ビジネス・企業

シスコがビデオ会議にソニー製PTZカメラを採用、12月から国内販売

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.10.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコシステムズは2018年10月16日、同社のビデオ会議ソリューションにソニー製のカメラを搭載し、12月から国内販売を開始すると発表した。ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズとの約2年半にわたる共同開発を経て、「Cisco WebEx Room Kitシリーズ」に同社製カメラを採用。国内販売に続き、アジア市場への提供も予定する。


シスコシステムズの代表執行役員会長を務める鈴木和洋氏によれば、同社は「優れた技術をもつ企業との提携を進めている。特に、IT企業以外との戦略的な提携をいま強化しているところ」という。


(左から)シスコシステムズ 代表執行役員会長 鈴木和洋氏、
シスコシステムズ バイスプレジデント 兼 ゼネラルマネージャー Webex端末担当 スノーレ・キャブス氏、
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ プロフェッショナル・プロダクツ本部 副本部長 小島政昭氏


今回のソニーとの取り組みもその一環であり、コンシューマ向けおよび放送事業者向けカメラなどで実績を持つソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの技術を取り入れることで、ビデオ会議ソリューションの付加価値を高めるのが狙いだ。

シスコはビデオ会議ソリューションの「Cisco TelePresence」において豊富なラインナップを揃えており、その中にはモニター/コーデック装置、カメラが一体となったものや、各コンポーネントが分離しているものが含まれる。今回の取り組みでは、後者に当たるカメラ分離ビデオ会議ソリューション「Cisco WebEx Room Kitシリーズ」にソニー製カメラを採用。2018年12月から国内販売を始める。



ソニー製カメラを採用した「Cisco WebEx Room Kit Plus PTZ」


なお、今回採用したのは遠隔からパン/チルト/ズーム操作が可能ないわゆる「PTZカメラ」で、ビデオ会議を行いながら話者にフォーカスを当てたり、会議を行う相手側に見せたい資料やモノにズームするといった用途で用いる。シスコはこれまでビデオ会議用にPTZカメラを自社開発してきたが、今後はソニー製カメラの搭載に切り替える。

シスコシステムズのWebex端末担当 バイスプレジデント 兼 ゼネラルマネージャーのスノーレ・キャブス氏は、ビデオ会議ソリューションの開発に当たって「我々はユーザーがテクノロジーを意識しないで使えることを意識しながらやってきた」と説明。その上で、ソニーが持つイメージング技術がビデオ会議の体感品質や使い勝手の向上、さらには今後の製品開発に貢献すると強調した。

カメラ1台ごとにデバイス調整・検査

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(SIPS) プロフェッショナル・プロダクツ本部 副本部長の小島政昭氏は、「我々のPTZカメラはこれまでも大会議場や教会などで使われてきており、専任のカメラマンがいないような場所において被写体を高品質にキャプチャすることでご愛用いただいてきた」と、同社カメラ製品の実績を紹介した。

なお、同氏によれば、最近は放送の分野でも省人化が進んでおり、スポーツやスタジオライブの中継においても、現地にはカメラマンがおらずセンターからカメラを操作して撮影することが増えているという。



SIPSがOEM提供するPTZカメラ


今回、シスコのビデオ会議に搭載するPTZカメラについては「コンシューマ向けのαシリーズや放送事業者向けのシネマカメラと同じ工程で設計、同じ工場で調整・検査を行っている」という。カメラを構成する様々なデバイスのバランスによって露出やオートフォーカス、ホワイトバランス等の精度が変化するため、「1台ごとに調整・検査を行ったうえで出荷している」と話した。

ソニー製カメラを搭載した「Cisco WebEx Room Kit Plus PTZ」は2018年12月以降、日本国内で販売を開始。その後、アジア市場へも提供する予定だ。

スペシャルトピックスPR

mi1811
yamaha1811
ribbon1809

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
ws58

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます