14拠点で運営している「Cisco Innvation Center(イノベーションセンター)の新たな拠点となる。その役割について、イノベーションセンターのセンター長を務める今井俊宏氏は次のように述べた。

「イノベーションセンターでは、製造業や公共、スマートシティといったインフラを作る活動をしてきた。セグメントが固定化されたなかでソリューション開発等を進めてきた」とこれまでの活動を振り返ったうえで、イノベーションハブは、そうした活動をさらに発展させるために「他業種との連携」を主眼としているという。

また、新たな市場機会との接点を設ける狙いもある。「イノベーションハブで新たな方々と事業を行うことで、新マーケットへの参入を目指している」と同氏。そこで得られた知見などは、イノベーションセンターの活動にもフィードバックする。



シスコシステムズ 代表執行役員会長 鈴木和洋氏(左)と
イノベーションセンター センター長の今井俊宏氏


イノベーションハブを開設したX-NIHONBASHIで共に活動するのは国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)、超小型衛星打ち上げサービス等を手がけるSpace BD、衛星データプラットフォーム「Tellus」を運用するさくらインターネット、VAIO、三井不動産など。

具体的な活動としては、次の2つを進める。



衛星データを活用したビジネスアイデアの発掘、サービス化に取り組む


1つは、様々な企業等の参加を募り、新サービス/ソリューション開発を行うための「イノベーションチャレンジ」だ。衛星データを活用した新ビジネスなどの創出を狙い、2019年夏頃にアイデアハッカソンを実施。発掘したアイデアをプロジェクト化、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて「サービス化/ショーケース化を行い、将来のビジネスにつなげていく」(今井氏)考えだ。

2つめは、人材育成の取り組みである。



宇宙ビジネスに携わる次世代の人材育成にも取り組む


パートナーであるVAIOなどが持つ宇宙教育コンテンツを活用して、主に学生を対象にイノベーションハブでのオンサイト教育を実施。さらに、Cisco WebEx TeamsやWebEx Boardなどを活用した遠隔学習の仕組み「デジタルラーニングプラットフォーム」を活用して、距離や時間の制約がない学びとつながりの場を提供するという。

スペシャルトピックスPR

cloudian1907
nec1907
netscout1908

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます