調査データ

パブリッククラウド導入時にネットワークも見直し、国内企業の3分の2以上

文◎business network.jp編集部 2018.11.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

パブリッククラウドを利用している企業の多くが、導入時にネットワークの変更を行っていることが分かった。IDC Japanが2018年11月5日に発表した「2018年 企業ネットワーク機器利用動向調査」の調査結果によると、パブリッククラウドを利用している企業の68.2%は、導入時に何らかのネットワークの変更を行っていた。

変更していたのは、インターネット接続環境だけではない。クラウド利用と直接的な関係が薄いLANの見直しも、3分の1の企業が実施していた。

インターネット接続環境の見直しについては、追加コストの少ないゲートウェイの設定見直しを行う企業が最も多く、30%弱の企業がルーター、ファイアウォールのリプレイスをしていた。一方で、新しい対策と言えるIPv4 over IPv6は、調査時点では8%程度に留まっているという。

また、LANにおいては、無線LANの存在感がますます高まっている。無線LANを新規に導入する企業は頭打ちになりつつあるが、1年前からアクセスポイントを増やした企業は40%近くになった。従業員からの導入の要望が推進力の1つとなっており、3年後には平均で45.4%の従業員が無線LANを利用しているという。

「企業のネットワーク管理者は、現状に満足することなく、経営層や事業部門の要求に対して敏感であるべきである。ネットワークの運用効率化や迅速性向上を図り、DX実現に向けた経営層や事業部門の要求に十分に備えておく必要がある」とIDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーの草野賢一氏は述べている。

 

インターネット接続環境見直しの実施/実施予定項目
インターネット接続環境見直しの実施/実施予定項目

スペシャルトピックスPR

cloudian1907
nec1907
netscout1908

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます