ビジネス・企業

シスコがビデオ会議にソニー製PTZカメラを採用、12月から国内販売

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.10.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコシステムズは2018年10月16日、同社のビデオ会議ソリューションにソニー製のカメラを搭載し、12月から国内販売を開始すると発表した。ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズとの約2年半にわたる共同開発を経て、「Cisco WebEx Room Kitシリーズ」に同社製カメラを採用。国内販売に続き、アジア市場への提供も予定する。


シスコシステムズの代表執行役員会長を務める鈴木和洋氏によれば、同社は「優れた技術をもつ企業との提携を進めている。特に、IT企業以外との戦略的な提携をいま強化しているところ」という。


(左から)シスコシステムズ 代表執行役員会長 鈴木和洋氏、
シスコシステムズ バイスプレジデント 兼 ゼネラルマネージャー Webex端末担当 スノーレ・キャブス氏、
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ プロフェッショナル・プロダクツ本部 副本部長 小島政昭氏


今回のソニーとの取り組みもその一環であり、コンシューマ向けおよび放送事業者向けカメラなどで実績を持つソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの技術を取り入れることで、ビデオ会議ソリューションの付加価値を高めるのが狙いだ。

シスコはビデオ会議ソリューションの「Cisco TelePresence」において豊富なラインナップを揃えており、その中にはモニター/コーデック装置、カメラが一体となったものや、各コンポーネントが分離しているものが含まれる。今回の取り組みでは、後者に当たるカメラ分離ビデオ会議ソリューション「Cisco WebEx Room Kitシリーズ」にソニー製カメラを採用。2018年12月から国内販売を始める。



ソニー製カメラを採用した「Cisco WebEx Room Kit Plus PTZ」


なお、今回採用したのは遠隔からパン/チルト/ズーム操作が可能ないわゆる「PTZカメラ」で、ビデオ会議を行いながら話者にフォーカスを当てたり、会議を行う相手側に見せたい資料やモノにズームするといった用途で用いる。シスコはこれまでビデオ会議用にPTZカメラを自社開発してきたが、今後はソニー製カメラの搭載に切り替える。

シスコシステムズのWebex端末担当 バイスプレジデント 兼 ゼネラルマネージャーのスノーレ・キャブス氏は、ビデオ会議ソリューションの開発に当たって「我々はユーザーがテクノロジーを意識しないで使えることを意識しながらやってきた」と説明。その上で、ソニーが持つイメージング技術がビデオ会議の体感品質や使い勝手の向上、さらには今後の製品開発に貢献すると強調した。

カメラ1台ごとにデバイス調整・検査

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(SIPS) プロフェッショナル・プロダクツ本部 副本部長の小島政昭氏は、「我々のPTZカメラはこれまでも大会議場や教会などで使われてきており、専任のカメラマンがいないような場所において被写体を高品質にキャプチャすることでご愛用いただいてきた」と、同社カメラ製品の実績を紹介した。

なお、同氏によれば、最近は放送の分野でも省人化が進んでおり、スポーツやスタジオライブの中継においても、現地にはカメラマンがおらずセンターからカメラを操作して撮影することが増えているという。



SIPSがOEM提供するPTZカメラ


今回、シスコのビデオ会議に搭載するPTZカメラについては「コンシューマ向けのαシリーズや放送事業者向けのシネマカメラと同じ工程で設計、同じ工場で調整・検査を行っている」という。カメラを構成する様々なデバイスのバランスによって露出やオートフォーカス、ホワイトバランス等の精度が変化するため、「1台ごとに調整・検査を行ったうえで出荷している」と話した。

ソニー製カメラを搭載した「Cisco WebEx Room Kit Plus PTZ」は2018年12月以降、日本国内で販売を開始。その後、アジア市場へも提供する予定だ。

スペシャルトピックスPR

netscout1908
synology1907
cloudian1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます