ビジネス・企業

シスコがビデオ会議にソニー製PTZカメラを採用、12月から国内販売

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.10.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

シスコシステムズは2018年10月16日、同社のビデオ会議ソリューションにソニー製のカメラを搭載し、12月から国内販売を開始すると発表した。ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズとの約2年半にわたる共同開発を経て、「Cisco WebEx Room Kitシリーズ」に同社製カメラを採用。国内販売に続き、アジア市場への提供も予定する。


シスコシステムズの代表執行役員会長を務める鈴木和洋氏によれば、同社は「優れた技術をもつ企業との提携を進めている。特に、IT企業以外との戦略的な提携をいま強化しているところ」という。


(左から)シスコシステムズ 代表執行役員会長 鈴木和洋氏、
シスコシステムズ バイスプレジデント 兼 ゼネラルマネージャー Webex端末担当 スノーレ・キャブス氏、
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ プロフェッショナル・プロダクツ本部 副本部長 小島政昭氏


今回のソニーとの取り組みもその一環であり、コンシューマ向けおよび放送事業者向けカメラなどで実績を持つソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズの技術を取り入れることで、ビデオ会議ソリューションの付加価値を高めるのが狙いだ。

シスコはビデオ会議ソリューションの「Cisco TelePresence」において豊富なラインナップを揃えており、その中にはモニター/コーデック装置、カメラが一体となったものや、各コンポーネントが分離しているものが含まれる。今回の取り組みでは、後者に当たるカメラ分離ビデオ会議ソリューション「Cisco WebEx Room Kitシリーズ」にソニー製カメラを採用。2018年12月から国内販売を始める。



ソニー製カメラを採用した「Cisco WebEx Room Kit Plus PTZ」


なお、今回採用したのは遠隔からパン/チルト/ズーム操作が可能ないわゆる「PTZカメラ」で、ビデオ会議を行いながら話者にフォーカスを当てたり、会議を行う相手側に見せたい資料やモノにズームするといった用途で用いる。シスコはこれまでビデオ会議用にPTZカメラを自社開発してきたが、今後はソニー製カメラの搭載に切り替える。

シスコシステムズのWebex端末担当 バイスプレジデント 兼 ゼネラルマネージャーのスノーレ・キャブス氏は、ビデオ会議ソリューションの開発に当たって「我々はユーザーがテクノロジーを意識しないで使えることを意識しながらやってきた」と説明。その上で、ソニーが持つイメージング技術がビデオ会議の体感品質や使い勝手の向上、さらには今後の製品開発に貢献すると強調した。

カメラ1台ごとにデバイス調整・検査

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(SIPS) プロフェッショナル・プロダクツ本部 副本部長の小島政昭氏は、「我々のPTZカメラはこれまでも大会議場や教会などで使われてきており、専任のカメラマンがいないような場所において被写体を高品質にキャプチャすることでご愛用いただいてきた」と、同社カメラ製品の実績を紹介した。

なお、同氏によれば、最近は放送の分野でも省人化が進んでおり、スポーツやスタジオライブの中継においても、現地にはカメラマンがおらずセンターからカメラを操作して撮影することが増えているという。



SIPSがOEM提供するPTZカメラ


今回、シスコのビデオ会議に搭載するPTZカメラについては「コンシューマ向けのαシリーズや放送事業者向けのシネマカメラと同じ工程で設計、同じ工場で調整・検査を行っている」という。カメラを構成する様々なデバイスのバランスによって露出やオートフォーカス、ホワイトバランス等の精度が変化するため、「1台ごとに調整・検査を行ったうえで出荷している」と話した。

ソニー製カメラを搭載した「Cisco WebEx Room Kit Plus PTZ」は2018年12月以降、日本国内で販売を開始。その後、アジア市場へも提供する予定だ。

スペシャルトピックスPR

cyber1903
zeta1903
sonet1903

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】
ローカル5G徹底ガイド
<Part 1>ローカル5Gがやってくる――5G/LTEを自営できる新制度
<Part 2>ローカル5Gの「使い途」――多様な業種に広がるユースケース
<Part 3>ローカル5Gを導入する――ベンダー各社から製品・サービスが登場

●[インタビュー] 総務省 サイバーセキュリティ統括官  竹内芳明氏「IoTセキュリティに新技術基準」/●DX時代を支える光伝送システム/●サイバー保険は日本企業にピッタリ/●ドローン「目視外飛行」の早期実現へ/●中小企業のセキュリティ5か条
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904B

スペシャルトピックス

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

アクセスランキング

tc1904
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます